スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おススメ雑誌二冊



昨日オットが雑誌を買ってきました。


pooka.jpg


絵本情報雑誌「Pooka」のビジュアルブック「Pooka+」の荒井良二特集です。
荒井良二さんはご存知の方も多いと思いますが、NHKアニメの「スキマの国のポルタ」や、数々の絵本で知られる絵本作家、イラストレーターさんで、児童文学界のノーベル賞といわれるアリステッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞するなど国際的にも高い評価を受けています。
その荒井さんの作品や日常を特集した本ですが、さすが絵本情報雑誌の出すビジュアルブックだけあって、質が高く、荒井良二さんの魅力がギュ~っと詰まった一冊に仕上がっていると思います。荒井良二ファンはもちろん、そうでない方にもぜひ一度手にとって見ていただきたい楽しい本です。





そして、同じ日に私が買ってきた、やはり作家の特集雑誌がこれ。


sennsya.jpg


言わずと知れた「不条理マンガ」の巨匠、吉田戦車の特集です。
いや~、これは豪華。
ホンット、豪華ですよ!!

☆三万字インタビュー☆吉田戦車日記(本人が10年間書き溜めたモノ)☆豪華対談(椎名林檎、八谷和彦、朝倉世界一)☆特別寄稿マンガ(江口寿、西原理恵子、高橋留美子、萩尾望都etc…)☆吉田戦車キャラクター図鑑などなど内容てんこ盛り。

少し残念なことがあるとすれば、あまりに詰め込みすぎて、本人のマンガがチョビっとしか載っていないことですね。まあ、こんな本を買うファンはほとんど単行本とか持ってるだろうからいいか、とか思われたんでしょうかね。
ツボだったのは「キャラクター図鑑」。知ってるようで知らなかったなあ~、と驚く情報満載。ちなみに戦車キャラの中で一番好きなのは「ペンギンの魔太郎」です(笑)。
こちらはまさにマニアの為の一冊で、吉田戦車を知らない人にはおススメいたしません。
興味のある人は「伝染るんです」あたりからどうぞ♪






Comment

No title

おぉ!吉田戦車!
全作品読んでるわけではないですが、好きです。
ぷりぷり県とか特に。
それにしても豪華ですね。
これは欲しい・・・。

こんばんは^^

荒井良二さんのPooka見たいですね~♪
もう 見た目で買いたくなる雑誌です^^
昨年 私の町のイベントで絵本作家のあきやまただしさんと
みやにしたつやさんが来たんですよぉ~
で あきやま先生のイベントに行ったんですが 
西田敏行さんみたいな人でとっても楽しかったんです!
絵本っていいですよね~ 大人でも楽しめる♪

すてきな表紙

荒井良二さんの雑誌、ステキですね。
こんなステキな表紙なら手に取って絶対にレジに持って行っちゃいますね。
うち、秘境だから売っているかどうか分かりませんが、ちらっとのぞきに行ってみます♪
ご紹介、ありがとうございます。

ふじこさま

「ぷりぷり県」!!
懐かしい~、「県頭巾」。
私も全作品は読んでませんよー。
(そういえば、全作品読んでる作家っているかなあ~。)
ね、豪華ですよね。
思わず値段も見ずに買ってしまいましたが、これだけ入ってなんと1143円(税別)、戦車ファンなら迷わず買い!

田舎ママさま

「あきやまただし」と「みやにしてつや」って誰?
…と思って調べたら、知ってる知ってるう~!!
いいなあ~、お会いしたんですね!
絵本作家さんって、こちらのイメージだけじゃなくて、本当に童心を持ってらっしゃる人が多いように思います。
絵本、楽しいですよね~。

ziziさま

「秘境」って…ziziさん、どんなところにお住まいなんですか(笑)。
この本は表紙もいいですが、中身も負けずに良いです。
お近くの本屋さんに無ければ、Amazon(あっ、これも秘境ですね!)でどうぞ♪

伝染るんです。

こんばんわ。
吉田戦車の伝染るんですは
中学の頃読みました。
その頃はよくわかりませんでしたが
今だったらわかるかも…。
改めて読んでみようかな~。

samosさま

「伝染るんです」は毎週スピリッツで読んでましたが、最近古本屋で文庫版を揃えました。今読んでも全然古くないのはさすがですね~。

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。