スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルプス一万尺の謎



ネットサーフィンしている横で宿題をしていたチビが鼻歌まじりに「アルプス一万尺」を歌っていました。
「アルプスいちまんじゃ~く~、コヤギのう~えで~♪」



ちょっと待った~!!



「コヤギじゃないよ、小槍だよ!」と訂正すると、
「えっ、そうなの!?でも小槍って何?」
小槍…なんか槍みたいにとんがった山のことなんだろうな~、と、おぼろげに認識はしていたのですが、やはり子供に教えるとなると、ちゃんとした事を言わないと…と調べてみました。
すると……目からウロコのショーゲキの事実が…!!


まず、「アルプス一万尺♪」のアルプスは、あのハイジの住むヨーロッパのアルプスでは無く、日本アルプスのことなのだそうです。
1尺は30.3cmですから1万尺は3030mということで、これはまさに日本アルプスの標高のことなのだそうです。
「小槍」というのは「槍ヶ岳」の一部で、他に「孫槍」「曾孫槍」もあるとか…。
「小槍」自体は非常に険しい岩山でザイルを確保してのロッククライミングでないと登れないらしいです。
人一人が立つのがやっとの頂上で踊るなんて無理無理~!!ということですが、何かの企画で踊ったことがある、という情報もあり。

作詞者不明とされる歌詞はなんと29番まであり、

♪槍と穂高を 番兵において お花畑で 花を摘む ~…とか、

♪槍と穂高を 番兵に立てて 鹿島めがけて キジを撃つ ~…とかいう歌詞があるのですが、

この「キジを撃つ」「花を摘む」というのは、登山仲間においてはそれぞれ野糞をすること、女性が用を足すことの隠語なのだそうです。

以上、ひょっとしてご存知の方も多いのかもしれませんが、私は知らないことばかりだったので、「アルプス一万尺って深い~」と感激した次第です(笑)。
こうやっていらん知識ばかりが増えていくのね…。



Comment

ぷぷっ。

面白いです~v-411
日本の歌だったなんて!同じくハイジの国の歌だと…
しかもアメリカ民謡…。調べてみるものですね。

小槍の険しさにもびっくりです。

たまさま

そうですよね~。
スイス民謡だとばかり…。
「小槍」も単に「とんがった岩山」の事を言うのかと思っていました。
しかもチビの友達はみんな「コヤギ」で歌っているそうです(笑)。

No title

ヤギの上で踊れば曲芸ですね

不要な知識は心の栄養 わたしはそういうメタボかも

MagRinさま

う~ん、雑学メタボですか~。
植草甚一みたいでカッコイイですね!!
しかし、「小槍だ」と言われれば「それは何だ?」と聞くくせに「コヤギの上で~」を不思議に思わず歌う小学生のほうが不思議です(笑)。

No title

ビックリしました・・・。
私も昔からコヤギだと思ってました。
周りの子は小槍って云っていたのを、
聞き間違っていたのかな。。。
あぁ、恥ずかしい。苦笑
でもコヤギの上で踊って無くてよかったです。

こんばんは^^

アルプス一万尺 ウチのオチビちゃん達もよく歌ってま~す^^
歌詞の意味なんて 気にとめた事もなかったので
衝撃の事実に !!プチ感動しました~(笑

最近のこの歌の振り付けは 昔と違ってますよね!?
子供とやって 驚きましたーー!!複雑になってる!
ママチャさんもやりました?

↓貝塚にアスレチック&釣りができるスポットがあるなんて^^
和歌山からだと 近いし 行ってみたいです♪

いおんさま

いおんさんも「コヤギ」でしたか~。
さすがお若い!!
「コヤギ」だと動物愛護団体からクレームが付きそうですね(笑)。

田舎ママさま

>最近のこの歌の振り付けは 昔と違ってますよね!?

あの手を交差したりするところですかね~?
確かに違うような気もしますが、何しろ自分の小さい頃っていうのが随分昔のことで、どんなだったかよく覚えてないんです~(笑)。「みかんの花咲く丘」は覚えてるんですけどね。

>和歌山からだと 近いし 行ってみたいです♪

そうそう、帰りに岸和田SAに寄ったら和歌山のお土産がどっさり売ってました~♪みかんソフトクリームが美味しかったです。

なるほどねぇ

キジ撃ちは知ってましたが女性用はキレイに花摘みですか、なるほどねぇ~。
で、思い出したのが中世ヨーロッパの貴婦人方の傘のようなドレス。
細いウエストを強調する目的のほかに、中庭で花摘みをするのに都合が良いように広がっていたそうな。
あぁ、またいらん知識を‥

野良さま

>キジ撃ちは知ってましたが

おや?もしかして野良さんは山男?

中庭で花摘みの話は聞いたことあります。
ルイ十何世だったかは、臭いに嫌気が差して、ルーブルからヴェルサイユに引越したとか…(笑)。

こういう「いらん知識」の方がよく覚えているのは何故!?

私も

小さいときは「コヤギ」と歌ってました。
おかしな風景だと思いつつ、ヤギと楽しそうに踊ってるんだな~(スイスの綺麗な草原で)
で、その後「小槍」と知ったものの、なぜか「小さな屋根」と思い込み、「屋根に上って踊るのね」って思ってました。

真実を知ってビックリ!。のどかな歌から険しい場所で踊ろうとしている危ない歌に変わってしまいました。

何を考えて作った歌なんでしょうね~、しかも歌い続けられてることにも驚きです。

No title

この曲の舞台って日本アルプスだったんですね
スイスのアルプスだとばかり思ってました。

ちなみに俺も「子ヤギの上に」て唄ってました



とりあえず「へ~」を10回w

めいぢーさま

>何を考えて作った歌なんでしょうね~、しかも歌い続けられてることにも驚きです。

山岳部の人達が歌い継いで来たコミックソングのようなものなのでは?という話もありました。
それでありえないところで「そんな踊りないで~」という踊りを踊るんでしょうかね(笑)。

SHINYAさま

意外に「コヤギ」人口の多いことが分ってビックリ!!
いや~、この記事書いて良かったです(笑)。
でも本当のことが分っても日本アルプスはぴんとこないですね~。

No title

アルプス一万尺にまつわるこんな歌があった
野沢直子が歌ってるんですね(親戚に野沢那智がいるという)
<object width="320" height="265"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/GeNdaCkEEh8&hl=ja&fs=1&"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/GeNdaCkEEh8&hl=ja&fs=1&" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="320" height="265"></embed></object>

ひろきさま

ひろきさ~ん、出来ればこういう歌は「R指定」付けておいていただけないでしょうか…(笑)。
何も考えずにクリックしたら流れ出した歌をチビに聴かれてしまいました(汗)。
(ウチはリビングにPC置いているもので…)
今後ご配慮いただけると嬉しいです~。

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。