スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の習い事



今小学3年生のチビは3つ習い事をしています。
幼稚園の時から行っている体操教室、小学校に上がってから始めたスイミング、そして去年から始めた英会話です。
習い始めた当初は「今日はどんなこと習ったの?」などと色々聞いていたのですが、最近様子を全然聞いていなかったので、「そういえば、英会話で最近どんな単語習った~?」と何気なく聞いたところ、「う~ん…スメリーソックスかな。」と言うので、「え?」と聞きなおすと、「Smelly socks、臭い靴下!」と言うのです。
どのような状況下でその言葉が出たのかはわからずじまいでしたが、なんだか面白いですね。
今度ちょっと見学させてもらおう~っと(笑)。



スポンサーサイト

インシデンタル・アフェアーズ/うつろいゆく日常性の美学




今日は天保山のサントリーミュージアムに行ってきました。
「インシデンタル・アフェアーズ/うつろいゆく日常性の美学」というタイトルの現代アートの展覧会です。
タイトルはなんだかちょっととっつきにくい感じですが、結構面白かったです。

約1700個ものデジタルカウンターを壁一面に配した宮島達夫の作品は圧巻。
ず~っと見ていたい感じでしたが、チビを連れていたのでなかなか自分のペースで見れないのがちょっと残念でした。

一見普通の写真に見えて、そこに写されているものは全て作家自身が紙で実物大に作った模型…というトーマス・デマンドの作品は、ぜひ一度本物を見ていただきたい。
ただただ、驚きです!!

そして、不思議なやすらぎを感じるさわひらきの映像作品。
巨大な三面スクリーンの中に映し出された部屋を旅する小さな木馬たち。
ゆらりゆらり、ふわりふわり、とした感触は例えるものが思い浮かばない。

こんな天気のいい日に、あまり混んでいない美術館で過ごすというのもなかなかいいなあ~、と思います。


tennpouzann.jpg





第724回「うがい・手洗いはしていますか?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当加瀬です。 今日のテーマは「うがい・手洗いはしていますか?」です。季節に関係なく、バイ菌や風邪の菌は常に飛び交っています。だんだんと温かくなってくる季節ですので、外出する機会も増えてくるかと思います。病気を未然に防ぐ為にも、うがいや手洗いは必ず行った方が良い...
FC2 トラックバックテーマ:「うがい・手洗いはしていますか?」




小学校低学年の子供がいますので、規範となるべく外出から戻ったら必ず手洗い、うがいはしています。
が、子供のほうは口を酸っぱくして言い聞かせてもなかなかキチンとやらないですね~。
ごはん前の手洗いもパパッと手を濡らす程度で誤魔化そうとするので、匂いチェックしてやり直しさせたりして、なかなか大変です(笑)。
習慣付ければ、ちゃんとしないと気持ち悪くなるんですけどねー。

ウィークエンドおうちシアター「カンフーパンダ」




山奥にある安住の地「平和の谷」に住むパンダのポーは父親とラーメンの店を営む、おデブのカンフーおたく。
ひょんなことから最強のカンフー戦士「龍の戦士」に選ばれ、憧れのカンフー戦士達であるマスター・ファイブと共にシーフー老師のもとで修行することになる。
時を同じくして、「龍の戦士」にに与えられる「龍の巻物」を狙い、凶悪なカンフーの使い手タイ・ランが鉄壁の警備を誇る刑務所を脱獄する。
タイ・ランを止めることが出来るのは龍の戦士だけ。
果たしてポーは修行に耐え、平和の谷を守る戦士になることが出来るのか!?




いや~、実はこの映画全然期待してなかったんです。
主人公がパンダなのにかわいくないし(笑)。
ロードショーの時にはチビに観に行きたいとせがまれても、どうしても行く気になれませんでした。
今回のDVDもオットが借りてきたものの、「チビと2人で観たら~」と別室に行ってしまうし、私は夕飯の片付けをしながら片手間に見ていたのですが…。

これが、なかなか面白いんですよね~。
最近はちょっと食傷気味だったCGアニメですが、舞台が中国(?)ということもあって、なかなか新鮮。
カンフー・アクションはジャッキー・チェン指導ということでさすが!の仕上がりです。
肉まんを取り合ってカンフーの技を次々繰り出すシーンに子供は大喜び。
良かったのは亀の老師が桃の花びらに包まれて旅立つシーン。
今まで何百本と映画を観てきましたが、その中でも心に残る美しいシーンだったと思います。(ちょっと褒めすぎ?)
テーマである「自分を信じること」。
これもアメリカ映画にはよくあるテーマですが、この映画ではすんなり心に入ってくる感じがして良かったです。

