スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胸キュン!青春の一曲

その曲を聴いただけで懐かしい思い出が、風の匂いや風景と共によみがえってくる曲ってありませんか?
私にとって、そんな胸がキュンとするような青春の一曲が「アメリカ」というグループの「金色の髪の少女(Sisiter Golden Hair)」という曲です。
この曲がヒットチャートを賑わせていた頃、私はちょうど中学生で、吹奏楽部の練習に明け暮れていました。クラブの友達と練習帰りに好きなミュージシャンの事や、他愛も無い話をしては、何がそんなに可笑しいのかコロコロと笑ってばかりいたものです。
思い出といっても、好きな男の子が…とか、そんな甘い思い出ではなく、ただただその時の公園の緑の色とか、ちょっと背伸びして飲んだコーヒーの味とか、そんな何でもない思い出が懐かしくよみがえってきます。
この曲を聴くだけでタイムマシンに乗ったみたいに、中学生だった自分になれるのです。
体は老いていく一方ですが、いつまでもそんな気持ちになれる自分でいたいと思います。



Comment

吹奏楽部だったんですね~

中学の頃、吹奏楽部に好きな人がいて、
演奏会とかあると自転車に乗って市民会館まで行ったものです~。
お決まりのように演奏していたのが、イエスタディで。
自転車で走る堤防とイエスタディがセットですかね~。
私も思わず思い出して懐かしくなりました~☆

ウチの吹奏楽部の男子

…には、カッコいい人はいなかったですねえ~。
ちなみに私はピッコロを吹いておりましたが、「ピッコロ」というと何故か笑われます。妹が同じく私の二代後でピッコロを担当していたので、「ねーピッコロ吹いてた、って言ったら笑われない?」と聞いたら、「私はおねえちゃんと違って、ドラムもキーボードも出来るから、何でも出来てすご~いって言われる」と言われました。とほほ~。

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。