スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィークエンドおうちシアター「タイタンの戦い」



先日TSUTAYAで借りてきた「タイタンの戦い」のDVDを観ました。
SFX好きのオットが以前より観たがっていた映画で、私の好きなサム・ワーシントンも出ているのですが、ネットで見る映画評はイマイチ。
あまり期待しすぎないように…と思ってみると、やはり期待しないで正解でした(笑)。


ゼウスと人間である母ダナエの間に生まれた「デミゴッド」であるペルセウスは漁師である養父に人間の子として育てられ立派な青年に成長するが神々と人間の対立による戦いに巻き込まれ、家族全員を失ってしまう。
この対立を利用しようとする冥界の王ハデスによって滅ぼされようとする都を救うため、生き残った兵士達とペルセウスは海の化け物クラーケンを倒すための旅に出るが…。



というストーリーのこの映画は、お馴染みのギリシャ神話をベースにした(内容を変えたところもあり)スペクタクル巨編です。
映画館で3Dで観たらまた違ったのかもしれませんが、大コーフン!とまでは行かない、週末にDVDで観るには「まあ、面白かったね♪」くらいの映画でした。

まずゼウスをリーアム・ニーソンが演じてるんですが、この衣装の鎧が「これでもか!!」っていうくらいにキラキラ光ってて、ちょっと笑ってしまいました。
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」のゼウス役ショーン・ビーンよりは威厳がありましたが、やっぱりちょっと漫画っぽい(笑)。
メデューサのシーンではCG使いすぎて、せっかく美人女優を使ったのに、全部CGで作ったみたいに見えてしまって残念でした。
メデューサは「パーシー・ジャクソン」の勝ちですね。

SFXは良かったのでオットは大満足だったようですが、
なんかサム・ワーシントンが地味でしたね~。
一緒に旅をする兵士のリーダー、ドラゴ役の人の方がはっきり言って目だってました。
神と人間の間に生まれた「デミゴッド」、
英雄中の英雄たるペルセウスを演じるには華が無いというか…。
いや存在感はあるんですよ、バリバリ。
「アバター」の時にも思ったんですが、
何も考えずにパーッと派手に!!っていう映画には向かないのかもしれませんね。
「ターミネーター4」の時には地味ながらも、ぐいぐい存在感が際立ってくる感じですごく良かったと思います。
でもまあ、あれは映画自体が「ターミネーター」シリーズの割りには地味でしたもんね。
主役のクリスチャン・ベールも男前なのに地味だし、なんか不思議~。

役者の「華」って何なのかな~、と考えさせられる映画でした。
サム・ワーシントンの次回作に期待!!





Comment

ご無沙汰です

これ レンタルshop いって かりようかな?
と 思ってたんだ。

失業期間に入って DVD三昧してて
結構見まくりましたが、
結局 邦画TVドラマの
任侠ヘルパーとか 小公女セーラを かりて
感動してた ワタクシです。
ママチャライダーさん 私のNew 駄ブログに
アクセスありがとうv-237
前からの ブログつながりの ママチャライダーさん
いつも コメント ありがとうございます。

saoyasuさま

さおやすさん、そんなDVD観てたんだあ~(笑)。
洋物ドラマで何かおススメありませんか?
求職大変だと思いますが頑張ってくださいね。
同じアラフィフとして応援してま~す♪

No title

子の作品、劇場でみました。
確かにCGの使い過ぎで、なんだかなぁて思いましたね
あの鎧については、アニメ「聖闘士星矢」の聖衣(クロス)
を思い出しました。

SHINYAさま

> 子の作品、劇場でみました。
> 確かにCGの使い過ぎで、なんだかなぁて思いましたね
> あの鎧については、アニメ「聖闘士星矢」の聖衣(クロス)
> を思い出しました。

監督が「聖闘士星矢」のファンだとか何とかいう話だったと思います(笑)。
私は「聖闘士星矢」のほうを見ていないので、イマイチわからないのですが。
大昔の映画「タイタンの戦い」も見てみたいですね!

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。