スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョディ・ピコー「わたしのなかのあなた」読了



13歳のアナは白血病の姉ケイトのドナーとなるべく遺伝子操作で「デザイナーベビー」としてこの世に生を受ける。
臍帯血の提供、輸血、骨髄移植…姉の病状が悪くなるたびに親の言うままにアナはその体を提供してきた。
そして副作用により腎臓の機能が低下したケイトを救う為に腎臓移植の話が持ち上がる。
アナはある決意を秘め、一人の弁護士のもとを尋ねる。
「自分の体の権利は自分で守る為に両親を訴えたい」と。
驚き戸惑う両親、病状の悪化していくケイト、弁護士のキャンベルと家族の間で揺れ動くアナ…それぞれの思いが渦巻く中、裁判が始まる…!!



…という内容のこの本はキャメロン・ディアス主演で映画化されましたので、ご存知の方も多いかと思います。
大変重いテーマですが、私自身以前から興味を持っていました。
随分前になりますが、NHKでこのテーマの特集番組を見たことがきっかけです。
この物語と同じく、子供の為にドナーとなる兄弟を作る夫婦の話もありましたが、それよりショッキングだったのが、自分の病気を治す為に子供を持ちたいという女性の話でした。
子供の為に…の方は、親の気持ちもわかるし、かといってドナーになる為に生まれてきた子供の体と気持ちはどうなるの?という、なんとも答えの出ない気持ちにさせられました。
しかし「自分の為に」ドナーとなる子供を望む女性は、正直「嫌なものを見てしまった」という感じでした。


物語は主人公であるアナ、姉のケイト、母親サラ、父親ブライアン、兄ジェシー、弁護士キャンベル、アナの後見人ジュリアのそれぞれの視点から描かれていて、特に一人の人物に感情移入することなく読み進められるようになっています。
病人であるケイトとドナーであるアナだけでなく、もう一人の兄弟を登場させたところは良かったと思います。
ケイトとアナの兄であるジェシーは骨髄が適合せず「ドナーにもなれない」ことで、家族から必要とされていない孤独感を深めていきます。
彼らの両親のブライアンとサラは立派な人間ですが、そうはいってもやはり人間であり、アナの犠牲に目をつむり、ジェシーの孤独に気づかず、肝心なケイトの気持ちにすら気づきません。
皆が皆「万能ではない自分」がどう生きれば良いのか迷い苦しみます。

アナが両親を訴えた本当の理由は何だったのか。

裁判の後、家族はどうなるのか。

「え~っ!!??」というような結末が待っています。

「これ本当にまんま映画化したの!?」と思って調べてみたら、映画には別のラストを持ってきたようです。
そら、そうだろな~。
どちらのラストにしても、このようなドナーのありようについては肯定するとも否定するとも結論らしきものは出ていません。
この特殊な状況な中での「家族の絆」が作者の描きたかったものなのでしょう。


重いテーマの話ではありますが、それほど重苦しくはなく読みやすいと思います。

おススメです。












Comment

No title

ママチャライダーさん、「えーーーっ」って結末ですか??
これは読んでみないといけませんね。
映画では男の子の感情があまり細かく描けていなかったように感じます。
限られた時間の中で書くにはちょっと複雑すぎますよね。
ぜひ、原作を読んでみたいと思います。

ziziさま

>これは読んでみないといけませんね。

そお~なんですよ。
映画評なんかを見ると、お兄ちゃんは中途半端らしいですね。本のほうも、まあ色々と納得いかないところもあるにはあるんですが(特にラスト)、全体にはいい出来なんじゃないかと思います。
映画はぜひ観たい気持ちと、実際に観ると辛いんじゃないかな~、という気持ちの間で揺れ動いています。
でもやっぱり観るかな(笑)。

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。