スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中島らも「空のオルゴール」読了



年末から長いことかかってやっと読み終わりました。
面白かったようでもあり、全然つまらなかったようでもあり、しかし間を取って「まあまあ面白い」とはならない不思議な小説でした。
まず、帯の文章が悪いです。
「アルジェリアの暴動を奇術ひとつで鎮めた男がいた!それから200年、7人の奇術師の前に立ちはだかる、狂気の武闘集団。一人、また一人。次々と倒される仲間たち。敵の目的は?正体は?絶好調らもワールド。」
…とあるのですが、この文章を読んで期待したような内容では全くありませんでした。
暴動を奇術で鎮めた、というのはちょっと違うし、「敵の目的は?正体は?」ってう書き方だと、それが物語の鍵で、最後に真相がわかって「おー!!」ってなるみたいな感じですが、これも全然違います。
本書にいいところがあるとすれば、キャラクターや筋書きに全然関係ない、主人公達がただダラダラとふざけあったりする場面や、格闘シーンがいかにも中島らも、な感じで面白いというくらいで、内容は小説というよりはあらすじに近いものがあります。なんかスカスカした感じですね~。「ガダラの豚」の圧倒的な話の進み方や、スピード感、密度に比べると、本当に真面目に書いたのか?と聞きたくなるような話です。
それでもやはり、他の作家とは違う「らもワールド」があるのは確かで、そこが好きな人には良いのではないでしょうか。
一般的におススメはしないけど、ハマれば面白いと思います。


Comment

nakaって

中島らもさんのnakaだったんですね~♪
そうなんですよ~、1コ1個はとっても面白いのに、全体像はナンじゃコラみたいな~。もっと??なのが驚くべき参考資料の量。らもさんのプライドが感じられますが…
今ままちゃ様の影響逆輸入みたいなかんじで、らもさん死後の関係者本とかを読んでますが、面白くもあり読まなければ良かったかな感もあり。家族が語りすぎ感があるのが残念なところです。でも好奇心があるので読んじゃうんですけどね。

たまさま

「naka」って…?って思って、ふと横を見て気がつきました。ありゃ~、保存されてたのねー、タイプミス!
そうかー、読まなければ良かった感あり、っていうのも分るな~。フクザツだよね~。(←ここ今間違えて腹圧って打ってました。いよいよモーロクしてきたな…)

No title

らもさんは、好き嫌いありますね~
私の周りでも、完全に分かれるところです。
夫に至っては「ただのヤク中」と言ってしまう事も・・・
私は特に何も考えずに読んでしまうので。
後で「ううむ・・・」と消化不良になるのもあります。

ぽちちょさま

「ただのヤク中」…当たってないこともないところがナンとも…ですね。
私はあの感覚は結構好きなんですが、深入りしないように注意しながら、そお~っと、そお~っと読んでいる小心者です(笑)。

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。