スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口芳宏「雲上都市の大冒険」読了

第17回鮎川哲也賞受賞作だそうです。
そういわれても、鮎川哲也の作品を読んだことがないので(多分)、
どんな賞なんだかさっぱりわからず読みました。
昭和初期の日本、架空の鉱山都市を舞台に、二人の名探偵と、新鋭弁護士が挑む連続殺人の謎。
設定は面白いし、キャラクターも立っているのですが、少々作者がはしゃぎすぎの感があり、読み手としては反対にちょっと引いて読んでしまいました。
物語のキモであろう、密室脱出トリックもそれをせざるを得なかったという説得力に欠けるため、意外性というよりありえない感のほうが大きく感じました。
こういう荒唐無稽と思える話こそ、現実味を感じさせる力が必要だと思うのですが、それが無かったのが残念です。
しかし、巻末の選者による解説を読むと、この賞はどうも新人対象のもののようなので、そのあたりは仕方ないのかな、と思いました。
個性的な探偵が二人も登場するのも、物語のボリュームに対して過剰な気もしますが、作者はこの話をシリーズ化するつもりみたいなので、続編で活躍させるためなのでしょうね。
どんどん書いて、次回作が楽しみなシリーズにして欲しいと思います。



Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。