スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂幸太郎「オーデュポンの祈り」



いや~、釈放しちゃいましたね、中国人船長。
ワタクシ今回の問題に関してはかなり気持ちが入っておりまして、
「粟稗食って飢えをしのぐことになろうとも、一歩たりとも中国には譲らん!!」と、鼻息荒くしておりましたので、もうガッカリしたなんてもんじゃありません。
しかし、しちゃったものはしちゃったんだから仕方ないです。
あとはこれを「外交的に負けた」とは認めず、「振り上げた拳の落としどころのなくなった中国に大人の配慮をしてあげた」と国内の認識を一つにすべきなんじゃないでしょうか。
内輪でもめてる場合じゃないぞ~。

…などと思うままにツラツラ書いてしまいましたが、違うんです。
伊坂幸太郎のことを書きたかったんです。

私のこのドロドロとした胸のウチと真逆に、伊坂作品のなんと爽やかなことよ!!

この「オーデュポンの祈り」は伊坂幸太郎のデビュー作なのですが、デビュー作から伊坂ワールド炸裂!といった感じで、独特な世界観は彼の作品の中でも突出していると思います。

コンビニ強盗に失敗し、今は警官となった極悪非道な男城山から逃走していた主人公「伊藤」は、轟という男に助けられ、江戸時代より外界とほぼ謝絶された島、「萩島」に連れて来られる。
萩島で彼が出会ったのは嘘しか言わない画家、殺人を許された男、そして未来を予知し、言葉を喋る案山子だった!!


…と、こう書くと何がなんだかわかんない話ですよね。
でも、これが読み出すと「SF」でもなく、「荒唐無稽な話」でもなく、淡々と涼やかに話が流れていくのが本当に不思議です。
いや~、ホンット面白いわ、伊坂幸太郎。
ジェフリー・ディーバーですらハズレ作品があるのに今のところ私的には打率10割。
イチローもビックリ!
(イチローといえば10年連続200本安打の記録樹立しましたね。
本当に素晴らしい記録だと思います。
心から拍手を送りたいです。
パチパチパチパチ~♪)







Comment

No title

イチロー選手が、年間200本安打を打ち続ける事について
チームメイトの城島選手(現在は阪神)が語った言葉ですが
「ヒットへの考え方は超越している。

いい打球を打った後、僕ら普通の打者は「落ちろ!」
「抜けろ!」と思う。

でもね、その打球か野手に捕られたときはショックが
大きいじゃないですか。

イチさんは打った後「捕れ!」と意識している。

打った後の出来事は、自分で制御できないという理由。

アウトになると思った打球が野手の間を抜けると精神的に
プラスになるんですって。・・・」

スゴイな~ そんな風に考えられるなんて。
生きていくヒントをもらったような気がしましたよ。

太郎さま

ブログへのご訪問&コメントありがとうございます♪

イチロー、ほんっと凄いですよね!
ああいうこつこつヒットを重ねていくのは
あまりアメリカでは受けないんだそうですが、
イチローの存在がヒットに対する評価を
変えつつあるんだとか。
本当に日本の誇りです!!

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。