スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂幸太郎「終末のフール」読了



「8年後に地球に小惑星が衝突し、人類は滅亡する」

本書は、そう予告されてから5年が過ぎ、一度はパニックに陥ったものの再び落ち着きを取り戻しつつある世界を描いています。
舞台となる仙台北部の団地「ヒルズタウン」に住む住民たちは余命3年という時間の中で何を感じ、どう生きるのか。
和解するもの、子供を産むことを決心するもの、復讐を企てるもの、恋人を作ろうとするもの、ただひたすら自らを鍛えるもの、自殺しようとするもの、擬似家族を作るもの…様々な人間模様の中から「生きる」ということの意味が浮かび上がってきます。

「地球の終末」という壮大なテーマを扱いながら、中身は淡々とした人間の日々の営みのみを描いているという、ちょっと不思議な物語です。
政府発表があった後、世界には暴力が蔓延し多くの人命が奪われた、とい設定で、今は平穏を取り戻しつつあるとはいうものの、それは本来の「平穏」とはほど遠い、一種の「諦観」「虚脱」といった状態で、その中で人々が3年という残された日々を生きる為の「何か」を見つけようとする姿はみっともなくも美しく、普通に生きて行くということは尊いことなのだなあ、と感じさせられました。


ここからはヨコになりますが、この物語の中では結構絶望から自殺した人達が沢山いるような設定なのですが、8年後に死ぬから先に死ぬ、っていうのはいま一つわかりませんでした。
私は痛いとか苦しいとかは嫌なので、すごく苦しむ病気とかになったら自殺とか考えるかもしれませんが、小惑星が落ちてきてアッという間に死ねるならそれもいいかな、と思います。
阪神大震災の時就寝中だったのですが、目を覚ました後あまりにすごい揺れに最初地震だとは思わず、「これがこの世の終わりなのかな~」と寝ぼけた頭で考えました。そして、もしこの世の終わりであるならそういう瞬間に立ち会えたのはある種ラッキーなのかもしれない、という考えが一瞬頭をよぎりました。。
死ぬとわかっていて生きて行くのは辛いことなのかもしれませんが、以前エイズに冒されたキース・へリングが「僕は今幸せだ。空がこんなに美しいなんて病気になる前には気がつかなかった。」みたいなことをインタビューで言っていたのがすごく心に残っていて、私ももし余命がわかるような事態になったらこういう心境になりたいものだ、と思いました。
このあたりの考え方は人それぞれだと思うし、自分自身もいざそういうことになれば同じ考えでいられるかどうかわかりませんが、とにかく今はそんな風に考えています。
何を言っているのか自分でもイマイチよくわかりませんが(笑)、そんなことを色々考えさせられた一冊です。









大門剛明「雪冤」読了




私の利用する図書館ではテーマによっておススメ図書を展示しているコーナーがあり、このテーマというのは時には「働く」であったり、「お正月」であったり、いろいろ変わるのですが、時々「受賞作」というテーマでの展示があり、これが面白い作品が見つかるので楽しみにしています。

今回展示作品の中から借りてきたのが大門剛明の「雪冤」。
横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞を堂々のダブル受賞した作品だそうです。

京都を舞台に起こる殺人事件とその加害者として逮捕された青年。
青年は無実を主張し、彼を信じる元弁護士の父親は息子を救うべく奔走するが…。


青年と父親を支える弁護士、被害者の妹、ひょんなことから父親に協力することになる謎の青年…様々な立場の人間を描きながら「死刑制度」にせまる力作です。


…と、ここからはネタバレを含みますので、これから読もうと思う人は読まないでくださいね。


続きを読む »

伊坂幸太郎「オーデュポンの祈り」



いや~、釈放しちゃいましたね、中国人船長。
ワタクシ今回の問題に関してはかなり気持ちが入っておりまして、
「粟稗食って飢えをしのぐことになろうとも、一歩たりとも中国には譲らん!!」と、鼻息荒くしておりましたので、もうガッカリしたなんてもんじゃありません。
しかし、しちゃったものはしちゃったんだから仕方ないです。
あとはこれを「外交的に負けた」とは認めず、「振り上げた拳の落としどころのなくなった中国に大人の配慮をしてあげた」と国内の認識を一つにすべきなんじゃないでしょうか。
内輪でもめてる場合じゃないぞ~。

…などと思うままにツラツラ書いてしまいましたが、違うんです。
伊坂幸太郎のことを書きたかったんです。

私のこのドロドロとした胸のウチと真逆に、伊坂作品のなんと爽やかなことよ!!

この「オーデュポンの祈り」は伊坂幸太郎のデビュー作なのですが、デビュー作から伊坂ワールド炸裂!といった感じで、独特な世界観は彼の作品の中でも突出していると思います。

コンビニ強盗に失敗し、今は警官となった極悪非道な男城山から逃走していた主人公「伊藤」は、轟という男に助けられ、江戸時代より外界とほぼ謝絶された島、「萩島」に連れて来られる。
萩島で彼が出会ったのは嘘しか言わない画家、殺人を許された男、そして未来を予知し、言葉を喋る案山子だった!!


