スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はまこ



オットが買ってきた浦沢直樹の「PLUTO 007」を読んでいたら、急にチビが「ママ、『はまこ』って何?」と聞いてきました。

私 「はまこ?」
チビ「うん、『はまこ』。」
私 「『はまこ』って何?」
チビ「『はまこ』っていう本。」
私 「何それ。知らんでー。」
チビ「この本、『はまこ』って書いてある。」

と言ってチビが指差したのがコレです。↓


続きを読む »

スポンサーサイト

ダンボー



宅急便屋さんがアマゾンからの配達を持ってきました。
ウキウキと受け取りにでるオット。
「また何か本でも買ったのかな~」と思っていたら、
「はい。ママさんにプレゼント♪」
開けてみたら出てきたのがコレです↓。


dannbo-.jpg


漫画「よつばと!」(あずまきよひこ作)に登場した段ボール製のロボット(着ぐるみ)、「ダンボー」。
そのダンボーのフィギュアです。

実はオットは(私もですが)この「よつばと!」っていうのは全然読んだことないのですが、このアマゾンの箱で出来ているデザインにクラッときたみたいです。
ま、確かに私好みですね(笑)。

これ、ちゃんと色々ポーズがつけられる上に、眼まで光るんです!!

dannbo-2.jpg


興味が沸いて、マンガの方も調べてみたところ、非常に評判がよく、大人も子供も一緒に楽しめる、とのことでしたので、久しぶりに大人買いしちゃおっかな~♪…などと思ったりしています。





第681回「トイレットペーパーはシングル?ダブル?」



こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。
今日のテーマは「トイレットペーパーはシングル?ダブル?」です。

薄いけど長持ちするシングル。
分厚くて安定感のあるダブル。
あなたの家ではトイレットペーパーはどちらを使っていますか?

ほうじょうは、シングル派です。
元々、子供のときからシングルな家でしたが、物は試しと
ひとりで住むようになってからどちらも試して...
第681回「トイレットペーパーはシングル?ダブル?」


toire2.jpg



我が家はシングルで~す。



確定申告

今日は確定申告用の書類を作成しました。
サラリーマン家庭なので、普通なら個人で確定申告する必要は無いのですが、昨年は私の保険のきかない入れ歯に、巨額の医療費(我が家にとっては)を支払った為に、その何分の一かでも取り返そうという作戦です。歯の治療を始めた頃から「こりゃ来年は医療費控除受けないと~」と思っていた割に、全然領収書の整理をしていなかったので、一通り揃えては、足りないところを探し回り…といった感じで、気の遠くなりそうな地道な作業を続け、やっとなんとかまとめることができました。
これでも最近は国税庁のホームページから、ガイダンスに沿って記入欄を埋めて行くだけで提出書類を作る事が出来、かなり楽になりました。
後は相談会に行って、書類に間違いがないか見てもらって、提出するだけです。
無事還付金が入金されれば良いのですが…。







日本映画アカデミー賞W受賞!!


良かったですねえ~。
なんかもう、日本人がノミネートされる度に、我が事のように気になってしょうがなかったんですが、やっと取ってくれたなあ~と嬉しく思います。
受賞作品はどちらも観ていませんが、ぜひ観たいですね。
特に「おくりびと」の方はやはり年も年ですので、気になるテーマです。
デーブ・スペクターが審査員の半分以上が60歳以上だったのが良かったのでは?と言ってましたが、冗談抜きでそういうことも大きかったのかもしれませんね。

いや~、それにしても「NAI・NAI 16」や「スシ食いねェ!」をリアルタイムで口ずさんでいた者としてしては本当に感無量ですね。
ヤックンやフックンもインタビューされたりするのかなー?
明日ははなまるマーケット見なきゃ!

mokkun2_20090224073551.jpg

ウィークエンドおうちシアター「イーグル・アイ」



スティーブン・スピルバーグ制作総指揮、シャイア・ラブーフ主演の超大作。

コピーショップの店員ジェリーの生活は突然かかってきた1本の電話から一変する。
身に覚えの無い証拠品からテロリストの疑いをかけられ、次々にかかってくる謎の電話により逃亡を余儀なくされる。一方、法律事務所で事務係として働くシングルマザーのレイチェルも同じ女からの電話でいうことを聞かないと子供の命は無いと脅され…。