最近は「何でも観てやろう!」と思っていた若い頃と違って、ピンと来ない映画にまではなかなか手が回らない状況ですが、食わず嫌いしてるといい映画を見逃してしまうな、と再認識しました。
今年はなるべく沢山映画を観るようにしたいと思います。






豚インフルエンザ



メキシコ市を中心に豚インフルエンザの人への感染が多数判明したそうです。
国内で感染の疑いがある死者が68人、患者が1004人に達したとの発表です。

メキシコ政府は首都の学校の休校措置に加え、図書館や博物館、劇場などの閉鎖を決定したそうで、メキシコ在住イケメン日本男子のtspさんもブログで大学が休校になったことを書かれています。
実際にこういう状況をブログで見るとすごくリアルに感じますね。


豚インフルエンザの人への感染は米カリフォルニア州などでも確認されており、世界保健機関(WHO)は、感染状況の深刻度を評価するため、世界の専門家で構成する緊急委員会を25日に開くそうですが、WHOは新型インフルエンザの大流行に備えて6段階に設定されている警戒水準を、現行の「3」から「4」へ引き上げることも検討しているそうで、事態はかなり深刻かもしれません。

しかし、タミフルやリレンザは有効との意見もあり、いたずらに大騒ぎせずに事態を見守ることが大切かと思います。
各国政府が素早く対応して、被害が広まる前に上手く封じ込めてくれますように。






スネークマンショー



草なぎ君の記者会見を見ました。
なんか痛々しかったですねえ~。
一応釈放されたとはいうものの、処分保留で在宅での取調べは続くとか。

抵抗さえしなかったら、注意だけで帰宅できたかもしれないくらいの事で、普通ここまでするんでしょうかねー?
薬物反応もないのに家宅捜索とか。
警察のことはよくわからないですが、ちょっと不思議です。



今回のことでふと思い出したのがスネークマンショーのコント。


彼らのファーストアルバム「スネークマンショー」の中に収められているコントで通称「ポール・マッカートニー取調室」というのがあるのですが、これはコンサートのために来日したポール・マッカートニーが大麻所持で逮捕されたのを皮肉ったコントで、
ポールを取り調べる麻薬捜査官の菊池のもとに、マッカートニーのサインを求める先輩や上司から
次々と電話がかかってくるという設定。



憲兵のように居丈高にポールを恫喝する菊池。
そこに上司から電話が…。

「あ、これは部長。はい、カツ丼くわせたら美味そうに食べてました(笑)…え?あ、3枚ですね。わかりました」ガチャリ(電話を切る)

「お前も、馬鹿なことしたな…ほれこれにサインしろ」

「イ、イエス」

「あと、2枚だ」

「イ、イエス…」   

…ってな感じで、どんどんサインさせていくんですよね~。


草なぎ君もいっぱいサインさせられてたりして。









SMAPの草なぎ剛が!!

今「スッキリ!」見てたら「SMAPの草なぎ剛が公然わいせつ罪で逮捕!」だと。

えええええーーーーー!!うっそおーーーーー!!

いや~、またなんかの宣伝かなんかでしょ♪…と思いつつ見てたら、どうも本当らしい。
公園で酔っ払って全裸の男が騒いでる、って通報されたらしいです。
…酔っ払いか~。
まー、悪質な犯罪って訳じゃないから……良かった……
というべきか……いやいや。
まあ、罪名の衝撃度に比べるとトホホな感じですね。
でもなんで一人だったんだろう?
そんなに前後不覚になるまで酔ってたんなら、
誰か付いててやれよ~。
池に落ちて死んだりしてたら怖いじゃんねー。




タイムスクープハンター



NHKの火曜深夜にやっている「タイムスクープハンター」という番組が面白いです。


これは「NHK番組たまご」という実験的単発特別番組枠から生まれたもので、昨年秋に放映され好評だったためレギュラーとして放送されることになったようです。


内容はというと、

未来に存在するタイムスクープ社。タイムワープ技術を駆使し、あらゆる時代に時空ジャーナリストを派遣。人間の営みを映像で記録アーカイブしている。その会社に所属する「タイム・スクープハンター」沢嶋雄一は様々な時代に飛び、歴史の表舞台には出ることの無い名も無き人々の真実をスクープし続けるのであった。

