スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万城目学「鴨川ホルモー」読了




ずーーっと前に古書店で買ったきり、読まずにいたのですが、
図書館が整理期間に入ってしまって読む本が無くなったので
読んでみました。
評判通り奇想天外なお話で、なかなか面白かったです。
万城目学は「鹿男あをによし」をドラマで見て、
かなり気になっていたのですが、
何故か読むことなく来てしまいました。
よく比較される森見登美彦と同じく京都の街がよく描かれていて、
地名を見るだけでもワクワクします。
アビーロード風の表紙も良いですね♪
森見さんよりは文章にアクが無くサラリと読めるところは
好き嫌いが分かれるかもしれません。
私は…真ん中くらいが良かったかな~(笑)。
新作「プリンセス・トヨトミ」ではいよいよ舞台が大阪ということですので、これは読まねばなりませんね!
映画「鴨川ホルモー」のDVDも、もうすぐ出るようですので、
レンタルしてみたいと思います。
観たらまた感想書きますね~。





スポンサーサイト

藤岡弘、の謎



今「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」を見ていて初めて気がつきました。


藤岡弘、の名前に「、」がついているという事実に。


「ええ~!何それ~!?いつから~???」と思ってWikiで調べてみたところ
またもやショーゲキの事実が…。

以下、Wikipediaより抜粋です。


(藤岡弘は)1984年にアメリカ映画の『SFソードキル』で、武道を通してかねてから関心のあった侍を演じることとなった。しかし手元に渡った台本を見ると、外国人が想像する「侍」は史実のそれと全く異なるものであった。戸惑った藤岡は、通訳を通して日本の伝統文化における侍の地位、役割を粘り強く説明。苦労の甲斐あって藤岡の演じる「侍」は各国で高い評価を得て、パリ国際ファンタスティック&SF映画祭批評家賞を受賞し日本人として初めて米国俳優協会の会員となる。その熱意に深く感銘した現地のスタッフも藤岡のことを「ヒロシさん」と呼び、敬意をもって接するようになったという。この出来事が切っ掛けとなり、「昔の武将は一度"、"を打って決意した。周囲に流されることなく立ち止まり自分を見つめる」という覚悟と「『我未だ完成せず』との意味を込めて」改名に踏み切った。映画の本場であるハリウッドという名前に流されれば史実と異なった侍を演じて誤解を招いてしまうかもしれないという自分の立場と昔の武将を重ね合わせたものであろう。一方で「、」にはてんでダメな男という意味もかけられているという(ゲーム雑誌「CONTINUE」のインタビューより)。

本人にとっては一つの大きな決心であったが藤岡自身が無理強いしなかったこともあって番組クレジットなどにも「、」が表示されることは殆どなく、一部のファンを除いてこの事実は知られなかった。しかしモーニング娘。などの台頭で藤岡の「、」も注目され次第に業界関係者に浸透しはじめる。当初はモーニング娘。の人気に肖ったものとの見方が多くを占めていたが2003年1月8日に関西テレビの『痛快!エブリデイ』に生出演した際、司会の桂南光に芸名について質問されるとそこに至る経緯を説明し句読点及び記号ブームの元祖は藤岡であることが公となり、それ以降は番組クレジットなどでも「、」が表示されるようになった。




なんとー、「、」が付いていたことだけでもビックリなのに、「モー娘。」より先に名前に記号を取り入れていたとは…!!
しかも『我未だ完成せず』なんて意味があるとはカッコいいですよね~♪
さすが藤岡隊長!!

他にも

真面目な藤岡だが、空港にあるカートをみると、つい童心に帰りキックボードのように蹴って走ってしまうというお茶目な所もある。

とか、

ロシアで誘拐された女性の話を聞き、救出しに行こうと本気で計画を立てるものの、武器となる日本刀を持ち込めないため計画は頓挫。しかしどうにかして持ち込めないか未だに思案中らしい。

などなど、本当かウソかよくわからないエピソード満載の藤岡隊長のWiki面白いですよ~♪ ↓

Wikipedia 藤岡弘、






突然!サバイバル



いえ、我が家が急にサバイバル生活に突入したわけではありません(笑)。
NHK教育で今日から始まったティーン向けの海外ドラマのタイトルです。

ロサンゼルスの高校生たちが、南太平洋でのエコキャンプに向かっていた。しかし乗っていた小型旅客機は、悪天候のため無人島と思われる孤島に不時着。突然、サバイバル生活を送ることになった! 水は?食べ物は?そして恋と友情のゆくえは?