…というような内容のこの映画はスピルバーグが長年温めていたアイデアから作られたそうですが、温めすぎたんじゃないかな~、というのが率直な感想です。

アメリカ国防省が確信を持てぬまま、大物テロリストの爆殺に踏み切る冒頭のシーンから、主人公が何者かに脅されて逃亡を始めるあたりまでで、「はは~ん、犯人はアイツだな」とわかってしまいました。犯人に確実に操られているかのようなシーンもちょっと間違えると全然犯人の思ったようにならないんじゃ…ということばかりです。登場人物の背景の描き方もちょっと底が浅い感じがします。
テンポはいいし、アクションシーンも派手なので、そこそこは楽しめますが。
自宅でDVDで観る程度で良かったのか、それとも映画館で観たらもっと大画面ならではの迫力があってよかったのか…まあ、どこかの映画館でかかっていても確かめには行かないかな~。

そうそう、映画の中でペンタゴンのすごいコンピューターが出てくるのですが、これがノーベル賞の小柴教授のスーパーカミオカンデにそっくりなんです!!さすがにデザイン登録はされてないんだろうけど、文句言わないのかな~。

syaia4.jpg
   シャイア・ラブーフは好きなんですけどね♪


大阪城梅林




今日は朝から子供が通う体操教室の競技会があり、親子3人で行ってきました。
内容は小学校低学年らしく、前回りや後ろ回り、側転、跳び箱など、基本的なものばかりですが、本部からいらした先生方が「ただいまの演技18.50点」などと審査をされて、気分は本物の競技会です♪
幼稚園の年中さんから始めて苦節(?)3年半、やっと所属する級で入賞できました。
表彰状と小さな楯を貰ってチビは大満足。
私も感無量でした。

競技会が終わって、帰宅してから、義母も加わって大阪城の梅林見物に行ってきました。
大阪城は今日は曇り空。

oosakajouume.jpg

沢山の人出の中、梅林を歩いていくと、人だかりのする一本の木が。
近づいて見ると、枝のあちこちに愛らしいメジロが止まっています。

bairinn.jpg

何故かこの木だけ。
きっと特別甘い蜜なんでしょうね~。


梅林を歩き疲れて、OBPのどこかでお茶をしようと向かって行くと、大阪城ホールの横手にMISIAのどでかいツアートラックが、バーーンと並んでいました。


misia.jpg

OBPに着くと案の定、コンサート客でお茶が飲めるところはどこも一杯です。
先日見つけた秘密の穴場でお茶をして帰宅しました。

大阪城梅林は早咲きが散り、普通咲きの半分くらいが今満開を迎えています。
少しですが、屋台も出ていて楽しかったですよ~。











ただいまハマってます!!

今チビと2人して「風来のシレンDS」とういゲームにハマっています。
DS用は2もすでに出ていますが、最初のほうです。

実はRPGをプレイするのは初めてで、「面白い」という評判は聞いていたのですが、やってみて好きじゃなかったら困るな~、と思って、中古で安くなるまで待っていたのです。
で、先日チビにやはりポケモンの中古を買ってやるついでに自分用に買ってきたのですが、チビはポケモンそっちのけでシレンにはまってしまい、一緒に「あーでもない、こーでもない」と悪戦苦闘しています。

内容としては主人公の風来人シレンが「目つぶしお竜」「ペケジ」「座頭ケチ」といった旅の仲間と、様々なモンスターと戦いながらダンジョンをクリアしていく、というものです。
RPGは他にやったことがないのでよくわからないのですが、失敗してやりなおすごとにダンジョンの地形が変わったり、手に入れた武器を倉庫に置いておいたり、「合成の壺」に入れて、どんどん強い武器を作り上げていったり出来るところが特長のようです。

