スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂幸太郎「終末のフール」読了



「8年後に地球に小惑星が衝突し、人類は滅亡する」

本書は、そう予告されてから5年が過ぎ、一度はパニックに陥ったものの再び落ち着きを取り戻しつつある世界を描いています。
舞台となる仙台北部の団地「ヒルズタウン」に住む住民たちは余命3年という時間の中で何を感じ、どう生きるのか。
和解するもの、子供を産むことを決心するもの、復讐を企てるもの、恋人を作ろうとするもの、ただひたすら自らを鍛えるもの、自殺しようとするもの、擬似家族を作るもの…様々な人間模様の中から「生きる」ということの意味が浮かび上がってきます。

「地球の終末」という壮大なテーマを扱いながら、中身は淡々とした人間の日々の営みのみを描いているという、ちょっと不思議な物語です。
政府発表があった後、世界には暴力が蔓延し多くの人命が奪われた、とい設定で、今は平穏を取り戻しつつあるとはいうものの、それは本来の「平穏」とはほど遠い、一種の「諦観」「虚脱」といった状態で、その中で人々が3年という残された日々を生きる為の「何か」を見つけようとする姿はみっともなくも美しく、普通に生きて行くということは尊いことなのだなあ、と感じさせられました。


ここからはヨコになりますが、この物語の中では結構絶望から自殺した人達が沢山いるような設定なのですが、8年後に死ぬから先に死ぬ、っていうのはいま一つわかりませんでした。
私は痛いとか苦しいとかは嫌なので、すごく苦しむ病気とかになったら自殺とか考えるかもしれませんが、小惑星が落ちてきてアッという間に死ねるならそれもいいかな、と思います。
阪神大震災の時就寝中だったのですが、目を覚ました後あまりにすごい揺れに最初地震だとは思わず、「これがこの世の終わりなのかな~」と寝ぼけた頭で考えました。そして、もしこの世の終わりであるならそういう瞬間に立ち会えたのはある種ラッキーなのかもしれない、という考えが一瞬頭をよぎりました。。
死ぬとわかっていて生きて行くのは辛いことなのかもしれませんが、以前エイズに冒されたキース・へリングが「僕は今幸せだ。空がこんなに美しいなんて病気になる前には気がつかなかった。」みたいなことをインタビューで言っていたのがすごく心に残っていて、私ももし余命がわかるような事態になったらこういう心境になりたいものだ、と思いました。
このあたりの考え方は人それぞれだと思うし、自分自身もいざそういうことになれば同じ考えでいられるかどうかわかりませんが、とにかく今はそんな風に考えています。
何を言っているのか自分でもイマイチよくわかりませんが(笑)、そんなことを色々考えさせられた一冊です。









Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。