…と、こう書くと何がなんだかわかんない話ですよね。
でも、これが読み出すと「SF」でもなく、「荒唐無稽な話」でもなく、淡々と涼やかに話が流れていくのが本当に不思議です。
いや~、ホンット面白いわ、伊坂幸太郎。
ジェフリー・ディーバーですらハズレ作品があるのに今のところ私的には打率10割。
イチローもビックリ!
(イチローといえば10年連続200本安打の記録樹立しましたね。
本当に素晴らしい記録だと思います。
心から拍手を送りたいです。
パチパチパチパチ~♪)







松井今朝子「吉原手引草」読了




「港のヨーコ、ヨーコハマ、ヨコスカ~♪」と思わず口ずさんでしまいそうになりました。

江戸吉原で全盛を誇りながら、身請けを目前にして忽然と姿を消した花魁、葛城太夫。
その葛城太夫のことを尋ねて茶屋の内儀、妓楼店主、女衒…と関係者の話を聞き歩く謎の男。
この本はちょうど「港のヨーコ」のように、聞き手の男に対して、17人の関係者がそれぞれ語った話、という形で構成されています。
葛城太夫は姿を消した事件とはどのようなものだったのか、その真相は?
事件を探り、聞き込みを続ける男の正体は?
…と複数の謎を孕みながら、17人の語り手によって葛城太夫という一人の女の姿が浮かび上がってきます。
また謎の男が「吉原は初めて」ということから、語り手たちが親切にそれぞれの立場から吉原の事を語って聞かせる為、読者も自然に「吉原」に関する知識が得られるという仕組みになっており、このあたりが「手引き草」という題名に繋がっているのでしょうか。

構成は面白いと思いますし、吉原の風俗も興味深く読むことが出来ますが、肝心の事件とその真相、謎の男の正体、といったあたりが残念ながらパンチ不足。
主役である葛城太夫も含めて、登場人物にも、もっと情感が欲しかったという気もします。
己の身一つ以外、何も持たない女の復讐譚…ということで、山本周五郎の「五瓣の椿」を、また会ったこともない女を訪ね歩き徐々に真相に迫っていく…ということで宮部みゆきの「火車」を思い出しましたが、どちらの作品にも遠く及ばず、結構力作だけにもったいないなあ、と思いました。

しかし全体に読みやすく好感が持てる作風で、もっと他の作品も読んでみたい作家さんです。
この作品もさらりと読んで「あー、面白かった」というのがお好きな向きにはおススメです。


ジョディ・ピコー「わたしのなかのあなた」読了



13歳のアナは白血病の姉ケイトのドナーとなるべく遺伝子操作で「デザイナーベビー」としてこの世に生を受ける。
臍帯血の提供、輸血、骨髄移植…姉の病状が悪くなるたびに親の言うままにアナはその体を提供してきた。
そして副作用により腎臓の機能が低下したケイトを救う為に腎臓移植の話が持ち上がる。
アナはある決意を秘め、一人の弁護士のもとを尋ねる。
「自分の体の権利は自分で守る為に両親を訴えたい」と。
驚き戸惑う両親、病状の悪化していくケイト、弁護士のキャンベルと家族の間で揺れ動くアナ…それぞれの思いが渦巻く中、裁判が始まる…!!



…という内容のこの本はキャメロン・ディアス主演で映画化されましたので、ご存知の方も多いかと思います。
大変重いテーマですが、私自身以前から興味を持っていました。
随分前になりますが、NHKでこのテーマの特集番組を見たことがきっかけです。
この物語と同じく、子供の為にドナーとなる兄弟を作る夫婦の話もありましたが、それよりショッキングだったのが、自分の病気を治す為に子供を持ちたいという女性の話でした。
子供の為に…の方は、親の気持ちもわかるし、かといってドナーになる為に生まれてきた子供の体と気持ちはどうなるの?という、なんとも答えの出ない気持ちにさせられました。
しかし「自分の為に」ドナーとなる子供を望む女性は、正直「嫌なものを見てしまった」という感じでした。


物語は主人公であるアナ、姉のケイト、母親サラ、父親ブライアン、兄ジェシー、弁護士キャンベル、アナの後見人ジュリアのそれぞれの視点から描かれていて、特に一人の人物に感情移入することなく読み進められるようになっています。
病人であるケイトとドナーであるアナだけでなく、もう一人の兄弟を登場させたところは良かったと思います。
ケイトとアナの兄であるジェシーは骨髄が適合せず「ドナーにもなれない」ことで、家族から必要とされていない孤独感を深めていきます。
彼らの両親のブライアンとサラは立派な人間ですが、そうはいってもやはり人間であり、アナの犠牲に目をつむり、ジェシーの孤独に気づかず、肝心なケイトの気持ちにすら気づきません。
皆が皆「万能ではない自分」がどう生きれば良いのか迷い苦しみます。

アナが両親を訴えた本当の理由は何だったのか。

裁判の後、家族はどうなるのか。

「え~っ!!??」というような結末が待っています。

「これ本当にまんま映画化したの!?」と思って調べてみたら、映画には別のラストを持ってきたようです。
そら、そうだろな~。
どちらのラストにしても、このようなドナーのありようについては肯定するとも否定するとも結論らしきものは出ていません。
この特殊な状況な中での「家族の絆」が作者の描きたかったものなのでしょう。


重いテーマの話ではありますが、それほど重苦しくはなく読みやすいと思います。

おススメです。












CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。