スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第921回「あなたの一押しの一冊はなんですか?」


こんにちは!トラックバックテーマ担当の吉久です! 今日のテーマは「あなたの一押しの一冊はなんですか?」です。 読んだ本の中で、印象深い、勇気付けられた、ためになったなどあなたにとっての一押しの一冊ありますか?どんなジャンルの本でもかまいません。あなたにとって忘れられない一冊を教えてください一押しの一冊といえば…、インフォメーションブログでも紹介させていただいておりますが FC2ブロガー平林久和さん...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたの一押しの一冊はなんですか?」




鼻の利くまま気の向くまま、手当たり次第に読み散らかしている私ですが、「一押しの一冊」と言われてフッと脳裏に浮かんだ本がコレ、立花隆の「青春漂流」です。


ジャーナリスト立花隆による、それぞれ違った分野のプロフェッショナル11人へのインタビュー・エッセイ。
皆、青春の途中で悩み、迷い、挫折し、それでも高い志を捨てずに自分の道を突き進んだ若者で、彼らの歩んだ険しい道のりに圧倒されます。
彼らの成功は必ずしも経済的な成功と繋がっているわけでは無く、中には収入が限りなくゼロという人もいますが、それでも自らを信じて進む姿には感動を覚えます。

特に印象的だったのが猿回しの村崎太郎と鷹匠の松原英俊。
村崎太郎さんのテレビで見る楽しい芸とは正反対の壮絶な人生に号泣したことは未だに覚えています。(当時は今ほど涙もろく無かったのですが)
鷹匠の松原英俊さんは、山に篭って鷹と二人(?)狩をする日々の中、インタビューの最後で「僕みたいな人間は一生結婚なんてできないんでしょうね…」と淋しげに語った部分がずっと忘れられず、たまに思い出しては「あの人結婚できたのかなあ…まだ一人なのかな」などと勝手に心配していました。(私も長く独身だったので、今思えば他人の心配をしている場合では無かったのですが)
この記事を書くに当たって調べてみたら、今も鷹匠生活は続けておられるものの、奥様と息子さんが一緒とのことで、本当に良かったなあ~、と嬉しくなりました。

他にソムリエの田崎真也、オークヴィレッジの稲本裕…などなど、「こんな職業があったんだ~」という面白さもあり、インタビュー以外の文章にも非常に感銘を受けた、内容の濃い、珠玉の一冊です。

随分昔の本ですが、多分今読んでも全然古く感じないと思います。
特に若い人や、今人生に悩んでいる人にぜひ読んでもらいたい本です。
私もこれを機会にもう一度読んでみようと思います。




Comment

No title

こんばんは。
先日はコメントありがとうございました。

私もこの本父にすすめられて読みました。
特に鷹匠の松原英俊さんの生き方には
感動し同じく泣きながら読んだものです。
今は息子さんも居られて良かったですね。

lavandreさま

lavandreさんも「青春漂流」お読みになられてたんですね~!!
この感動を共有できる方がいて嬉しいです♪

私はこの本を読んだ当時、専門職として入社したところだったので、かなり影響を受け、励まされました。
本当に一人でも多くの人に読んで欲しい本だと思います。

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。