スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル・ジャクソン死亡



朝からテレビで「マイケル心肺停止で緊急搬送」というニュースを見て続報を見守ってきましたが、とうとう死亡発表があったそうです。
私は特に大ファンというわけではありませんでしたが、70年代、80年代に青春時代を過ごした者としては彼の存在はやはりとても大きかったです。
「ステージの上が一番落ち着くんだ」と語った小さい頃からのステージ人生を思えば、後半生における彼の奇行は自分の中でバランスを取るためのものだったような気がします。
あまりに大きすぎる才能の持ち主は幸せにはなれないのかもしれません。
今はただご冥福をお祈りしたいと思います。






Comment

No title

黒人から白人になってしまったマイケル。
「スリラー」歌っていた頃の顔が一番
良かった気がします。
整形のしすぎで、かなりの痛みもあったんでしょうね。
才能があっただけに、行き急いだ彼の人生が
残念でなりません。
ご冥福をお祈りします。

No title

朝、忙しいのにめざましに釘付けになってしまいました。
洋楽にまったく興味がなかった私もマイケルはPVやらメイキングやらよく観ましたよ…。
安らかなお眠りをお祈り申し上げます。

るねさま

そうですね、「スリラー」の頃が一番カッコよかった。
ダンスの上手い人は数多くいるけど、体重を感じさせないのはアステアとマイケルだけでした。
この頃はスーパースターとしてよりもモンスターとして扱われることの多かったマイケルですが、真実の彼は傷つきやすいただの子供だったのかもしれませんね。

たまさま

私も朝からTVをずっと見ていたのですが、みんな「嘘であってほしい…」って言ってましたね。
私もMTVとか好きだったので、PVは腐るほど見ましたが、曲はジャクソン5の頃の方が好きでした。
最近オークションの件がTVで取り上げられて、その時にかかる曲を聴いて「やっぱりマイケルすごいな~」と再認識していたところだったので、残念でなりません。

No title

ニュースで見ました。
まさか、報道されてるだけでしょ、って思っていたのに・・・
芸能人って、変な噂が流れたりしますよね。
あの類のかと思って聞き流してて。
所用から帰ってみれば・・・

ツアーも決まっており、健康面でも異常なしだったって。
そんな矢先の出来事。
本人も、さぞ無念だったことでしょう。
ご冥福をお祈りいたします。

No title

とても残念な結果です
なんか心がぽっかりあいた気分

アイドルのしほの涼さんがこんなコメントを書いています
http://ameblo.jp/shihono-ryo/entry-10287957835.html
まだ高校生だと言うのに、しっかりしてる

ぽちちょさま

マイケル・ジャクソンはいろいろスキャンダルも多かったけど、子育てだけはちゃんとやってたらしいですね。(デイブ・スペクター情報だから真偽のほどはわかりませんが。)
まだ年若い子供を残して逝くのは無念でしょうね。

ひろきさま

>なんか心がぽっかりあいた気分

同じように感じている人が世界中に沢山いるんでしょうね。
こんな風に世界中が哀しみにくれるのはジョン・レノンの死以来でしょうか。

おはようございます

『あまりに大きすぎる才能の持ち主は幸せにはなれない』
まして今回のような急死……
これで彼の記憶は多くの人に『現在の彼』で永遠に残ることになりますね。

こんにちは

少し遅れて私はこのニュースを見ました
びっくりしました・・・心不全で・・・

スターであるというのも大変でしょうね
これだけの情報の中では
本当の事って 全然分からないですし・・・
彼は どんな人だったのだろう?って

「才能が大きすぎる人は幸せになれない 」
↑そんな気がします 

残念な結果になりましたが。。。 
ご冥福をお祈りしたいと思います。

空飛ぶミケ猫さま

>これで彼の記憶は多くの人に『現在の彼』で永遠に残ることになりますね。

そうですね。多くの人たちにとってはそうかも知れませんね。
でも青春期にマイケルが共にいた、という人はまた違うかもしれません。
私にとってはマイケルは永遠に「スリラー」の頃のマイケルです。
一番好きな歌はジャクソン5の頃ですが、それでも「スリラー」のマイケルですね~。

田舎ママさま

才能がある、というのは荒馬に乗っているようなものかもしれません。馬(才能)が凄ければ凄いほど、乗り手は振り回されるわけです。
マイケルは大変だったでしょうね。
残された子供さんたちには幸せな人生を歩んでほしいと思います。

No title

マイケル・ジャクソンを初めて知ったのはベストヒットUSAで見た「ビリー・ジーン」のPVでした。
その後の「ビート・イット」でスゴイ人と認識。
「ウイ・アー・ザ・ワールド」のプロジェクトは素晴らしかったですよね。
色んな意味で彼のような人物は二度と現れないでしょうねぇ・・・

ぴん栗さま

「ベストヒットUSA」懐かしいですね~。
私は「SONY MUSIC TV」を見るために毎週夜更かししてました。
眠くて眠くて死にそうになっても、「あの曲が出るかも!!」と根性で起きてました(笑)。
そんな頃の思い出と共にあるんですよね~、マイケルって。本当に淋しいです。

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。