というような内容で、本日放送分は飛行機の不時着から、波にさらわれそうになった飛行機をみんなで協力して引き上げるところまで。
登場人物のキャラクターもわかりやすく、物語のどこかで明らかになるであろう謎を秘めた人物も。
サバイバル物好きな私には楽しみなドラマが始まりました♪
リーダー格のネイサンを「ハイスクールミュージカル」で主人公の親友の役だったコービン・ブルーが演じていてなかなかいい感じです。

サバイバル物とはいっても、ティーン向けドラマなので、それほど深刻な話にはならないんじゃないかな~と思いますが、火曜日の夜に見るには気楽でいいんじゃないでしょうか。
これからの展開が楽しみです。

HAL-MODE FESTIVAL 2009


昨日は甥っ子の卒業制作を見る為に「HAL-MODE FESTIVAL 2009」に行ってきました。
大阪城ホールを借り切っての大きなイベントで、このフェスティバルのプロデューサーであるつんく♂やTHEポッシボーのステージも見れてなかなか楽しかったです。

とにかく人が多くて、人気のある作品のブースは並ばなくてはいけないため、あまり沢山は見れませんでしたが、全体に活気に溢れ自分が大学生の時の制作展とはえらく違うなあ~、と思いました。
学生さんの作品なんで、完成度はイマイチなものもありましたが、とにかく一生懸命に作っているのが伝わってきて好感が持てました。
授賞式はホール中央に作られたステージで行われましたが、ステージの周りを学生達が取り囲み、発表がある毎に「おお~っ!!」と大きな歓声があがり、まさに「フェスティバル♪」な感じで盛り上がっていました。

THEポッシボーは今回初めて知ったのですが、あんまり踊りまくらず歌をじっくり聞かせるタイプの女の子グループで、歌はまあいつものハロプロ風というか、私のようなおばちゃんが聴くと誰が歌ってても同じに聴こえるという…(笑)。
つんく♂はさすがに好き嫌いを別にして歌もMCも上手いなあ~、という感じでしたが、スパンコールぎっしりの衣装がとにかく光りまくりで、遠目に見ると「夜光虫にたかられた男(笑)」みたいな感じでした。

甥っこもお陰さまで何とか就職が決まり、卒制展も終えホッとしていることと思います。
残り少ない学生生活が充実したものになることを願っています♪








アルプス一万尺の謎



ネットサーフィンしている横で宿題をしていたチビが鼻歌まじりに「アルプス一万尺」を歌っていました。
「アルプスいちまんじゃ~く~、コヤギのう~えで~♪」



ちょっと待った~!!



「コヤギじゃないよ、小槍だよ!」と訂正すると、
「えっ、そうなの!?でも小槍って何?」
小槍…なんか槍みたいにとんがった山のことなんだろうな~、と、おぼろげに認識はしていたのですが、やはり子供に教えるとなると、ちゃんとした事を言わないと…と調べてみました。
すると……目からウロコのショーゲキの事実が…!!


まず、「アルプス一万尺♪」のアルプスは、あのハイジの住むヨーロッパのアルプスでは無く、日本アルプスのことなのだそうです。
1尺は30.3cmですから1万尺は3030mということで、これはまさに日本アルプスの標高のことなのだそうです。
「小槍」というのは「槍ヶ岳」の一部で、他に「孫槍」「曾孫槍」もあるとか…。
「小槍」自体は非常に険しい岩山でザイルを確保してのロッククライミングでないと登れないらしいです。
人一人が立つのがやっとの頂上で踊るなんて無理無理~!!ということですが、何かの企画で踊ったことがある、という情報もあり。

作詞者不明とされる歌詞はなんと29番まであり、

♪槍と穂高を 番兵において お花畑で 花を摘む ~…とか、

♪槍と穂高を 番兵に立てて 鹿島めがけて キジを撃つ ~…とかいう歌詞があるのですが、

この「キジを撃つ」「花を摘む」というのは、登山仲間においてはそれぞれ野糞をすること、女性が用を足すことの隠語なのだそうです。

以上、ひょっとしてご存知の方も多いのかもしれませんが、私は知らないことばかりだったので、「アルプス一万尺って深い~」と感激した次第です(笑)。
こうやっていらん知識ばかりが増えていくのね…。



奥水間アスレチックスポーツ



SW4日目はかねてからのチビの希望である「魚釣り」。
行きやすくて初心者でも簡単に釣りの出来るところ~、ということで調べてみたら「こんなん出ました~♪」

奥水間アスレチックスポーツ


大阪市内から車で約1時間と、手軽に行けるアスレチック場で貝塚市にあります。
アスレチックのコースは約1km、36のポイントを1時間ほどで回れ、規模は関西一と言われているそうです。
広い敷地内ではバーベキューや川遊び、ニジマス釣りも楽しめ、しかもレンタルが充実していて釣りもバーベキューも手ぶらでOKとのことなので、とりあえず焼きそばの材料だけ買ってGO!

