スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ギルティー 悪魔と契約した女」最終回



ワタクシ的に大盛り上がりに盛り上がった本作も今回で最終回。
芽衣子の復讐は成功するのか、真島刑事との愛のゆくえは…!?


…と、気合入れながら観たのですが、残念ながら前回と今回の2回は、ストーリーの進行上か、荒っぽいところが目立ち、「いくらなんでも~」な感が否めませんでした。
三沢の自殺偽装も調べればすぐにばれそうだし、警察官である宇喜田ならともかく三沢息子がピストルで芽衣子を追っかけまわすのも変だし、真島が二人の対決場所を知る経緯にもあまりに無理があるし、今までめっちゃ用意周到にワナを仕掛けていたはずの芽衣子の三沢へのワナが落とし穴…落とし穴っすよ~。

でも…でも…「え~っ」「それはちょっと…」「無理~!」などと突っ込みを入れながら、いつしかティッシュケースを抱え、滂沱の涙を流しつつ、テレビ画面を食い入るように見つめる私。

そう…そうだよね。
芽衣子が死ぬ以外、このドラマのラストはあり得ないと思う。
多くの人に死をもって罪を償わせてきた芽衣子が自らの罪を償わずに生きていくことはあり得ない。
たとえ愛する真島に「生きてくれ!」と懇願されたとしても…。
でも芽衣子は不幸な生涯の中で、ただ一度でも真実の愛にめぐり合えて幸せだったと信じたいです。
芽衣子の信念からすれば真島への想いを口にすることなく死んでゆくべきだったのでしょうが、やはり最後に「愛している」と気持ちを告げたかった…女ゴコロですよね~。

このドラマは全体のムードの作り方がすごく上手だったなあ~と思います。
だからこのムードにやられた人にとっては名作ドラマ、そうでない人には穴だらけのサスペンス、って感じで評価が分かれそうな気がします。

私はもちろんやられてしまったほうなので、こうしてレビューを書いている今も思い出し泣きしているわけですが(笑)。

ところで、ネットでしきりに犯人説がささやかれていた横山めぐみですが、まさかああいう形でかかわっていたとは驚きました。
でもあの落ちを持ってくるんなら、もっとあざといくらいに怪しそうな演出をしておいたほうが良かったような気もします。

今期のドラマが結構良かったので来期はどうかな~と思いますが、とりあえず織田祐二のヤツは観てみようかな、と思っています。
「アマルフィ」の評判が良かったんで。(観てないですけど)




Comment

終わったね…

ギルティ 終わって寂しい(´・_・`)
久しぶりに真面目に観たドラマだったもので。

落とし穴ってビックリしたね!
横山めぐみも そうなのぉ~って感じで。


芽衣子死んじゃって、私も号泣(T ^ T)
その前から涙は準備OKだったんだけど(笑)
本当の愛を知る事が出来て良かった。
やっぱり 愛なんだよね。


田舎ママさま

>ギルティ 終わって寂しい(´・_・`)

もう燃え尽きましたよ~。
仕方ないので今更ながらに番組HPを見たりしているんですが、その中のインタビューで宇喜田役の吉田鋼太郎さんが、「オンエアを見ながら2回くらい泣きました。玉木くん(真島)がモロ師岡(三輪)を抱いて泣き叫んだところと、唐沢(堂島)が死ぬところ。……どっちも僕(宇喜田)が悪いんですけどね(笑)」 って言ってたのが面白かったです。
すっごい印象的な役でしたよね~。

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。