スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフェッショナル仕事の流儀 / 柳家小三治

今日放送の(あっ、もう昨日か)NHKプロフェッショナル仕事の流儀は、
私のだあ~い好きな柳家小三治でした。
大好きといっても、ファンクラブに入ったり(あるのか!?)、ネットで情報探したりしてるわけではないので、今日のプロフェッショナルが小三治だということも、全く気づいていませんでした。
あんまり面白い番組がないので、NHKニュースを見てそのままにしてたら、始まった…という具合で、めちゃめちゃラッキー☆でした。

いや~、かっこ良かったですね!!
惚れ直しました。

私が小三治の落語を聞いていたのは、まだテレビで寄席番組なんかもよくやっていた時代で、
思えばまだ小三治も若かったのですが、
子供だった私からすると、「ヘンコそうなおじさん」という感じでした。
中学生くらいの頃、ラジオ番組にゲストで出ていたのを、たまたま聞いたのですが、
落語家のくせに(←偏見)バイク乗り回したり、
ガーシュインの「サマータイム」をコレクションしたりしていて、
「かっこいいなあ~」と思うようになりました。
でも今日の番組を見るとその頃って本当はもがき苦しんでいた時期だったのかも知れませんね。


観客の期待をひしひしと感じると、「この人たちを何とか喜ばせたい、笑わせたい」という思いが頭をもたげてしまいがちになる。
しかし、うけようという気持ちは、「笑わせない芸」を目指す小三治にとって邪魔になる。
心が揺れる時、小三治は「小さく小さく」と自らにつぶやく。
芸が大げさに、派手にならないように。芸から無駄をそぎ落とすように、小三治は常に自らの気持ちと戦っている。


ここの部分が良かったですね。
「小さく、小さく」
…なんか、ゾクゾクしました、この言葉。

私はいまや一介の主婦なので、あまり芸の道を参考にしてもしかたないのですが、
まあ、家事から無駄をそぎ落として、なるべくいらない事はしなくて済むようにしたいなあと思います。


Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。