8時前に出発したので、高速も混んでおらず快適にドライブ。
9時前に迷うこともなく到着しましたが、すでに開門を待つ人達の行列が!!
(また行列かよ~)
並んで待つ間にパラパラと小雨が降って嫌な感じですが、
何とか昼過ぎまで持って欲しい!

9時の開門と共に、入場券を買い、次々とお目当ての場所へと移動していく人々。
初めてでどうしていいのやらさっぱり分らない私達もとりあえず、人の流れに乗って行きます。


okumizuma1.jpg
okumizuma2.jpg


入り口すぐのところにレストハウスがあり、ここでいろいろレンタル出来ます。
食材込みのバーベキューセットもあるし、用具も軍手、トングまで細かくレンタルできるようになっています。
レストハウスのすぐ横にもバーベキューコーナーがあるので、小さいお子さんがいてあまり移動したくない方でも大丈夫です。
…っていうか、ベビーカー押しながらガシガシ山の奥へ進んでいくお母さんも結構いて驚きました(汗)。


我が家はもう少し奥に行ったところに陣取り、バーベキューセットと釣り道具をレンタル。
「釣り、釣り!!」と大騒ぎのチビは早速オットと共に釣りに出かけます。
残された私はというと…。
ヒマ~。
めっちゃヒマ。
こんなことなら本でも持ってくりゃ良かったよ。
仕方ないので周りの人達をウォッチングして過ごしましたが、
私が林真理子なら短編小説の2、3編は書けそうなくらいでしたね(笑)。
いや~、人生いろいろ。

2人が釣りから帰ってきたので、バーベキューと焼きそばを作って食べましたが、やはり自然の中で食べると美味しいですね!


本日の釣果。ニジマス一匹。ちっちゃ~!!
okumizuma5.jpg



食後一息つくまもなく、今度はアスレチックに繰り出すチビとオット。
ご苦労様です~。

アスレチックのコースは山の自然を利用して作られている為に、登り下りが激しく、歩くだけでもかなり運動になりますよ~。

okumizuma4.jpg


帰りの道の込み具合や、前日、前々日の疲れが溜まっていることもあり、この日は早々に店じまい。
まだ続々とやって来る人達を尻目に、アスレチックスポーツを後にしました。

この日は行きませんでしたが、近くには日帰り入湯できる温泉も何箇所かあり、余裕があれば一風呂浴びて帰るのもいいな~、と思います。

オトナ800円、子供600円と、入場料も安いし、駐車場は無料なのがいいですね。
バーベキューはちょっと高いので、出来れば食材は持って行くほうが良いと思います。
これからどんどんいい気候になってくるのでおススメですよ~。




兵庫県立美術館「だまし絵ーアルチンボルドからマグリット、ダリ、エッシャーへ」

SW3日目、前日の「なんちゃってアウトドア」で少々疲れたので、今日はインドアで行こう!とういうことで、義母も誘って兵庫県立美術館で開催中の「だまし絵」展に行ってきました。
HPなどを見ると「祝祭日はとても混むので公共機関で来てね~」とか「券売所も混むから前売り券買ってきたほうがいいよ~」とか書いてあって、かなり混んでいるだろうな、とは思っていました。

…思ってはいたのですが、これほどとは!!
広い広~い建物の中を沢山の人達がグルグル~っと取り巻くように行列しています。
こう行って、ああ行って、もうどこからどこまでが行列なんだかさっぱりわかりません。

「もしかして今日は兵庫県民はタダとか!?」

「みんなそんなに騙されたいのか!?」

いろいろ頭の中を駆け巡りますが、とりあえず「メシだ!」ということで、美術館併設の海の見えるオシャレなレストランへ。

…当たり前ですが、ここも行列でした(泣)。

待つこと30分ほどで座席に案内され、いつもよりちょっとお高い目のランチを戴きました。
とーーーっても美味しかったです♪

お腹も一杯になったし、いざ出陣!!
レストランの待ち時間に偵察はしていたものの、並んでみるとうんざりするくらいの行列です。
全貌が分らないのであとどれくらいで入場できるのか分らないのはちょっとストレス。
目安だけでも表示して欲しかったですね~。(結局1時間待ち)
仕方がないので腹を決めて、並びながら安藤忠雄による素晴らしい建築を楽しむことにします。
ここ兵庫県立美術館は日本を代表する建築家、安藤忠雄氏の設計による美術館で、見どころがいっぱいです。
一番心配だったチビも最近はちょっとお姉ちゃんになったのかぐずりもせずに並んでくれました。

