スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景品は忘れた頃にやって来る



先週予定にない宅急便が届いたので
「何かな~?」と思って開けてみると
じゃじゃ~ん!
これ↓でした。


yakioni.jpg

ニッスイ、「大きな大きな焼きおにぎり」マスコットの「焼きおにお」。
ご覧の通りの愛くるしい人形ですが、ただの人形ではありません。
お腹と背中をギューっと押さえると
何と松崎しげるの歌が聞こえてくるのです!!
歌は「愛のやきおにお」。

「焼きお~にお~にお~、焼きおに~お~にお~。
小腹が空いたら焼きお~にお~♪」


高らかに歌い上げてくれちゃってます。

いや~、来る日も来る日も焼きおにぎりを食べ続けたかいがありました。(正確には食べたのはほとんどチビですが)
当たらないだろうと思って、すっかり応募したことも忘れてしまっていたのですが、こういうサプライズは嬉しいですね。





スポンサーサイト

「テルマエ・ロマエ」映画化!




え~っ!!うそっ!!
しかも主演阿部寛&上戸彩!!
阿部ちゃんが古代ローマ人役ですとーーーーーーー(笑)!!

ご存知ない方の為に簡単に説明しますと、
「テルマエ・ロマエ」というのは古代ローマ帝国の風呂の設計技師ルシウスがひょんなことから現代の日本のお風呂にタイムスリップし、様々な風呂からインスピレーションを受け、それを古代ローマに持ち帰り再現する、という漫画です。
常に新しい風呂のアイデアを求めて苦悩するルシウスと、いきなり風呂に現れた外人に親切にする「平たい顔族」こと日本人の交流が面白く、「面白いけどアイデア続くかな~」との心配をよそに、2巻もますますパワーアップし続ける超おすすめ作品です。

私は単行本しか読んでないんですけど、上戸彩ちゃんはどんな役なんでしょうね?
漫画家を目指す日本人役…としかわからないんですが、阿部ちゃんとはどんな風に絡んでいくのかとっても楽しみです。

撮影はイタリア最大の映画撮影所・チネチッタにある古代ローマの巨大オープンセットなどを舞台に進行中だそうで、スケールの大きな映画になりそうですね!
2012年公開予定とのこと、今から待ちきれません♪






久々の大人買い 「進撃の巨人」&「宇宙兄弟」



やり直しが続いていた仕事がやっと一息ついて、
ストレスからか?マンガを大人買いしてしまいました。

最初に買ったのは「進撃の巨人」1~4巻。
ず~っと気になっていた作品ですが、あまりに怖そうなので躊躇していました。
しかしここまで絵が下手なのに、こんなにヒットしている、というところがどうしても気になって、最新刊である4巻が出たタイミングで一気買いしました。

話題作ですので内容はご存知の方も多いと思いますが、
簡単に書いておきます。

ある日突然現れた巨人たち。
彼らの目的はただ一つ、人間を喰うこと。
その圧倒的な力の差により人類は追い詰められ、
巨人も超えられない高い壁を築き、その内側で暮らすことを余儀なくされる。
壁の中での平穏な暮らしは100年の年月を経て破られる。
ある日、超えられないはずの壁を打ち破る、超巨人が現れたのだ!!
かくして人類の存亡をかけた絶望的な戦いが始まる…!!


…といった、この作品、とにかく巨人がキモイキモイ!!
いかにも頭悪そうだし、デッサン狂ってるし、変な歩き方してるし…。
これ、何もかも計算ずくで描いてるとしたらスッゴイですね。

主人公は壁の中に閉じこもって暮らすことを良しとせず、巨人を打ち倒し、いつの日か広大な外の世界を見ていたいと願う少年エレンと、幼い頃にエレンに命を助けられ、エレンを助け、エレンの側にいることだけを願う幼馴染の少女ミカサ。そして二人の幼馴染であり、体力、運動能力において劣るものの、賢く、優れた判断力で要所要所で二人を救うことになるアルミン。
中でもヒロインのミカサが面白いです。
普通この手の話だと、ヒロインを助ける為に主人公が危機一髪に陥ったりしてイライラさせられたりするものですが、このヒロインは戦士100人分に値するといわれるほどの能力を持ち、主人公の為なら、どんな敵を相手に戦うことも厭わないというツワモノ。
しかも宮崎アニメの少女達のように生き生きとしていなくて、虚無的な感じがいいんですよね。

このマンガでは人間がどんどん足から、頭から、バリバリ食べられちゃったり手や足がちょん切れたり、グロい描写がいっぱい出てくるんですが、絵が下手なのでリアルに気持ち悪いとう感じではないです。
しかし、絵が下手と言い切るにはあまりに迫力があるというか、大げさに言えば、何を描いてるのかよくわからないけどとにかく迫力がある!!という感じで、今までには見たことの無いタイプですね。
井上雄彦にも浦沢直樹にもこのマンガはかけないでしょう。

…という訳で、大変面白く読ませてもらったのですが、
やはり後味が良いという作品ではありませんので、
何か気分を変えたいな~、と思って買ってみたのが「宇宙兄弟」。

NASAの宇宙飛行士である弟を持つ兄、六太(むった)が
会社を首になったことをきっかけに、宇宙飛行士を目指す話ですが、
いや~、これは思った通り、安心感があって面白いです。
宇宙飛行士になる為の試験とか、本当にこんなのかな~、と
思いながらどんどん引き込まれて行きます。
重かったのでまだ6巻までしか買っていないのですが、
近々残りも買ってこようと思います。

この作品は兄小栗旬、弟岡田将生で映画化されるそうですが、
岡田くんはともかく小栗旬ってどうなんだろう。
写真で見るかぎりでは原作にとっても小栗君にとっても
不幸なキャスティングとしか思えないのだけれど…。






こころを癒すメロディ




またまたまたまた、更新をサボってしまいました。
またしても危うく広告が出てしまうところでしたが何とかセーフ。
我ながら綱渡りのようなブログだな~。



昨日の余震怖かったですねー。
こちらは関西なのですが、電灯がユラユラ~っと揺れて、
「この揺れが東北から来ているのか」と思うとゾッとしました。
東北、関東の方々は本当に恐ろしかったことと思います。


関西は水以外はそう不足することもなく、特に変わったこともない毎日なのですが、
鬱々とした気持ちは晴れず、被災地の方々や原発のことを考える日々です。


震災の後は、自分ぐらいの年なら数十年後体に支障が出たところで大したことはないし、何の知識も技術も無くていいなら、原発に行ってボタン押してくるとか、瓦礫を片付けるとかくらいなら、何かできないもんだろうか、と真剣に考えたりしていましたが、
結局出来ることといえば節電と募金くらいなので、せいぜい継続して出来るようにアルバイトを頑張っています。
色んなものを自粛していては経済がまわらないのもわかってはいるのですが、
今年は花見にも行く気になれず、ぼんやりしています。


そんな中で私の心を癒してくれる映像を紹介します。




docomoのケータイのPVらしいのですが、本当に美しい音ですね。
何度も何度も繰り返し見てしまいます。


それから、「復興ソング」というのでしょうか「応援ソング」というのでしょうか、
いろいろ巷で歌われておりますが、
その中でワタクシ、この歌を聴いて泣きました。
本当にいい歌です。
PVも素晴らしいですね。





なお、この曲はダウンロード収益の全額を福島県災害対策本部に寄付することになっていますので、
興味のある方はこちらからどうぞ。









CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。