…という設定で、要潤演じる澤嶋雄一が、毎回テーマの時代に飛び、手持ちカメラ(もちろん未来の♪)で撮ったドキュメンタリー映像という趣向の一種の再現ドラマ(?)みたいなものです。


これまでに「“忍者”その真の姿とは」「江戸同心24時」「戦国救急救命士」「お氷様はかくして運ばれた」の4本放映されていますが、私が見たのは後の2本。
初めて見た「戦国救急救命士」の時は、オットがザッピングしていてたまたま見たのですが、あまりにヘンな雰囲気にビックリしてしまいました。「クローバーフィールド」みたいな臨場感のあるドキュメンタリータッチで撮っているのですが、画面はブレブレだし、汚い武士達に交じって要潤は未来人の格好してるし、すごく妙な感じです。


昨日放映の「お氷様はかくして運ばれた」は、昨秋実験的に放映された記念すべき第一回の再放送という事で、なかなか力が入っていて面白かったです。
江戸時代に将軍家への献上品として金沢から江戸まで氷を運んだ飛脚たちの真実をスクープ。
要潤以外は全然知らない役者さんばっかりですが、お尻丸出しのふんどし一丁で大熱演。
「もう少し彼らに付いて行きたい気もしたが、取材に深入りは禁物。ここで彼らと別れることにした。」みたいな終わり方もクール(笑)でカッコイイです!!


そして来週のタイトルが「落武者脱出行」。
「戦国時代、落武者はいかにして戦場を脱出したのか!?」ということで、いや~、これまた面白そうですね。
私の貴重な睡眠時間を削ってくれるNHKさん、これからもどんどん実験して面白い番組作ってください!♪



全快!!


先週「おたふく風邪」と診断され、皆様にもご心配いただきましたうちのチビですが、土日の間に完全復活、昨日医者に連れて行ったところ、「全快」のお墨付きをいただき、本日より登校しております。

しかーし!!
本当におたふく風邪だったの???
先生も「おたふく風邪が流行ってるし、まず間違いないと思ったけど、それにしては治りが早いな~」とおっしゃられて「ひょっとしたら反復性耳下腺炎かも。」とのことでした。

こっちの病気だったとすると、当然これからおたふくにかかる可能性はあるし、耳下腺炎のほうも繰り返し出てくるかもしれません。
おたふくだったのかどうかを判定するには、血液検査をして抗体を調べるしかないのですが、この抗体が罹患して2週間たたないと出来ないのだそうです。
つまり、今の時点ではおたふくだったかどうか調べる術が無いのです。
まあ2週間後に調べにいけばいいのですが、ダラな私なので2週間後にはそんなことすっかり忘れてしまっていそう…。


宮本さん




エレファントカシマシのボーカル、宮本浩次がFMラジオの生放送中に、DJの発言にマジ切れしたそうです。
昨晩、オットが「なんか、騒ぎになってるらしいけど。youtubeで聴けるで~。」というので、早速聴いてみました。
内容はこちらにはあえて紹介しませんが、昔を知るファンとしては「これでマジ切れ?宮本さんも丸くなったよな~。」というのが感想です。
テーブルひっくり返してそのままスタジオ出てきちゃえば良かったのに(笑)。

私はエレカシファンなので、完全に宮本側に立って見てしまうのでアレなんですが、なんかこのDJさんの言い方は嫌ですね。
ゲストのことを無理に持ち上げる必要はないですが、真綿にくるんで針を隠し持っているような嫌~な言い方するのは止めて欲しいです。
自分ではシャレた言い回しのつもりなのかな。
「宮本ももっと大人になれ」みたいな意見もあるようですが、ならなくていいと思います。
まあ「なれ!」って言ったって無理だろうけど(笑)。

久しぶりにライブで「珍奇男」聴きたいな~、と思わせられるニュースでした。






スティーブン・キング「ザ・スタンド」読了


文庫全五巻、堂々の大作。
キング・ファンの中でも絶大な人気を誇る本作ですが、長い間「いずれは読もう」と思いながらなかなか手をつけられませんでした。
理由は…長いから(笑)。
作家によっては一冊の本が1、2時間で読める人もいますが、キングの場合は読むのに体力が要る…といった感じで面白いのになかなか読み進めないです。
本作も粘度のある液体の中を一生懸命進むような感じでなかなか疲れました。

