スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョゼ・サラマーゴ「白の闇」読了



運転中の男が突然視界が真っ白になるという原因不明の病に冒される。
病に冒された男を自宅に送って行った男、診察した医師、その医師に診察してもらったまた別の患者…病は次々に拡がって行き、なす術もない政府は以前精神病院だった施設に患者と感染者を隔離する。
病院に閉じ込められ、捨て置かれた人々は少ない食料や悲惨な衛生状態の中、何とか生きようとするが、武器を持ち食料を独り占めしようとするグループが現れる。
人間の欲望がむき出しになり、生き地獄と化した病院。
しかしここには一人だけ目が見える人物がいた…。



1998年ノーベル文学賞受賞者・サラマーゴの最高傑作といわれる本作は、淡々とした筆致が余計に主人公達の置かれた状況の恐ろしさを際立たせる作品です。
世の中の人が皆目が見えなくなる…ありそうで無かったシチュエーションですね。
衛生的に最悪な状態になった世界をこれでもか、とばかりに描写しているあたりは特に凄いな~、と思いました。
日本 カナダ ブラジルの合作で映画化され日本からも伊勢谷友介、木村佳乃が出演していますが、生憎映画のほうの評判はいま一つみたいです。
この間WOWWOWでやってたんですが、チビがいたので見れず残念でした。
(原作通りだと子供には見せられないシーンがかなりあるので)
救いのあるラストですので、興味のある方はご一読を♪






Comment

No title

>(原作通りだと子供には見せられないシーンがかなりあるので)
殺戮シーンとラブシーン、
親と一緒に見たくないのは後者です(´・ω・`)
昔よく一緒にドラマ見てましたけど、
ここぞとばかりにむず痒くなります。
ああ、チャンネル変えたい(;つД`)
親的にもそんな気分だったのでしょうかね・・・

まみさま

> 殺戮シーンとラブシーン、
> 親と一緒に見たくないのは後者です(´・ω・`)

チビは怖いのは全然平気だし、ラブシーンには興味津々なんですが(笑)。
「あーっ!」とか「わーっ!」とか言いながら替えちゃいますね。

> ああ、チャンネル変えたい(;つД`)
> 親的にもそんな気分だったのでしょうかね・・・

昔祖母を温泉に連れて行ってあげた時に
何気につけたテレビでやっていたのが映画「竜二」。
途中で濃厚なラブシーンが始まり、
チャンネルを替えるのも妙な感じで非常に困りました(笑)。
どうやって切り抜けたんだったかな~。

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。