そしてようやく入場!!
今回の展覧会は「だまし絵」がテーマなので、絵をパッと見るだけではなく色んな方向から見たり、説明を読まないと見所が分らなかったりして、一枚一枚の絵を見るのに時間がかかります。
一番最初の展示作品がポスターにもなっているアルチンボルドの野菜、果物で出来た肖像画です。

arutinnborudo.jpg

ポスターでもインパクト大でしたが、やはり本物はスゴイですね~。
めっちゃグロテスク!!(笑)。
チビは怖がってました。
ダリ、マグリット、エッシャー…と、海外の有名な作品と共に、日本のだまし絵も展示されています。
歌川国芳「みかけはこはゐがとんだいゝ人だ」は確か探偵ナイトスクープで本物の人間で再現した絵じゃなかったかな~、と思います。
石田探偵のデビュー作だったような…うろ覚えですが。

kuniyosi.jpg

そして一番面白かったのがパトリック・ヒューズの錯覚を起こさせる作品。
これは大人気でしたね~。
この人の作品は時々テレビなんかでも紹介されてたりするのでご存知の方も多いかもしれませんね。
私も何度か見た作品でしたが、本物は不思議感倍増です!
画像が見つからなかったので、公式サイトでお楽しみ下さい♪↓

パトリック・ヒューズ公式サイト


最後に本物の風景をまるでミニチュア模型のように撮ってしまう本城直季の作品。
写真集は持っているのですが、本物を見たのは初めてで、これも迫力がスゴイです。
こんなに大きくなってもやっぱりミニチュアにしかみえないのが驚きです。

honnjou.jpg
↑この写真はちょっとわかりずらいんですが…。

今日はインドアで気楽に行こう!と出かけたのに、行列行列で疲れましたが、
内容的には十分納得、満足の展覧会でした。
会期はまだかなりあったと思いますので、興味のある方はぜひ♪

帰りに東梅田の駅前に「海遊館120分待ち」の表示を発見!
やっぱりこの日はどこへ行っても行列だったみたいですね~。
皆さんお疲れ様です!






赤川仮橋を渡る


SW2日目となる日曜日、前日夜に赴任地より帰ってきたオットとチビと3人で淀川河川敷までチャリンコで行ってきました。
先日一人で散歩した時と違って、さすがに人が多いです。
テニスコートの横のベンチに陣取り、チビはインラインスケート、オットはその専属カメラマン。
そして私はというと、以前より一度渡ってみたいと思っていた「赤川仮橋」を渡ってきました。

この「赤川仮橋」というのは淀川に架かる城東貨物線淀川橋梁、
通称「赤川鉄橋」の片側の木造の橋の事です。
赤川鉄橋は複線の幅を持つ橋ですが、現在下流側の単線で運行してます。
余った上流側のスペースには、自転車や歩行者の専用橋として木造の赤川仮橋が架かっており、これは2018年(平成30年)予定のおおさか東線(北梅田 - 放出)の開業により複線化の時には取り外されることを想定して簡単に撤去できる木で出来ているのだそうです。
渡るときに「ギシギシ」いったりするのがなんともいえず「え~味してるなあ~」という橋です(笑)。

akagawa1.jpg


この日は「みずウォーク」というイベントが行われていたらしく、上流のほうから次々と人がやって来ては赤川仮橋を渡っていきます。

akagawa2.jpg


河川敷から見るより、かなり長い橋です。

akagawa4.jpg

写真ではイマイチ写っていませんが、水面がキラキラと光ってとてもキレイでした。

akagawa5.jpg

向こう岸の土手を走っていた野球少年(?)たちが橋を渡りながら、「橋の端まで走るぞ~!!」と叫んでいたのが面白かったです。

akagawa6.jpg

大学のボート部もこの日はゆったりした感じで練習していました。

akafawa7.jpg

行って帰って20分くらいかかったでしょうか。
ちょっとしたショートトリップ気分でした。


結構日に当たっているだけでも疲れたので、夜は体力増強の為焼肉屋へ。
京橋の「松井」、いつ行っても美味しいです♪
くう~っ!!