偶然が重なってアメリカの軍事施設から致死率ほぼ100パーセントという超インフルエンザウィルスが漏出する。ウィルスに対する免疫を持ったわずかな人々だけが生き残るが、自分以外の生存者を求めて旅するうちに、彼らの夢の中に共通の人物が出てくるようになる。一人はマザー・アバゲイル。神の啓示を聞く、108歳の黒人の老女。そしてもう一人はランドル・フラッグ。人々を恐怖に陥れる「闇の男」。マザーの下に集まってきた人々は「フリーゾーン」と呼ばれる共同体を作り束の間の平安を手に入れるが、「闇の男」の下にも多くの者が結集しつつあった。そして彼らは「フリーゾーン」を壊滅させるために着々と計画を進めていくのだった…。


…というストーリーの本作はスティーブン・キング版の「「指輪物語」です。
「善」「悪」双方に魅力的なキャラクターが沢山出てきますが、その中で一番興味深かったのが「善」と「悪」の間で揺れ動くハロルドです。
小さい頃から肥満で、嫌われ者。鬱屈したキャラクターはキングの小説にしばしば描かれる人物像です。ただ生まれながらの「悪」というのではなく、ひょっとしたら「善」にもなれたのに、そのチャンスを目の前にしながら逃してしまう…。ハロルドの最期には涙せずにはいられませんでした。


今回読みながらいろいろ考えたのですが、キングの小説の一番怖いところは「来るぞ、来るぞ~」っていうところですね。実際に「それ」が来てみると、怖いには怖いんだけれども、「どんなに怖いんだろう!」って想像していたのには及ばないという…。その「来るぞ、来るぞ」の表現がものすごく上手いです。だから、かの名作「IT」もそうなんですが、「ここまでがこんなに怖いんだから、クライマックスはどうなっちゃうの!?」と思うと、意外とそんなでもないんですね。本作もドラマ的には盛り上がりますが、途中の方が怖かったですね。前に書いた「セル」でも、誰かが殺されるシーンよりも、狂人が2階にいて「どすん、どすん」と音をたてているシーンの方が圧倒的に怖かったです。
まあ全体通してこれだけのドラマでぐいぐいひっぱってきける作家というのはそういないと思うし、なにしろ多作なので、これからもまだまだ楽しませてもらえれば嬉しいな、と思います。







おたふく



ぽちちょさんちのお子さん達の水疱瘡、「大変だなあ~」「治って良かったね~」と思っておりましたら、なんと我が家のチビがおたふく風邪に罹ってしまいました。
朝起こしに行くと「耳の後ろが痛い~」というので見ると腫れあがっています。普通この時点で疑うべきだったのですが、鼻水もひどかったので「風邪かな?」くらいに思って、医者に連れて行ったところ「おたふく風邪でまず間違いないでしょう」との事。
無理に学校行かせなくて良かったよ~。
しかしウチのチビさん、普段でも「おたふく風邪か!?」っていうような福々しいお顔なのです。
今はまだそれほどでもないですが、腫れがピークにきたら…想像するだにオソロシイです。
見た目も、辛さも、あまりひどくならないで治ってくれたらいいな~、と願っています。








最近のお気に入り

明後日公開になる映画「おっぱいバレー」、主演の綾瀬はるかちゃんが頑張って宣伝に走り回っているので、ご存知の方も多いかと思います。

とある中学に赴任してきた女性教師(綾瀬はるか)が、弱小男子バレーチームの顧問になり、ダメダメな部員達を奮起させるために「勝ったら、何でもいう事を聞いてあげる!」と言ったことから「それなら、先生のおっぱいを見せて」と有り得ない約束をさせられてしまう。
思春期真っ只中の男子達は「先生のおっぱいを見る!」というただ一つの目標に向かって死にもの狂いで頑張るが…。

というストーリーですが、なんとこの映画、実話なんだそうです。
私だってFカップと噂されるはるかちゃんのおっぱいなら見てみたいですが、当たり前ですが映画には出てこないようです(笑)。
映画はお約束どおり、笑いあり、涙あり、最後はサワヤカに感動!みたいな感じらしいですが、私はまあ、タダ券でももらわない限り劇場には足を運ばないと思います。
評判が良かったらDVDが出てからレンタルします(笑)。


