スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリー・フランキー「増量・誰も知らない名言集」読了



いや~、下品な本です。下品でエロで鬼畜。
リリー・フランキーの本は3冊くらいしか読んでいないのだけど(「東京タワー」「美女と野球」「日本のみなさんさようなら」あ、あと「おでんくん」も読んだか)、その中ではぶっちぎりで下品です。

それなのに、何故こうもカラッとしていてサワヤカなのでしょう?
この内容を他の人が書いたとしたら、半分いかないうちに読むのをギブアップしてしまうと思います。
どんなにゴミを投げ込んでも静かで美しい水面が乱れることの無い沼のように、リリー・フランキーの書く文章には不思議と卑しい感じがありませんね。
古書店で購入した時にはこんな本だと思わなかったので、ちょっとビックリしましたが、視点を変えて見れば「世の中にはこういう人たちもいるんだなあ…」と、興味深くもあります。
でもまあ、下品でエロで鬼畜なことに変わりはないので、良い子の皆さんは決して読まないでくださいね♪



Comment

リリー・フランキーさんの・・・

東京タワーは よかったよ~
映画とかより、TVでやった もこみちの方じゃなくて 大泉洋のほう 主題歌もよかった(自分のブログで紹介した)
あれから 大泉洋のファンになっちゃた。 今日も『波乗りレストラン』 録画したの見たわ~

けど、他の本は 見てないけど、そんなに エロいんか?

No title

こりゃぜひ読んでみたくなりました!!!!キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
何がそうさせたって・・・
ママンのレビューなのさ(´ε` )
ええ、「エロ」という言葉につられましたとも。

さおやすさま

「東京タワー」原作読んで号泣しました。一人で部屋で泣きながら読んでたら、何も知らないオットがふっと入ってきて、そのままUターンして出て行ったくらい大泣き(笑)。ドラマはもこみちの方しか見てないんですが、結構良かったですよ。キャスティングは映画のオダギリ&樹木が一番原作に合ってるような気がしますね。

この本は「エロい」というか、とにかく下ネタオンパレードなんです。でも面白いですよ~。アマゾンの書評見ると8割が絶賛、2割が「気持ち悪い」みたいな感じでしたね。あ、あとアマゾン見て思い出したんですが、ナンシー関との対談集「小さなスナック」っていうのも読んでました。こちらは無条件でおススメです。ナンシー関への追悼あとがきは涙無しでは読めません。リリー・フランキー…本当に不思議なおっさんだ。

まみさま

この本に「エロ」はありますが、「エロス」は無いです。
この違いわかっていただけるでしょうか…。
湿度ゼロ、小学生男子がそのまま大人になって、天才的な文章力で、
身内の下品なバカ話を通して深遠な人生の哲学を語っているような、いないような
…ってわかるわけないですね(笑)。
あー、私にこの本を語る文章力があれば…!!

No title

リリーさん・・・
不思議な人ですねぇ。
あんなにマルチな人も、なかなか居ないもの。
きっと引き出しがたくさんあるんでしょうね。

私もちょっと読んだのですが。
おでんくんや東京タワーとのギャップにびっくりしました。
傍で夫が「え、これ読むの?」って。
そのままそっと本棚に戻しましたe-263
うーん、もうちょっと度胸があれば!

なんと…

下品でエロで鬼畜…ですか。
で,8割が絶賛…ですか。

読みたいような読みたくないような。
まぁ,良い子の私はご忠告どおり
読まないでおきましょう。

ぽちちょさま

ウチのオットも多分読まないでしょうね~。
読むのに度胸は要りませんが、「読んだ」とブログに書くのは勇気が要りました。
「今まで築き上げてきたアタクシのお上品なイメージが…」とか考えちゃって(笑)。


リトルターンさま

まあ、アマゾンの書評ですから、読んだ人の平均的意見じゃないし、書評を投稿してくる人となれば…って感じなんだと思います。ほとんどがリリーさんのファンなんじゃないでしょうか?

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。