レッドブルレーシングin大阪城

昨日の記事にも書いたレッドブルレーシングチームのF1カーデモ走行を観に大阪城公園まで行って参りました。


この時期の大阪城公園はもともと人が多いのですが、やはり今日はめちゃくちゃ多いです。

redbullooska1.jpg


梅林の横の坂を通って玉造門まで行きましたが、もう人が一杯で移動できそうに無かったので、このあたりに陣取ることにしました。
この時点では、まだ道路は移動できる状態です。

redbullooska2.jpg


走行コースは玉造門から桜門を通って大手門のあたりまで。
コースの両側はすごい人だかりです。

redbulloosaka3.jpg


走行予定時間になってもなかなか車が来ません。
MCのFM802久保田コージとFMCOCOLOのお姉さんが頑張って時間つなぎをしていました。
ピットの様子をお姉さんの方が実況していたのですが、「ピットの様子はどうですか~」と聞かれて、「エンジンが少しかかっている状態で~す」と答え、「少しって…なんかエンストみたいですね~。かかってるんですか、かかってないんですか~?」「…かかってませ~ん」みたいな感じで可笑しかったです。もうちょっと車に詳しい人を派遣しろよ(笑)!


レッドブルのF1ヘリも飛んでました。

redbulloosaka4.jpg



あたりを見回すとベビーカーを連れたヤンママ、赤ちゃんにオッパイをあげるお母さん(!)までいて、
F1人気って幅広いのね~、と驚きました。
そうこうしているうちにやっと爆音が聞こえてきました。



グオングオングオ~ン!!




よっしゃあ~!!と、カメラのシャッターを切り、すぐさまデジカメの画像を確認!





redbulloosaka5.jpg



何にも写ってないし!!デビッド・クルサード速すぎっ!!

家から40分ほど歩いて、30分待ってこれかよ!と思いましたが、クルサードさん戻ってきてくれました。


よ~し、今度こそ!!


redbulloosaka6.jpg


……。
ま、ちょっとだけでも写せて良かったです。


桜門のあたりではドーナツスピンとかも披露していたらしく、そのことがアナウンスされると前にいたオタクっぽいお兄さんが「だから、あっちに行っとけばよかったのに~」と地団駄踏んでいました。
車を降りてからは詰め掛けたファンに次々に一生懸命サインされていたそうで、クルサードさんっていい人ですね~。


このあたりでさすがに疲れたので天守閣の広場のほうに移動することに。
移動する途中、イベントカーの前でDJの久保田コージはっけ~ん!!
あきらかにカタギとは思えない肌の黒さと服装。
マーキーやヒロTがおっさんなのは知ってましたが、久保田コージはもっと若いのかと思っていました…(笑)。

redbullooska8.jpg

リトルターンさんのリクエストにお答えして、イベントカーの前面写真です。
写り悪くてすみません…。
redbullosakanew.jpg


人ごみを掻き分け無事天守閣に到着、売店でソフトクリームなんかを食べていると、またワイワイ人だかりが!
あわてて行ってみると、天守閣前でイベントがあるらしく、マシンを移動してきているところでした。

redbullooska9.jpg
redbullooska10.jpg

昨日秘密基地で見かけた方たちだと思いますが、メカニックさん(?)かっこいいですね~。

この後天守閣前ではタイヤ交換デモとかクルサードさんのインタビューとか、いろいろあったようですが、義母とチビ連れでさすがに疲れたので、このあたりで大阪城を後にしました。
F1とかには全然興味の無い私でしたが、今日のイベントはとても楽しかったです。
ファンの人達の興奮具合も伝わってきて、F1の魅力が少し分ったような気がします。
また機会があれば行ってみたいですね!!







犬も歩けば

初日に無理して筋肉痛になり、すっかりやる気の無くなった「散歩」ですが、寒くなってきたらもっとやる気が無くなるのは目に見えているので、やはり頑張れるだけ頑張っておこう!と、今日も出かけてきました。

今日出かけたのは大阪城公園で、大阪城まで自転車で行って、お堀の周りをぐる~っと歩いてこよう、という計画でした。
…が、桜門のあたりまで自転車で行っただけでギブ!
いや、もう、坂がね~。
去年あたりは大丈夫だったんだけど、今年はキツイわ~。

今日大阪城に行ったのにはもう一つ理由があって、明日あるレッドブルイベントの下見をしておこうかな~、と思ったからなのです。
どの程度の規模のイベントなのか、行けば見れるものなのか、前日ならひょっとして会場設営してるかも~…と思って行ってみたのですが、全然な~んにもありません。
「明日あるよ~」とか看板くらいあっても良さそうなものなのですが。
「本当に明日やるのかな?」などと思いつつ、せっかくここまで来たついでに近くの美味しいパン屋さんで昼ごはんを買って帰ろう~、と自転車を走らせていたところ、目の前に派手~な車が!!


redobull1.jpg

いや、待て、ちょっと、これ、「レッドブル~!?」
ということで、ちょっと失礼、中を拝見。

redbull3.jpg

じゃ~ん! レッドブル秘密基地はっけ~ん!!