…で、何がお気に入りかというと、この映画の主題歌であるCaocaoの「個人授業」、これが非常に気に入っています。
CaocaoはELTの持田香織とオリジナル・ラブの田島貴男によるユニットで、曲はもちろんフィンガー5のカバーです。
最近やたらと流行りの名曲カバーですが、玉石混交というか「おー、これはいい!」と思うものもあれば、「やめて~」と言いたくなるもの、様々ある中で、これはい「イイ!!」です♪
オリジナルの元気ハツラツな感じと違い、少しけだるいようなオトナなアレンジ。
ELTはそんなに好きじゃないのですが(正直に言えば全然好きじゃないです)、この曲の持田香織はいいですね~。甘いのかぶっきらぼうなのかわからないボーカルが非常に魅力的です。
田島貴男も相変わらず上手いですね。
特に一番最後の「あなたはせ~んせ~い~♪」って繰り返すところのアレンジがすっごくカッコイイです。
PVも面白いですので、良かったら見てみてくださいね~。




第714回「就いてみたい職業」

こんにちは!トラックバックテーマ担当加瀬です! 今日のテーマは「就いてみたい職業」です!小さな頃からの夢をかなえた方、自分にとっての天職を見出せた方、ただ今夢に向かって一直線の方…。人生の大半を仕事に費やすわけですから、自分がやりたい職業に就かなければ、もったいないですよね!私がFC2に就職していな・..
FC2 トラックバックテーマ:「就いてみたい職業」




パッとこのタイトル見て「映画関係の仕事がいいなあ~。雑用係でもなんでもいいから。」と思ったのですが、本文を読むとトラバ担当さんの夢は「本屋の経営」。
そうきましたか。
それくらいおっきい事言っていいんなら、私は映画館のオーナーですね。
「私立探偵濱マイク」で永瀬正敏演じる濱マイクが住んでた横浜日劇みたいな映画館。
でもって、濱マイクみたいにビルの屋上のペントハウスに住みたいです。
自分勝手に色々特集組んで、古い映画をかけて、掃除もモギリも自分でやって。
出来ればちょっと訳ありな感じのシブい男前の映写技師さんなんかいるといいですねえ~♪
宝くじが一回当たったくらいじゃ無理かな(笑)。




↓こんな感じで♪

hamamaiku.jpg











ビリー隊長、日本人女性と再婚!!




いや~、今「スッキリ!」見てたんですけどね、あの「ビリーズ・ブートキャンプ」のビリー隊長ことビリー・ブランクスが日本人女性と再婚して大阪は茨木市に住んでるんですと!!
脱走兵のワタクシとしては、そんな近所に越してこられては、いつ軍法会議への呼び出しがかかるかとオソロシイ心持もいたしますが、7月には心斎橋にスタジオもオープンする予定だそうです。
心斎橋はちょっとしんどいけど、キタエリアで教室がオープンしたらちょっと考えてみようかな~。
奥様は39歳知子さん、2人の間にはすでに生後4ヶ月になる赤ちゃんまでいらっしゃるとのことです。
とても39歳には見えないキレイな方で「ビリーやるじゃん!」って感じです(笑)。
ビリー隊長は日本での永住許可を取る予定だそうですので、そのうち皆さんの街にもビリーのスタジオが出来るかもしれませんね♪







千日前道具屋筋




今日は「たこ焼き調理グッズ」を買いに、千日前の道具屋筋に行ってきました。
独身の頃は、週に一度は日本橋に行く家電オタクでしたので、道具屋筋もちょこちょこ寄っていたのですが、結婚してからはさっぱりご無沙汰しておりました。
本当は結婚してからこそ、調理器具を買いに出かけなきゃいけないのにね~(笑)。

オットがイワタニのカセットコンロで使えるたこ焼き用鉄板(?)を買ってきたのが発端で、「じゃあ、おうちたこ焼きするか~♪」となったのですが、タネを流し込むヤツとか、他にも色々欲しいな~、ということで買いに行ったわけです。
久しぶりの道具屋筋はなかなか楽しかったですが、日本橋は結構変わっていましたね~。
「電化の街」から「オタクの街」に変貌していると聞いてはいたのですが…。

道具屋筋で無事お目当てのグッズを買ってからは、心斎橋筋をブラブラ、ついでに道頓堀横の遊歩道を歩きましたが、「あ~っ!レッドクリフの船と遊歩道ってこんなに近かったんだ~!!」と体感して、またも身もだえしてしまいました。
もう数日前に来ていれば…orz。


「レッドクリフ1」はDVDを借りて見ていましたが、今日テレビで放映された日本語バージョンも途中から見ました。
やっぱり面白いですね~。
戦いのシーンが色んな戦法が出てきてすっごく好きです。
あ~、早くパート2観に行きた~い!!





