スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤多佳子「一瞬の風になれ」読了



いやー、良かったです。
3巻まである、結構大作なのですが、そんな重さは微塵も感じさせない、タイトルのように「風」を感じさせる小説でした。
以前何かで評判を聞いて、図書館で予約していたのですが、2巻目を読んでいるあたりで「しゃべれども、しゃべれども」の著者だと気がつきました。
無理にどちらかを選べ、といわれたら、私的には「しゃべれども」のほうなんですが、10代の頃なら間違いなくこちらを選んだでしょう。

天才サッカー選手を兄に持ち、これまた天才スプリンターの親友と共に、高校の陸上部に入部した主人公がひたすら走る青春小説です。
物語は主人公の一人称で語られる陸上競技にかける高校生活の三年間で、大きな競技会という山場はあるものの、全体的に本当にあっさりと描かれています。
これだけの大作でこれだけあっさり書くというのはある意味すごく勇気がいるんじゃないでしょうか。
とはいっても、試合の場面などはなかなかの迫力で、運動オンチの私も一緒に風になって走っているような気分にさせられました。

読めばかならず心の中に爽やかな風が吹くおススメ本です!!



Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。