スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫野カオルコ「空に住む飛行機」読了


「けろだくさん」でおなじみ、たまりかさんのおススメの姫野カオルコを読んでみるべ~、と図書館に行ってきました。たまさまのおススメの2冊は無かったので、とりあえずこの「空に住む飛行機」を借りてきました。

まず、各章のタイトルを読んでビックリ!
全部ミッシェル・ポルナレフの「愛の休日」の歌詞なんです。
この曲は多分私が今までの人生で一番繰り返し聴いたであろうと思われる曲で、歌詞も歌詞カードに穴が開くくらい読んだので、すっかり覚えてしまっているのです。
途中にやはりポルナレフの「囚われのプリンス」という曲の歌詞も出てきて、「うわ~この人ってポルナレフのファンなのかなー」と思ったあたりから、もうすっかり親近感が湧いてしまい、ちょっと贔屓目に読んでしまったかもしれません。

物語は病的なまでに自分を支配し続ける両親の元に育ち、29歳になるまで恋もしたことのない理加子が、両親の入院中に同僚の美枝とその恋人小林から、小林の友人江木を紹介されて……というもの。
恋愛小説というよりは、主人公が恋愛を通して自分が囚われていたものから自由になる戦いを決心するまでを描いた物語、という感じで、あまり恋愛に重きを置いているようには感じませんでした。
主人公の囚われている状況というのは非常にヘビーなものがあるのですが、「愛の休日」「囚われのプリンス」というの曲の持つ、哀愁、不安、浮遊感、みたいなものが行間に漂っていて、サラリと読めます。

主人公の気持ちに深く入り込みながら、客観的とも思えるつきはなした書き方をしたこの本は、地味ながら読むものに強い印象を残してくれる佳作だと思います。
後でネットで調べてみたら、なんとたまさまおススメの「ドールハウス」の改題前のタイトルがこの「空に住む飛行機」だったということで、それとは知らずにおススメを読んでいたのでした。
でも、「ドールハウス」より「空に住む飛行機」の方が断然いいタイトルだと思うんだけどなあ~。
ポルナレフのファンだからそう思うのかしら?


Comment

あのトゥートゥートゥマシェリーのやつですか?

テレビCMやドラマで使われ、挙句の果ては空耳のネタにされるの

ひろきさま

そうそう、それは「シェリーに口づけ」という曲です。
ドラマで使われてましたか~?知らなかったです。
空耳は滅多に見ないのですが、M・ジャクソンの「パン、宿直」が好きでしたね~♪

No title

姫野さんは、読んだ事ないです。
お名前はよく聞くのですけど・・・
ポルナレフは好きですe-414
(ジョジョにも確か、そんなキャラが出てきたような・・・)

そうか、姫野さんも好きなのかー。
今度、読んでみようかな?

ママチャさんのレビューみると、
今まで見向きもしなかった本を読むきっかけが見えてきます。
なんだか新鮮!

ぽちちょさま

ええっ、もしかしてぽちちょの「ぽ」はポルナレフの「ポ」!?…なんちゃって♪ いや~、ぽちちょさんがポルナレフが好きだなんて嬉しいなあ~。
今や「ポルナレフ」なんて言っても知らない人が多いですもんね。
私は自分がいいと思った本を人に読んでもらうのが好きなので、ぽちちょさんのように言っていただけると、すごく嬉しいです!(本以外の押し売りはしませんのでご安心を♪)
今回の本は元々たまりかさんのおススメなので、私も自信を持っておススメします。

わ~嬉しい

です、読んでいただいて~v-238
ポルナレフも知らず、ドールハウスから入ったのですが、大人買いの途中amazonでこの本をダブって買いそうになりました(笑)
実録なのか創作なのか、ヒメノさんのお話はいつも真に迫ってます。
誰しも若いうちに戦うと思うんですけど、戦えなかったら…
私もあまり戦わなかったクチなんですけども、呪いに近い過干渉を自分は子供にしないでおれるだろうか、子供が出来てからは違う読み方もしちゃう1冊です。
この本は3部作なのですが、重さの具合が一番私的にはちょうどいいです~。

またままちゃ様のお勧めも読んでみますね~☆

たまさま

改題ってよくわからないですよね。
ダブって買わなくてよかったですね~。
「空に~」は両親の束縛のあたりがあまりに怖すぎて途中まで「ホラー!?」とか思っちゃいました。
子供への過干渉って、悩みますね。何も言わないのがいいんなら楽なんですが、そうもいかないし…。
結構好き嫌いが激しいもんで、姫野カオルコも名前が嫌いで全然読んでなかったんですが、もっと気持ちを柔軟に持って、これからいろいろな作品にチャレンジしてみたいと思いま~す。たまさま、ありがとう!!

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。