スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ「フリーター、家を買う。」



嵐の二宮くん主演の「フリーター、家を買う。」の第一回を観ました。

このドラマは三流私大を卒業し、部品メーカーに就職するも社風に馴染めず3ヶ月で退社してしまい、再就職も思うように行かず荒れる毎日を送る青年(ニノ)が、母親が鬱病になったことをきっかけに土木会社でアルバイトするようになり、人間的に成長していく…という話みたいです(多分)。

仕事一辺倒でプライドが高く高圧的な父親(竹中直人)、息子と父親の間で一生懸命明るく振舞い息子を気遣う優しい母(浅野温子)、結婚して病院長夫人になっているしっかり者の姉(井川遥)、ごく普通の青年だが少々我慢が足りず、職を転々としてしまう息子(二宮)、という家族構成は往年の名作ドラマ「岸辺のアルバム」を思い出させます。

「岸辺のアルバム」の時は年も近く純粋な息子(国広富之)に共感しながら観ていましたが、今回のドラマではやはり母親の気持ちになって観てしまいますね。
「晩ごはん何がいい~?」「…別に何でもいいよ!」みたいなシーンには「何でもいいって言っといて後からアレはイヤだこれはイヤだ言うんだろうが~!!」とか思わず突っ込みを入れてしまいました。
二宮くんが荒れて母親に当たるシーンでは、隣で一緒に観ているチビに「大きくなってもあんなコワイ言い方したらイヤやで~」とけん制してみたり…。
「まみつぼ」のまみさんは二宮くんの役にかなり自分を重ね合わせて観られていたそうですが、バブルの走り頃に就職し、この年になるまで反抗期というものがなかった私には二宮くんの役の気持ちはいま一つわかりません。
ただ一つだけ「変な会社に就職してしまった」というところだけは一緒でした(笑)。
新入社員研修の時に三日で研修所を脱走した同期がいたのを覚えています。
人里離れた山の中の研修所だったので友達に夜中に車で迎えに来てもらったらしいです。
まあ、その頃は売り手市場でいくらでも転職先があったから出来たんでしょうけどね~。
あと、竹中直人は怒ってばかりいるのですが、「どんぶり5656」の頃から観ている私としてはいつ「なんちゃってな!」と首を振り出すかと身構えて観ています(笑)。
一番の見所は何と言っても浅野温子で、「浅野温子が優しいお母さん役かあ~」と思いながら観ていましたが、鬱病が発症したあたりから思わず「出たっ!」と叫びそうになる切れっぷり!
「沙粧妙子 - 最後の事件」や「共犯者」で見せてくれたキレキレの演技を今後も期待したいと思います。











スポンサーサイト

第1064回「あなたの好きな冷凍食品」



こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!今日のテーマは「あなたの好きな冷凍食品」です。今日(10月18日)は、冷凍食品の日だそうです。みなさんの好きな、冷凍食品を教えてください。ちなみに水谷は、冷凍食品では「たこ焼き」が大好きです!!冷凍の「たこ焼き」は暖めたら、中がドロっとしていて関西出身の水谷も、唸る美味しさです。あとは、長く保存できるのも冷凍食品のメリットですよね。あなたの好きな冷凍...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたの好きな冷凍食品」





え~、冷食はよくお昼に利用するんですが、
「これはおススメ!!」と自信を持って言えるのは↓下の三つですね。


まずは「あけぼの・五目あんかけ焼きそば」。
豚肉、チンゲン菜、にんじん、白菜、たけのこ、もやし、きくらげの7つの具材を使用。
香ばしい両面焼きの麺とあんを別々にレンジでチン!
しっかりした味で美味しゅうございます♪

annkakesoba.jpg


お次が同じくあけぼのさんの【華炒麺】「 緑の野菜と小柱の上海炒麺」。
あっさり系でありながら物足りなさを感じさせず、333kcalとダイエット中の人にも嬉しいカロリーです。
上の五目焼きそばと比べるとパンチには欠けますが上品なお味で特に女性におススメ♪

syanhaimenn.jpg


そして最後に紹介したいのが新宿中村屋の「カリー&ナン」。
いや~、もうこれホンットに美味しいんですよ。
量はちょっと物足りない気もしますが、
軽いランチにはぴったり。
中村屋はレトルトカレーも美味しいですが、
こっちはよりインド風というか、まんまインド料理屋さんの味ですね。
私のように突然「イ、インドカレーが食べたいっ!!」という発作が起きる人はぜひ冷凍庫に常備していただきたいですね(笑)。


kare-nann.jpg









プレミアムティラミス



「お願い!ランキングGOLD」の「ローソン・スイーツ・ランキング」で1位になった「プレミアム・ティラミス」を食べてみたいと思い、駅前に行ったついでにローソンに立ち寄りましたが、やはりというか、予想通り棚はスッカラカン。
「ランキング1位!!」のPOPが虚しく揺れておりました…(泣)。

アカデミーメンバーの一人、イケメンで最近テレビでの露出も高い川越シェフに「ウチの店に出したいくらい」と言わしめたティラミスですが、実際はどうなんでしょう?
川越シェフ監修のレトルト・パスタを食べたことがあるのですが、まずいとは言わないものの「所詮レトルト」という味。このティラミスも「コンビニ・スイーツにしては美味しい!」くらいなのかもしれませんね。

…な~んちゃって、食べられなかったので負け惜しみなんですが(笑)。

手に入らないとなると余計に欲しくなるのが人間の性(サガ)。
「美食アカデミー」の面々絶賛の味、是非とも食べてみたいものです。

またちょくちょく覗いてみよーっと。







ドラマ「Q10」



「僕が恋をした転校生はロボットだったー」


平凡な高校生・平太の前に突然現れた謎の美少女ロボット「Q10(キュート)」。
人間の世界を知らない無垢なQ10が投げかける疑問、巻き起こす行動に周りの人々は…!?



…という、このドラマ、主人公がロボットだったり、今をときめくアイドル佐藤健と前田敦子が主演だったりと、「何だか簡単に作ってんじゃないの~」と思っておりました…観るまでは。

いや~、意外と良かったです!!
「タケルがカッコイイ♪」とか「あっちゃん、可愛い♪」とかいうのを差し引いても、全然良かったです。

Q10がロボットであることによって起こるドタバタ劇なのかと思いきや、すごく独特なナイーブな空気感のあるドラマに仕上がっています。
Q10が平太の学校に転校生としてやってくるいきさつだとか、いかにもロボット然とした喋り方など、かなり無理無理な設定だらけなのですが、それが不思議とすんなりはまるのはこのおとぎ話のような空気のおかげなのかも知れません。

主演の二人も好演していますが、先生役の爆笑問題・田中や、薬師丸ひろ子など脇が非常に良く、これから多分ドラマの進行にしたがっていろいろスポットがあたる人が変わって行くと思われるのでそれも楽しみです。
とりあえず今回は平太の子供の頃からの病院友達(?)の役の男の子がすごく上手いな~、と思って感心しました。

公式HPを見てみたら、なんと脚本が「すいか」の木皿泉なんですね~。
そりゃ、私好みなワケだ(笑)。
まあ、ドラマは途中でどんどんダメダメになっていく事もあるので、最後まで見ないとわかりませんが、第1話を観たかぎりでは「名作ドラマ」になる予感…!!?
第1話を見逃した人は来週観てみてね~♪





CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。