スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カズオ・イシグロ「私を離さないで」読了




ある目的の為に生を受けた子供達が暮らす謎の全寮制施設。
悲しく残酷な運命を背負いながらも、友情、愛、性に戸惑い成長していく主人公達の青春の日々を峻烈に描いた作品。
読了直後よりも、数日経ってから、ふとこの作品の事を考えている自分に気づくような、じわじわくる一作です。深く静かな余韻を残すラストは圧巻。



以下、ネタバレです。






作者も特に意図的にテーマを隠そうとしているようには感じませんでしたので書いてしまいますが、これは臓器移植の提供を前提として生を受けたクローン達の物語です。

この作品と同様のモチーフをテーマにした「アイランド」や「スペアーズ」といった映画や小説を以前に見たり読んだりしたことがありますが、どちらもセンセーショナルかつグロテスクな印象があったのに比べ、この作品は信じられないくらい静かで美しいです。もちろんテーマがテーマですので、グロテスクといえないことはないのですが…。

主人公達は自分達が担う役割をしっかりとではないにしろ知っており、特にその運命に抗うことなく生きています。彼らにとって法外な望みとは使命を果たす前に数年間の猶予を得て、愛する人と暮らすこと。
そして、一目自分たちクローンの本体である人間に会ってみたい、という母親への憧憬にも似た感情。
彼らのあまりにささやかな望みが、読者の胸を打ちます。

カズオ・イシグロは映画化された「日の名残り」という映画は見たことがあるのですが、小説を読んだのは初めてです。
評価の高い作家ですので、一度読んでみたいと思っていたのですが、やはり非常に良かったです。
他の作品も順次読んでいきたいと思います。






Comment

No title

ちょっと時間過ぎたコメントですみません;
あらすじと感想を交えた内容見たら
凄く興味をそそられました。
なんかクローンとか臓器だとか
そういう事を扱っている作品なのに
「静か」なんてなんかとっても凄いと思います。
凄いなんて曖昧な言い方なんですが;;
典型的な現代っ子で活字離れしてるんで
読めるかどうか分かりませんが
早速買いに行きたい気分です。

いおんさま

カズオ・イシグロの文章は読みやすいと思いますよ。
主人公の児童期からいおんさんくらいの年代あたりまでがメインで描かれていますので、いおんさんがどんな風に感じられるかすごく興味があります。もし読まれたら感想聞かせてくださいね。

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。