redbull4.jpg

いや、こんな派手な車前に停めて「秘密」ってこたあないか(笑)。

あんまり写真撮れなかったんですが、メカニックの人(?)とかがすごい真剣な顔で話し合ってたり、歩き回ってたりして、カッコよかったです。
コーフンしてちょっとパンを買いすぎてしまいました(笑)。

帰りに期間限定の府庁前オープンカフェを覗きに行きましたが、まだ昼前だったためかガラ~ンとしていて、さすがの私も一人でお茶する気になれず写真だけ撮って帰ってきました。

fucyou.jpg

しんどくても出かけるとやっぱり楽しいですね~。




水都大阪2009 その2


すみません。
「その2」って言っても、他に会場レポートがあるわけじゃないんですが、昨日の記事で紹介し忘れたものがあるので…。
大阪とか周辺にお住まいの方、ニュースで見られた方なんかはご存知でしょうが、もし知らない方がいたらぜひ見ていただきたいと思い、今さらですがご紹介いたします。


「水都大阪2009」ポスターです







suitoposter.jpg

左が平松大阪市長バージョン、右がご存知、橋下大阪知事バージョンです。
いや~、やりますねえ。
このポスターだけでも大阪の意気込みが伝わってきます!






水都大阪2009

昨日散歩がてら、水都大阪2009に行ってきました。
行ってきました、って言っても、入場無料の会場をダラダラ~っと散歩してきただけですが(笑)。

水都大阪2009は2009年8月から大阪で開催される「川」をテーマとしたイベント・プロジェクトで、大阪全体を会場に、アートあり、体験プロジェクトあり、様々な催しが行われています。
以前から会場近くを通ったりしていたのですが、会期が~11/12と長く、「いつでも行ける」という気持ちからなかなか足が向きませんでした。
が、このところ残暑も去り、気持ちのいい日が続いているので「そろそろ行ってみようかな~」と思い立って行ってきたわけです。


自転車で天満橋まで行き、シティモールの駐輪所に停めて八軒家浜に。


天満橋から「巨大アヒルちゃん」が見えてきます。
suito20091.jpg

かなりデカーイ!!
お客さんにも大人気で、記念撮影する人が多かったです。
suito2.jpg

ここは水陸両用タクシーバスの乗り場なのですが、隣にはカヌー体験コーナーも。
suito3.jpg

水陸両用タクシーバス。
suito200926.jpg


八軒屋浜から中之島会場へ。
中之島公園の端っこのは大量の風車が風に吹かれて気持ちよく回っています。
suito4.jpg

中之島からアヒルちゃんを望む。
suito5.jpg

中之島会場には様々な建造物があります。
suito6.jpg

suito8.jpg

砂場に大阪城登場!!
suito7.jpg

ヤノベケンジの「ラッキードラゴン」。
口から火を噴いたり、翼を拡げたり出来るそうですが残念ながら見れませんでした。
suito200910.jpg

ペットボトルなどリサイクル品を使って作った恐竜。
suito200912.jpg

こちら、魚の巨大オブジェはすべて淀川から出てきたゴミで出来ているのだそうです。
suito200924.jpg

こちらのオブジェはクリーニング屋さんでくれるハンガーで出来ています。
これは遠目に見るとなかなかキレイでした。
suito200925.jpg


suito200917.jpg


全体にあんまりお金が掛かってない感じで、大学祭を思い出しました(笑)。
イベント等に参加すれば、また印象が違っていたのかもしれません。
しかし、八軒家浜から中之島の会場あたりは数年前と比べると驚くほどきれいになっていて、大阪のウォーターフロント再生に賭ける意気込みを感じました。
よそ様のブログなどを拝見すると、夜のライトアップが良さげなので、今度は夕方から出かけてみようかな~、と思います。








エデンの東、おでんの西



今日の我が家の夕飯はこの秋冬初めての「おでん」です。
思い立ったのがお昼に買い物に出た時なので、一から作ると味の浸みがイマイチということで、今日はレトルトをベースに出汁は味付け直して、具を足して。

我が家のおでんのマストアイテムは「たこ」です。
何が無くとも「たこ」は入れたいですね~。
あと、私個人としては玉子が大好きなので、人数分プラスαで作ります。
翌日食べる味の浸みた玉子の美味さよ~♪

あと、おでんもしょっちゅう食べているとちょっと飽きてくるんですが、
そんな時にはおでんに付けて食べるカラシを柚子胡椒に変えるとあ~ら不思議!
ちょっと上品な小料理屋さんで出てきそうな味になります。
これはなかなかイケますので、興味のある方はぜひ一度お試しください♪



午後の妄想




「けろだくさん」でお馴染みのたまりかさんがブログでご自身の「妄想」を書いておられたので、ワタクシもちょっと自分の「妄想」を書いてみたいと思います。
たまりかさんのと違って、私のは99.9%実現不可能なまさに妄想なのですが…。


ちょっと前からTVで放映されているレガシーのCM、ロバート・デ・ニーロが出演しているヤツがありますよね。
あのCMがすご~~~く好きなんですよ。
音楽もいいし、風景もいいし、何しろデ・ニーロが素敵!!