ジェフリー・ディーバー「スリーピング・ドール」読了



ジャフリー・ディーバーが代表作であるリンカーン・ライムシリーズの第7弾「ウォッチ・メイカー」に登場したカリフォルニア州捜査局捜査官キャサリン・ダンスを主人公に描くスピンオフ小説。

物的証拠からとことん犯人を追い詰めていくライムに対して、人間の所作や表情を読み解く「キネシクス」分析によって犯罪者に対峙していくダンス、ということで、新しい展開を期待していたのですが、残念ながら期待通りの快作、とは行きませんでした。

アマゾンの書評などではおおむね好評のようですが、「逃げる犯人を追う」という図式からして、ダンスお得意のキネシクス分析のシーンがあまり登場させることが出来ず、ダンスのキャラクターも平凡なので、あまり読み応えがないように感じました。

もちろんディーバーならではの二転三転のどんでん返しは見事ですし、「ディーバーの新作」という期待感を持たずに読めば、十分面白い作品だと思います。
いろいろ、解決しないままの事柄もいくつかありますので、作者は当然シリーズ化を考えているのだと思います。

次回作も読むと思いますが、出来れば未亡人であるダンスの恋愛模様などはあまり入れないで欲しいな~、と思います。
なんか私の嫌いな検屍官ケイ・スカーペッタシリーズみたいなので。
(「検屍官」ファンの人が読まれてたらごめんなさい)






ビックリしました!!



さっき何気にこのブログを表示したら、一番新しい記事の下にスポンサーサイトの広告が!!

「なんじゃ~、コレ!!!???」


一ヶ月くらい更新しないで放置してるとスポンサーサイトが表示されるようになる、というのは聞いたことがありますが、最近サボり勝ちとはいえ、2日に一回くらいは更新してるのに何故~!?


私は個人的にあんまり色んな広告がウジャウジャ載ってるサイトは読みにくくて好きじゃないので(内容が好きで我慢して読んでるものも多数あり)、自分のブログも極力シンプルにしたいと思っているのに、こんなのが勝手に出てくるようでは困るのです。

早速調べて(親切な人がちゃんと消し方を書いてくれています♪)速攻消しましたが、今までFC2やってて特に困ったことって無かったんですが、これは困りました。
(あ、あとテンプレートに個人的にあんまり好きなのが無いのも困っています。)
まあ、無事消せたのでヨカッタですが、これからもこんなことがあるとちょっと嫌だなあ~。





第712回「スパゲティ、好きな味は?」



こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは、「スパゲティ、好きな味は?」です。スパゲティ。それは上にかけるソースの味で全く気分を変えて楽しめてしまう素敵な食事。皆さん、スパゲティはどんな味が好きですか?ミートソース?ぺペロンチーノ?カルボナーラ?そ...
FC2 トラックバックテーマ:「スパゲティ、好きな味は?」




そうですね~。
どれもそれぞれに好きなんですが、一つ選ぶとすると
「アメリケーヌ」でしょうか。
エビの頭とか殻でダシをとって、トマトと合わせて作るソース。
濃厚な味と香りが溜まりません~!!
でも、あんまりお店では見かけないので代わりに「海の幸トマトソース」とかを頼んだりします。
「オイルサーディンの白ワイン風味」とか「ツナときのこの和風しょうゆバター」なんてもの好きですけどね~♪






第710回「注射の針を見られる?見られない?」



こんにちは!トラックバック担当加瀬です! 今日のテーマは「注射の針を見れる?見れない?」です! ポカポカと春のにおいを感じながら、先日、健康診断へと行ってまいりました。 ただの身体測定かと思ったら、血液検査もあるとの事で、あまり注射の経験がない私は、内心ドキドキしながら向かいました。 いざ、注射の針とにらめ...
FC2 トラックバックテーマ:「注射の針を見られる?見られない?」