最初のうちは旅に出てもすぐ倒れてしまうし、ゲームの10分の1も出来ないまま放り出してしまうんじゃないか?などと思ったりしていましたが、好きなことにはとことん取り組むチビが取説を読み倒していろいろやっているうちにちょっとずつ先に進めるようになってきました。
武器を強くしたり、ピンチの時の武器の選び方などが判ってくると俄然面白くなってきて、ついつい前のめりになってやっています。
きっとオットはあきれていることでしょう(笑)。
でもまあ、ゲームもこうやって子供とあれこれ考えながらやるのはいいもんだな~、と思います。



siren3.jpg
注*賢明な読者の皆様はおわかりかと思いますが、↑はあくまでイメージ画像であり、本当にコスプレしてゲームしているわけではありません(笑)。


第679回「花粉症ですか?」

こんにちは!トラックバック担当本田です。今日のテーマは「花粉症ですか?」です。まだまだ寒い2月ですが、今年も花粉がすでに飛んでいるようですね。花粉症の人が、すでに鼻が出る・のどが痛い・目がかゆいとかわいそうな状態になっています;。;本田はアレルギー検査をしたときに、杉花粉のアレルギー数値が先生い...
FC2 トラックバックテーマ:「花粉症ですか?」




世間で言うところの花粉症とは違うのですが、一応植物のアレルギー持ちです。
まだ20代前半の頃、風邪で受診した耳鼻科の先生に「アレルギーがあるみたいだけど…」と言われて検査したところ、ブタ草とスギとハウスダストのアレルギーでした。
特にブタ草というのは夏~秋と咲く時期が長いので、結構大変です。
社会生活が送れないほどひどいスギアレルギーの方にくらべれば、全体に症状は重くないのですが、なんだかんだと季節の変わり目毎に不快な症状が出るのでウンザリです。

実家近くの医院に長く通院していて、ネブライザーという鼻用の吸入器で吸入をして、漢方のお薬を出してもらっていましたが、結婚して実家を出てからは一度も耳鼻科には行ってません。長い漢方薬の服用で体質が改善したのかな~と自分では思っているのですが、完全にはなくなりませんね。ひどくならないだけでもいいのかな…と思っています。







第678回「理想のデート」



こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です! 今日のテーマは、「理想のデート」です。 みなさん、理想のデートって思い浮かべたりしますか?水谷は寒空の下、公園で暖かいコーヒーを二人で飲みながら語り合う・・・というデートに憧れます。高級なレストランとかに行くよりも公園で二人で語り合う方がいいと思います。あとは、動物火..
FC2 トラックバックテーマ:「理想のデート」




え~、それはやっぱり「理想の相手とのデート」なんじゃないでしょうか。

相手が水嶋ヒロだったら、全部私のおごりでめっちゃ冷たい態度を取られてもOKです。堤真一とだったら、立ち飲み屋さんでも楽しいです。ジョージ・クルーニーだったらバラの花束で殴られても嬉しいです。シチュエーションはどーだっていいんです。相手さえ好きな人ならば


「たこ焼きくんよろしくね!」



え~、最近私がペイントでお絵かきしたりしてるもんで、
チビが「私にも描かせろ!!」と横からウルサイのです。
で、描かせたら描かせたで、今度はブログに載せろ!と…orz
面倒なので一応載せますね。
すみません…。


たこ焼きくん「よろしくね」


第677回「お茶は熱い派?冷たい派?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「お茶は熱い派?冷たい派?」です。アツアツに湯気が立っていても美味しいし、キンキンに冷やしても美味しい。お茶でもいろんな種類がありますが冷たくても熱くてもどちらでも楽しめます。あなたがお茶を飲むとしたら、熱いほうがいい∃..
FC2 トラックバックテーマ:「お茶は熱い派?冷たい派?」




食事の時は冷たいお茶、ホッと一息、という時は熱いお茶です。
最近は熱いそば茶なんか好きですね~。

お茶といえば、ブラジルに行った時に「マテ茶」というのを飲んでいたのですが、これは麦茶感覚で結構日本人の好みに合うんですよね。
で、むこうの人はそのお茶にこれでもか!っていうくらいお砂糖を入れて飲むんです。
コップの4分の1くらいの砂糖を入れるブラジル人VS何も入れない日本人。
お互い相手の飲み方を「うえ~っ!」っと思っていました(笑)。



