スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シネマ歌舞伎「大江戸りびんぐでっど」




ボーっとしている間に世間は師走に突入しちゃいましたね~。
ついこの間まで「あっついなあ~」と思ってたような気がするのに…。

そんな「生きる屍(しかばね)」の如きワタクシが友人に誘われて観てまいりました。

シネマ歌舞伎「大江戸りびんぐでっど」  

このシネマ歌舞伎というのは歌舞伎の舞台をデジタルシネマカメラで撮影し上映するというもので、あくまでも「映画ではない」新しい映像作品なのだそうです。
「野田版鼠小僧」を皮切りにこれまでに何本もの作品が上映されているとのことですが、歌舞伎ファンはもとより「歌舞伎に興味はあるけど、敷居がちょっと高くて…」という人たちにも喜ばれそうな企画ですね。
しかし、映画と違うとは言われても3Dみたいに明らかな違いが分からないのに鑑賞料2000円というのはいかがなものでしょう?私が観に行った日などは映画の日&レディースデーで他の映画は1000円で観られるというのに割引も無し。
松竹の株主優待券が使えるそうなので、今度観に行くときは絶対チケット屋で優待券ゲットしてから行きたいと思います。


さて、歌舞伎については、大学が京都だったので学生時代に顔見世を何度か観に行ったことがあるという程度ですが、クドカンが好きなので今回の作品は期待して観に行きました。

内容は江戸時代、ひょんなことからクサヤの汁をあびた死人が生き返りゾンビになり、ゾンビに食われた人間はまたゾンビに…と江戸の町は大混乱に陥るが、みずからクサヤの汁を浴びることによってゾンビに食われなくなることを知った半助は飲まず食わず安い賃金で働くゾンビを派遣する人材派遣会社を作って大儲けする。
ところがゾンビに仕事を取られた人間達の不満が爆発して…というはちゃめちゃストーリー。
ここに半助が思いを寄せるヒロインお葉の死んだ(はずの)亭主新吉の関係が絡んで…。


作品自体はまあ、そこそこ面白かったですが、それよりやはり歌舞伎役者の力量というか、凄さを感じさせられた一本になりましたね~。
正直言って中だるみな部分ではウトウトしてしまいそうなくらいだったのですが、七之助演じるヒロインのお葉を巡って半助(染五郎)と新吉(勘三郎)が対決するシーンの何ともいえない迫力には一気に目が覚めました。
勘三郎は全出演者の中でも一番地味で汚い格好をしているにも関わらず、全員で踊るシーンなどでも知らず知らず目が釘付けになるような感じで「ははあ~、これが勘三郎のオーラか」と感心しました。
対する染五郎は最初の調子のいい軽い男から、悪い男、ゾンビになりながらもヒロインを一途に思う色男、と一人の男のどんどん変わっていく様を演じて勘三郎に負けない存在感がありました。
一番面白かったのは三津五郎が演じた、「四十郎」というお侍さん。
一人、二人と斬る度に、刀を構えて見栄を切るところはめちゃくちゃかっこよかったです!
(意外と背が低いのにはビックリしましたが…)
ヒロインを演じる七之助の若い美しさに対し、福助演じる廓の女郎喜瀬川のしたたかさ、扇雀演じる年増女郎お染の滑稽さ、と女形三人も良かったです。

クドカンということで観に行った作品でしたが、観終わった後クドカンよりも「歌舞伎観に行きたいな~」と思いました。
歌舞伎の舞台ではありますが、結構グロな場面もあってゾンビ好きのにもおススメの一本(?)です。


livingdead.jpg


Comment

師走ですね~

なんかあっという間ですよね><、1年が早い。
そろそろ大掃除にかからなくてわです。
↑思い立つのだけは早いw
映画面白そうです。
ていうか写真!面白すぎです。
こんなの生で見たらわくわくしちゃいそうですね。
私もこの映画と歌舞伎を見たくなっちゃいました。

たまさま

>そろそろ大掃除にかからなくてわです。

あ~っ、その言葉を聞くのが恐ろしい!!
今年は年末も年始も無かったことにして
何もせずに静かに年を越したいです…。

映画は現在なんばパークスシネマで上映中です。
たまさまは難波だったら比較的行きやすいのでは?
2000円は高いけど、すっごく広くてフカフカのシートに、
前後の傾斜がかなりあるのでとっても見やすかったです。

それとシネマ歌舞伎と同じようなヤツ(?)で
ゲキ×シネ「薔薇とサムライ」というのの予告編やってて、
これも面白そうでした~。たまさまはこっちかな?

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。