注射は世間の人ほど嫌いじゃないと思います。
筋肉注射はさすがに嫌ですが、普通の注射の痛みぐらいなら全然平気です。
注射針も「見ろ」と言われれば見ますが、あまり気持ちのいいものではありませんので、注射の時はソッポを向いてますね~。
私の世代には(大阪の子供だけかもしれませんが)、「鉄砲注射」という圧縮空気により薬剤を注入する針の無い注射器による集団予防接種が行われていましたが、後年、神経線維の損傷が多発したことから廃止と使用が取りやめられ、C形肝炎など感染症への対策が不十分との指摘もあるそうです。
これはテレビのたまたま報道特集で知ったのですが、見なかったら知らないままでしたね~。



ウィークエンドおうちシアター「アイアンマン」




米国の軍事企業CEOであり、天才科学者であるトニー・スタークは、新兵器のデモで訪れたアフガンで武装集団の襲撃を受け拉致される。武装集団の為の武器制作を強要されたスタークは、同様に囚われの身であった医師のインセンの協力を得てパワードスーツを作り脱出に成功する。
「強力な軍事力が平和をもたらす」と信じて武器開発を行ってきたスタークだったが、その武器が武装集団に横流しされ使用されていることを知り、兵器開発からの撤退を表明、自らは研究室に篭り、パワードスーツの制作に没頭するが…。



省略すべきところは省略し、パワードスーツの開発過程などの見せ場はじっくり描き、とにかくテンポが良く、楽しんで観れました。
ロバート・ダウニー・Jrは予告編などで見るかぎりは「このオッサンがヒーロー!?」と思っていましたが、いやいや~、非常に良かったです。女好きの遊び好き、天才科学者で、大企業のCEO。だけどココロは少年のままなのね~、って感じで、母性本能をくすぐられました♪タイプじゃないのに、すご~くセクシーに感じましたね。

スタークが唯一心から信頼している女性秘書のペッパーにグウィネス・パルトロウ。普通新人女優がやるような役どころですが、さすが!の魅力で演じています。スタークとペッパーのお互い惹かれあいながらも、なかなか一歩が踏出せないところなんか良かったですね~。
グウィネス・パルトロウのファッションがいいんです!シンプルで上品で。「ダイヤルM」の時に、真珠のネックレスをすごく上手に着けこなしていて感心したんですが、やっぱりこういうファッションが似合う女優さんですね。

ビックリしたのがジェフ・ブリッジス。うわ~、こんな怪人みたいなおじさんになっちゃってたの!?
昔はカッコよかったんだけどなあ~。

あと、脇役ですが、囚われたスタークを助けてくれる医師インセン役の人と、合衆国秘密組織「S.H.I.E.L.D.」のエージェント役の人が雰囲気あって良かったです。
こういう脇役が締まってるといいですね。

単純といえば単純な映画なので、好き嫌いはあるかと思いますが、私は断然好きですね~。
Part2(多分作るでしょう)に期待!
キャストは代えないでね~。





カズオ・イシグロ「私を離さないで」読了




ある目的の為に生を受けた子供達が暮らす謎の全寮制施設。
悲しく残酷な運命を背負いながらも、友情、愛、性に戸惑い成長していく主人公達の青春の日々を峻烈に描いた作品。
読了直後よりも、数日経ってから、ふとこの作品の事を考えている自分に気づくような、じわじわくる一作です。深く静かな余韻を残すラストは圧巻。



以下、ネタバレです。



続きを読む »

大川・桜便り






昨日お昼すぎから、ブラッと大川沿いにお花見散歩に行ってきました。



hanami1.jpg
源八橋より大阪城を望む。




hanami2.jpg
川と桜のコントラストが美しいです。




hanami3.jpg
桜のトンネルをくぐりぬけて。



hanami7.jpg
屋形舟も沢山行きかっていました。



hanami6.jpg
画面中央のヨコイチに並ぶ白い点はユリカモメです!!



hanami4.jpg
こんな木の幹の横からも花が咲くんですね。



hanami5.jpg
桜を見上げて「日本っていいなあ~」と思う瞬間。



hanami8.jpg
日が暮れるまでたっぷり桜を楽しみました。



全体にはまだピークとはいえない感じでしたが、お花見には十分で、シートを敷いて宴会をする人達、川沿いを散歩する人達、出店の食べ歩きを楽しむ人達と、大賑わいでした。
昨日は休日ということもあって、大道芸人さんや学生ブラスバンドなどのイベントも多数あり、とても楽しかったです。
仮設トイレなども設置されていますので、朝から一日いても楽しめますよ~。





