で、もって「ああ、あの車の助手席に乗って、あの道を一緒にドライブした~い!」というのが私の夢なのです。

助手席側のドアをデ・ニーロが私の為に開けてくれて、乗り込む。
シートベルトを締め、車が発進する。
デ・ニーロが私に声を掛ける。
「寒くないかい?」

…と、ここで妄想がストップ。
デ・ニーロだよ?
しゃべるとしたら英語かイタリア語だよね?
いや~ん、無理無理!!
絶対無理!

妄想なんだから自分も英語ペラペラってことにしとけばいいんですが、
何となく細部にはこだわってしまうんですよね。

そこで考えたのが…

戸田奈津子に後部席に乗ってもらう!!

という作戦です。
まあ、色気はありませんが、おしゃべりには困らないし、
映画の話なんかも聞けていいかも!

いや、でもこれマジでず~っと考えてるんですよね。
CM見る度に。

たまさま!たまさまの妄想なんて私のに比べたら全然実現可能です!!
ぜひ大分行ってきてください!!
お金は出せないけど、応援してます(笑)♪


第813回「最近、歩いてますか?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です! 今日のテーマは「最近、歩いてますか?」です。 せかせかした世の中、ゆっくり歩くのっていいですよね。水谷は、パソコンに向かう機会が多いので歩くことが少なくなっています。でも、水谷は、たまに歩いて帰宅しています。仕事場から、距離は10km以上あるのですが石..
FC2 トラックバックテーマ:「最近、歩いてますか?」



おー、なんてタイムリーなトラバテーマなんでしょう!!
実は今日「たまには歩くか!」と思い立って、歩いてきたところです。
家を出てから帰るまで、ちょうど2時間ほどの長い散歩。
日頃の運動不足が祟ってか、夜になって調子が悪くなってきました…とほほ。


今日歩いて来たのはウチの近所の大川を遡ったところにある毛馬の水門から淀川の河川敷を城東区方面。
まさに「天高く」といった感じの空でした。

yodogawa1.jpg


yodogawa2.jpg

ここは「北大阪周遊自転車道」でもあります。

yodogawa3.jpg

土手の上を歩いているとスピッツのロビンソンを思い出します。

yodogawa4.jpg

近所の幼稚園児たちが運動会の鼓笛隊の練習をしていました。
先生たちの怒号が響いて結構おっかなかったです。
頑張れ!園児たち!!


yodogawa5.jpg

道端にキレイな花も咲いていました。
このまま涼しく過ごしやすい日が続くといいなあ~。









ウィークエンドおうちシアター「アヒルと鴨のコインロッカー」


原作を読んで以来ずっと観たいと思っていた映画をやっと観ました。
伊坂幸太郎原作「アヒルと鴨のコインロッカー」。

未読の方の為に詳しくは書きませんが、この小説にはある仕掛けのようなモノがありまして、そのあたりをどのように映像化するのか、というところに非常に興味がありました。
実際に観てみると、「なるほど、そうか。そんなに難しく考えることも無かったか。」という感じで拍子抜けしたわけですが(笑)。
伊坂ワールドの持つ空気感とか、そのあたりもかなり上手く表現出来ていたんじゃないかな~、と思います。
観終わって、久々に何ともいえない胸を締め付けられるような切ない気持ちになりました。

主演の瑛太がとにかくカッコイイですね!!
今まで「変わった顔の男前だなあ~」くらいにしか思ったことなかったんですがちょっとクラクラくるくらい、この映画の瑛太はカッコ良かった!!
前半と後半の演じ分けもすごく良かったです。

あと、椎名役の濱田岳。
最初小説を読んだ時のイメージとかなり違ったんで「え~」と思ったんですが、
観終わってみて「この椎名しか考えられない」と思えるくらい良かったです。
どっかで見た顔だな…と思ってたら「太陽と海の教室」に出てたんですね。
吉高由里子目当てにちょっと観ただけのドラマだったんで覚えていませんでした…(汗)。

