スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーブン・キング「セル」(上・下)読了



どわ~、怖かった!!
S・キング健在ですねえ~。

ある日ある時間に携帯電話で通話していた世界中の人々が謎の「パルス」によって、凶暴な狂人と化し見境なく殺戮を行うようになってしまう。たまたま携帯を持たない主人公のクレイは、同じく「携帯狂人」になることを免れた髭の小男トム、狂人と化した母から逃れてきた少女アリスと3人で、クレイの息子の住むメイン州を目指すのだが、彼らの行く手には集団暴徒となった「携帯狂人」達が…。

…という内容の本書は言ってみれば「死んでないけどゾンビ」のお話ですね。
S・キングにしてはそう長くないですし(とは言っても厚めの上下2巻)、えぐいシーンもそう多くないほうではないかと思います。(キングファンでない方には十分刺激的かも。)
若干軽めとは思いますが、やはりそこはキング、手抜きな感じはありません。
ひたすらコワイくて面白いです。
ラストを読者の想像にまかせるやり方には若干疑問も残りますが、私は楽観主義者なので、まあハッピーエンドなのかなーと解釈しています。

面白いエピソードとして巻末の訳者あとがきに書いてあったのですが、キングが本書の出版に先立ち「ゾンビ小説の登場人物になる権利」をチャリティ・オークションにかけ、$2000でこの権利を落札した女性の兄が登場人物の一人として描かれているそうです。
いいなあ~、私もお金があればぜひ登場させていただきたいですね!

2006年に発表された本書はすでに映画化が決まっており、今年公開される予定だそうです。
キングの小説は映画化されるものが多いですが、全部が全部日本でも公開されるわけではないので、日本公開されるような面白い作品にしあがってくれればいいなーと思います。



Comment

予約しました

面白そうです。さっそく図書館の蔵書検索して予約しました。
楽しみです。
携帯というのが現代ですね。

めいぢーさま

わー、行動早っ!!
私は「よーし、予約」と思ってから結構手間取るほうなので、めいぢーさんみたいにサクサクてきぱき動ける人に憧れます♪
そうそう、携帯がミソなんです。
単に人間が凶暴化するための小道具だけじゃなくて、要所要所でキーになってくるんですね。
お読みになったらぜひ感想を聞かせてくださいね~!

ひぇ~

絶対手を出せない作家です。
推理小説(ほとんど日本人作家)は読みますが、ホラーはダメです。v-399
ホラーじゃないって分かっているけど、「スタンドバイミー」も観たことありません。
夜中、思い出しませんか?v-399

kannaさま

私はホラー映画はダメですが、小説は好きなんです。グロいのはあんまり好きではないですが。
キングはホラーでありながらただコワイだけではない、素晴らしいストーリーの書き手なので、特に好きですね。
あんまり怖くて二回ほど読んでる途中に貧血起こしたことありますが(笑)。
キング原作のホラーじゃない映画だったら「スタンドバイミー」もいいですが、「ショーシャンクの空に」がおススメですよ~。(もう、観られてたらごめんなさい。)

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。