スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インシデンタル・アフェアーズ/うつろいゆく日常性の美学




今日は天保山のサントリーミュージアムに行ってきました。
「インシデンタル・アフェアーズ/うつろいゆく日常性の美学」というタイトルの現代アートの展覧会です。
タイトルはなんだかちょっととっつきにくい感じですが、結構面白かったです。

約1700個ものデジタルカウンターを壁一面に配した宮島達夫の作品は圧巻。
ず~っと見ていたい感じでしたが、チビを連れていたのでなかなか自分のペースで見れないのがちょっと残念でした。

一見普通の写真に見えて、そこに写されているものは全て作家自身が紙で実物大に作った模型…というトーマス・デマンドの作品は、ぜひ一度本物を見ていただきたい。
ただただ、驚きです!!

そして、不思議なやすらぎを感じるさわひらきの映像作品。
巨大な三面スクリーンの中に映し出された部屋を旅する小さな木馬たち。
ゆらりゆらり、ふわりふわり、とした感触は例えるものが思い浮かばない。

こんな天気のいい日に、あまり混んでいない美術館で過ごすというのもなかなかいいなあ~、と思います。


tennpouzann.jpg





Comment

No title

GWはどうしても観光地などの戸外に長時間いるよう
になって疲れてしまうんですよね。
美術館などのインドアで頭と心と身体をクールダウン
させて、そのあと近くの公園を散歩しながらおいしい
ランチをいただく。
お金と体力の無い熟年にはこれがイチバンです。

野良さま

我が家には小学生が一名おりますので、チビを楽しませつつ出来るだけ疲れないようにするのが休日の理想です。
天保山のサントリーミュージアムのいいところは隣に海遊館があるところ。
昨日は海遊館には行きませんでしたが(入館料が高いのでそう滅多に行けないのです)、スイーツフェスタや大道芸などの催し物が沢山あって、コンパクトに楽しめました。
それでも帰宅したらバタンキューで、夕飯はテイクアウトお寿司になってしまいましたが…(笑)。

No title

美術館、というと、なんとなく敷居が高い気が・・・
子連れで騒がれると!と思うと、あまり行かなくなりました。
本当は、小さいうちからマナーを叩き込む意味でも、
本物に接するという意味でも、いい事だと思うんですよね。
今のところ、我が家は博物館止まりでございます。

そんなわけで。
海遊館は行った事あるのですが、こちらは行かずじまい。
機会があったら、子供も楽しめるような美術展に行ってみたいです。
そろそろ、こういうのに興味を持ってくれてもいいはず!

こんにちは

美術館へは 子供を連れて行った事がありません。。
混んでいない所はいいですが
我が家の子供達のうるささが目立ちそうですね(汗

素敵だったでしょうね~ ^^

ぽちちょさま

サントリーミュージアムは子供がアートを身近に感じられるようキッズ・プログラムやワークショップをやっていて、実は敷居の高くない美術館です。
今回の展覧会もちゃんと子供用のパネルがあって、子供にもわかるような説明がひらがなで書かれていました。
コンパニオンのお姉さんもとても親切ですので、ミュージアム・デビューにはぜひサントリーミュージアムをおススメします!

田舎ママさま

確かに騒がれたら…と思うとちゅうちょしますよね~。
我が家のチビのミュージアム・デビューは、「ディック・ブルーナ展(ミッフィーちゃんの作者)」でやはりサントリー・ミュージアムでした。
他にも「ピクサー展(米アニメ)」とか、「ディズニー原画展」とか、探せば子供向けの展覧会も時々やっているので、そういうのだと子供も多くて気を使わずに済みます(笑)。
子供が興味を持ちそうな展覧会から始めて、徐々に慣らしていった感じです。
まあ、親の趣味につき合わせているところもありますので、本人は「アウトドアのほうがいい!」と思っているかもしれませんが。

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。