スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り込め詐欺

振り込め詐欺の被害が増えているそうです。
先日行った全国地域安全運動区民大会でも詐欺の手口を寸劇で見ましたが、確かにあれではお年寄りはひとたまりもないかもしれません。
テレビを見ながら「あんなのに引っかかるなんて…」と思っている人達が引っかかってしまうそうです。
全財産取られた、なんていう人もいて本当にお気の毒です。
でも、本当に他人事じゃないんですよね。
実は私も数年前、振り込め詐欺じゃないんですが、一本の電話にとても怖い思いをさせられたことがあります。

まだ小さかった子供の相手をしながら夕飯の支度をしていた時、電話が鳴ったので、オットからのカエルコールだろう、と思い受話器を取りました。
すると、しわがれた中年男の声で
「○○××(オットの名前)さんのお宅ですか?」
「はい」
「実はな、ダンナさん、預かっとるんや。」
「……?」
「ダンナさん、預かっとるゆうてんねん。」
「…はあ。」
「早いこというたら誘拐や、誰でも良かったんや。」
この、あたりで頭の中が真っ白になって、手足がガクガクしてきました。
何もしゃべれずにいると、「聞いてるんか?」と畳み掛けてきます。
とにかくこの男としゃべるのが怖くて仕方なかったので、「こういうイタズラはやめてください!!」と言って、向うが「おい、ちょっ…」とか言うのもかまわず電話を切ってしまいました。
すぐにまた電話がかかってきましたが、怖くて出ることができません。しばらく鳴ってまた電話は切れてしまいました。
「イタズラはやめて」とは言ったものの、半分以上は「もし、本当だったらどうしよう…」と、頭の中はグルグルしており、血の気がサーっと引いていくのがわかります。
「誘拐って…あんな嵩高いくせに、誘拐なんかされるなよっ!!」と、どんくさいオットに対する怒りまで沸いてきます。
オットのフルネームを知っていることや、かなり年配そうな声から、単なるイタズラとも思えません…っていうか、その時はそんなことを冷静に考えられる状態でもなかったんですが。
ただただ、オロオロしていると、また電話が鳴りました。
もう耳を塞いで座り込みたい気持ちでしたが、「もし、本当に誘拐だったら、電話に出ないとオットの身が…」と思い、勇気を振り絞って受話器を取りました。
「…はい。」
「あ、僕、僕。今○○駅~。」
受話器からはオットののんびりした声が聞こえてきます。
「…今、今、変な電話があって、××を誘拐したって…怖かったよ~」半泣きでしゃべる私に驚いたオットは急いで帰宅、名前を知っていることや、電話の様子が悪質なので、警察を呼んで事情を話しました。
一通り話を聞いてもらって、パトロールも気をつけてくださる、ということで帰られましたが、なんともいえない気持ちの悪さは残りました。

翌日オットが会社に行くと、同僚が「昨日ウチに俺を誘拐したって電話があってさあ~」と、話し始めるではありませんか!
同僚さんのところでは、電話があったときすでに帰宅されていたので、笑い話になっていたそうです。
結局会社の名簿がどこかで流出していたようで、何人かの家に同じような電話がかかってきていたらしく、総務のほうで調査、とかになったようです。
個人的な嫌がらせではないとわかったので、少しホッとしましたが、本当に怖かったです。
そして、本当にこういう電話がかかってくると、一瞬にしてパニックになってしまうものなのだ、と改めてその事実も恐ろしく感じました。

いくら普段から気をつけていても、一瞬で信じてしまったら、おしまいです。
電話のところにいろいろ「その電話を疑え!!」」とか「いったん切って確認!!」とか書いた紙を貼っておくといいかもしれませんね。

Comment

No title

はじめまして。足跡からお邪魔しました~。
といってもこちらが先に付けたのかもしれません(笑)
怖いですね、旦那さんの話。何かの被害とか受けられなくってよかったですね。
うちもちょっと前に架空請求のはがきがどっかからきました。ネットで調べるとよくあるやつだそうで。
ネットがあってよかったなと。

怖い話なのに「嵩高い」に笑っちゃいました…

たまりかさま

コメントありがとうございます。

そーなんです、嵩高いんです。
本当にそう思っちゃったんですよね、その時。

たまりかさんのブログにもお邪魔させていただきましたが、
「やだやだ、矢田亜希子」は見事にツボにはまってしまいました。
これからもちょくちょく遊びにいかせていただきますね~♪


Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。