コワイよ~




今「金スマ」で「総額6000万円!はるな愛 全身整形物語」っていうのをやってるんですが、コワイです~。
整形って本当に命がけなんだ…。

実は私は小さい頃に見たドラマで、医者と共謀して奥さんを殺して逃亡するために整形した看護婦さんが、成功したはずなのに包帯を取ったら顔がメチャクチャに…っていう「夏の怪談」を見てから、整形が怖くて怖くてダメなのです。
自分は絶対にしないのでいいんですが、周りの人がしたらどうしよう、と思うだけでもコワイです。

あと、笑われるかもしれないけど、ピアスもコワイです。
これも小さい頃、まだピアスなんかしてる人がほとんど居なかったときに、隣の奥さんがピアスをしていて、「耳に穴を開ける」っていうの聞いただけで、胸がわるくなるくらい怖かったです。
そのせいで未だにピアス穴はあける気がしません。

なんかこう書くとすごい古い人間みたいですが、やはり幼少時の体験っていうのは相当深く残るもんなんですね。
いつか医療がもっと発達して整形で泣く人がいなくなればいいなー、と思います。









万博でお花見



今日はチビを連れて、実家の母、妹と万博公園にお花見に行ってきました。
モノレールから見る桜は五分咲きくらいかなあ~と思いましたが、木によっては満開近くのものもあり、それなりにお花見出来ました。
子供が大好きなスライダーのある公園でちょこっと遊んだだけで帰ってきたのですが、天気も良く、なかなか楽しかったです。
帰りに千里中央でお茶したのですが、今日はなんとセルシー広場に矢口真里ちゃんが新曲キャンペーンでやってきていました!!
すごい人だかりで、私達は4階から見たのですが、もともと小さな真里ちゃんですので、髪の色と服装が識別出来たくらいで、顔なんかは全然わかりませんでした(笑)。
でも歌は上手だし、それにも増してトークが上手でしたね~。
司会のボンクラ男より、よっぽどシャベリが上手かったです。
一生懸命歌っていてとても好感が持てましたので、ヒットするといいな~と思います。
ちなみにセルシー広場、明日は倉木麻衣が来るんだそうです。
アイドルのメッカを目指すのか、セルシー!?






ぐやじいです~!!!




朝、何気にいつもどおり「めざましテレビ」を見ていたらエンタメコーナーで、眠気も一気に覚めるニュースが!!!
そのニュースとは…


「水嶋ヒロと絢香、結婚へ!」


ではなくて、


道頓堀川で「レッドクリフPart2」リバーカーペット!!


あ~~~、知らなんだ~!!

トニーが~、金城君が~、リン・チーリンが~、道頓堀に~!!!

知っていれば、万難を排して駆けつけたのにぃ~…。

ぐやじいです。脱力です。orz


「レッド・クリフPart1」劇場で見損ねてこの間やっとDVDで観たとこなんですよね~。
なんかすごくハマってしまって、図書館で三国志関係の本借りて読んだりして、「Part2は絶対劇場で観るぞお~!!」って張り切ってたんです。
そんな目と鼻の先で超豪華イベントがあったなんて…。
とほほほほ~。

しかし、トニー・レオンは私服が全然イケてないな~。
関係ないけど。



第706回「今までについたウソを懺悔してください!」




こんにちは!トラックバックテーマ担当加瀬です! 今日のテーマは「今までについたウソを懺悔してください!」です! 本日はエイプリルフールです。皆様、会社、学校などで、今日の良き日(?)を満喫されましたか??でも、毎年毎年ウソばっかりついてると、イベントとはいえ、いつか後悔しますよ!!本日は、そんなエπ..
FC2 トラックバックテーマ:「今までについたウソを懺悔してください!」




え~っと、これも「穴があったら入りたい思い出」と一緒で一杯あるはずなのですが、あんまり具体的には思い出せません(笑)。
よくあるのは昔の知り合いにばったり会って、名前が思い出せないのに覚えてるフリしながら話を合わせたりすることですかね~。
これも「知ってる」ってウソついてるようなもんかな、と。
でもホント思い出せないんですよ。
しょーもない事は細かいところまで覚えてたりするんですが。
頭に写真入り名簿の入ったSDカード挿しときたいです(泣)。






CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。