とにかくこの2人が良かったんで、共演の松田龍平、大塚寧々、関めぐみちゃんが、いいんだけど、まあ普通…くらいに思えてしまいました。
関めぐみちゃんは一途な感じはとても良かったんですが、もう少し普通の子がいいというか、顔もスタイルも良すぎる感じでした。

あとボブ・ディランの「風に吹かれて」が非常に効果的に使われていて、「ああ、この曲って本当にいいな」と改めて思いました。
ボブ・ディランといえば、先月ネットのニュースで、「街を歩いていて警官に職務質問されて『俺はボブ・ディランだ』と答えたが、20代の警官2人はボブ・ディランの事を知らず身分証の提示を求められ、目的地まで同行された」という話を読みました。
「神様」も若い人には「ただの人」なんでしょうかね~。
ちょっと淋しい話です。







古風な女


ぴん栗さんのブログを見て、早速私も白戸家のお兄さんに似顔絵を描いてもらってきました。


softbank.jpg

おほほほほほ…いかがかしら?
私って意外と古風な女なんですの♪
口のあたりがちょっと赤塚不二夫チックなのもまたイケてるでしょう?




浜寺公園でマッハGO!




一昨日の日曜日、出張絡みでオットが帰っていたのでどこかへ遊びに行こう!ということになり、浜寺公園に行ってきました。

途中旅気分を味わうため(?)、大したことない距離(3駅)をわざわざラピートに乗って行きましたが、かなり意味の無い無駄使いだったかも…(汗)。

しかし、浜寺公園は良かったです。
駅には駅員さん以外人っ子一人おらず、のんびりムード全開でした(笑)。
公園内には結構親子連れがいましたが、公園が大きいのでちょうどいい感じ。

何箇所かある遊具広場をはしごしつつ、お目当ての交通公園へ。
ここには小さいけどゴーカートのコースがあるのです!
チビはオットと2人乗りのカート、私は一人乗りのカートに乗ってレッツGO!
いや~、ゴーカート、思っていたよりかなり楽しかったです。
肝心のチビは一周目はオットにアクセルをまかせ、2周目は一人で運転したのですが、相当びびったみたいで、横からオットが撮影した動画を後から見るとずっと叫びっぱなし…。
オトナになって「免許取りたい」と言い出したらこの動画を見せたいと思います(笑)。

帰りに新今宮で途中下車して新世界でお茶をしました。
…と言っても、新世界ってほとんど串カツ屋さんばっかりなんですね~。
唯一見つけたレトロ喫茶でホットケーキを食べました。でもって、お土産屋さんで義母が欲しいと言っていた「ビリケンさんグミ」を購入。


写真はわかりにくいですが、ビリケンさんの形の3色のグミがとってもかわいいのです♪
birikenn2.jpg

biriken1.jpg

ついでに、「マヨおかき」と「ぽんマヨ」も購入。
「マヨおかき」はいけましたが、「ぽんマヨ」は酸っぱさがきつすぎてちょっと…という感じでした。
どちらかというとこちらに期待していたので残念!
ponnmayo.jpg



お菓子ついでにオットが買ってきてくれたお土産も紹介。

童謡「赤い靴」がモチーフのクッキー。
akaikutu.jpg

ブルー系で統一されたキュートなマーブルチョコ♪
中身も青、水色、白、の3色でめっちゃオシャレ。
味はフツーのマーブルチョコでした(笑)。
choco.jpg

今我が家には他にも義母が買って来た「たこ焼きせんべい」、同じく義母が「阪神の地下で行列してたから並んで買ってきた」という「ガトーフェスタハラダ」のラスク…なんぼお菓子があるねん!!
これで痩せようというほうが無理ですね、ハイ。








第808回「温泉は好き?」



こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「温泉は好き?」です。子供の頃、温泉ってどーーにも好きになれませんでした。お風呂なんて家ではいればいいと思っていたし、知らない他の人と共用なので気を遣わないといけなかったりであんまり行きたいな~と思ってませんでした。ところが・..
FC2 トラックバックテーマ:「温泉は好き?」




好きです。

大好きです。

一度行ってみたい温泉は群馬県の宝川温泉。

日本一巨大といわれる露天風呂。

いいな~。






第806回「好きな駄菓子はなんですか?」



こんにちは!トラックバックテーマ担当本田です!今日のテーマは「好きな駄菓子はなんですか?」です。最近駄菓子屋さんというお店はほとんど見なくなってしまいましたが、コンビニエンスストアや、スーパーなどのお菓子売り場でよく駄菓子を見かけるようになりました。遠足のおやつ200円と言われた時など、駄菓子が大活躍したこと・..
FC2 トラックバックテーマ:「好きな駄菓子はなんですか?」




それは…


「満月ポン」です!


manngetuponn.jpg


CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。