角田光代「ロック母」読了



1992年から2006年までに書かれた7つの作品が収められている短編集。


作者自身があとがきで
「これほど時間差のある小説をまとめて本にするのははじめて」
「あっちをうろつき、引き返し、さらに迷い、今度はこっちをうろうろするような、頼りなげな足跡が、おもしろいほどくっきりと浮かび上がっているのではないか。」
「私はこの迷える足跡をこそ、一冊の本にまとめたかったのだ。」
と語る本作ですが、確かにそれぞれの作品がバラバラと個々に立っているような感じがします。

個人的には当初編集者や当の作者まで「本にするには値しない」と認識していたという「ゆうべの神様」が好きです。
特に反抗期もなくこの年まで生きてきた私ですが、この小説に出てくるような少女にシンパシーを感じるところもあって、心のどこかをかすかに引っかかれたような気持ちになりました。

書かれた年代順に収録されており、角田光代の軌跡、みたいな感じで読める興味深い一冊です。


やっちまったなあ~



ローマで14日午後に閉幕したG7記者会見の席上での中川昭一財務・金融担当相の大失態、波紋を呼んでますね~。
ご本人は「風邪薬のせい」とおっしゃってるようですが、いくら風邪薬で眠くてもろれつが回らないことはないのではないかと…。
いやー、それにしてもここのところの麻生内閣の低迷振り、本当に恥ずかしいな~と思っておりましたが、ここまで恥ずかしい思いをさせられようとは。
今まで命をかけて日本を作り上げてきた人たちはどう思うんでしょうね。



          ↓恥ずかしいついでの似顔絵です。キャ~!!
nakagawa3.jpg

第675回「料理のエピソード」


こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です! 今日のテーマは、「料理のエピソード」です。 みなさんは料理は得意ですか?水谷は、料理が大の苦手です。友人が集まった時にチャーハンを作ったのですがあまりにも見かけがひどかったのか友人に「回復魔法を唱えたらダメージを与えられそう。」・・・という微妙な評価をいただきまし・..
FC2 トラックバックテーマ:「料理のエピソード」




我が家ではあまりカレーを作らないのですが、
その分作る時にはかな~り気合を入れます。
カレー作りのキモは何と言っても、スパイスと炒め玉ねぎに尽きますので、最低3個の玉ねぎを根気良くあめ色になるまで炒めます。
問題はこの玉ねぎを切るところでして、いくら頑張っても1個目の途中で涙で目が見えなくなり、料理続行不能となってしまいます。
そこで色々試行錯誤した末にたどり着いたのが、このスタイルです。







mitana.jpg


いや~、きったない絵ですみません(笑)。
こう見えて美大出身でデザイナーやってたんですよ、ホントに。
年取ると手先が不器用になっちゃって。
やっぱ、マウス絵はダメですね~。


ゴーグルとバンダナで顔を覆い、念には念を入れて鼻にもティッシュを詰めます。
なんたってウチには「玉ねぎ用ゴーグル」というものが存在するのです。(いや、いたってフツーのゴーグルですが。)
ね、滅多にカレー作らない訳がわかったでしょ?









チンチン電車に乗って




今日はチンチン電車の名で親しまれている阪堺電車に乗って、住吉大社と住吉公園に行ってきました。

まず起点となる天王寺で腹ごしらえ。
ビストロカフェ「羊の家」にてランチをいただきました。
こちらのお店は初めてで、オットがネットで調べて「どれを食べてもハズレ無し!の人気店」とのことだったので期待していきましたが、期待に違わぬ味とリーズナブルなお値段で大満足でした。



「羊の家」を後にしていよいよ阪堺電車でGO!
やってきたのはパンダみたいな白黒の電車で、横手に回ってみると、本当にパンダの写真がありました。
hannkai2.jpg



車窓から町並みを望む。
車から見るのと違ってなんだかノンビリ、ウキウキします。
hannkai1.jpg



電車から反対側の電車を見る。
阪堺電車はカラフルなラッピング広告で有名だそうで、いろんな電車が走っています。
hannkai5.jpg


ところによってはこんな風に普通の電車みたいな区間もあります。
hannkai3.jpg


ちょっとわかりにくいですが、こんな風に普通の電車みたいなところから路面に変わります。
hannkai4.jpg



こちらは住吉公園。
府営公園としては、大阪で最も歴史ある公園だそうです。
sumiyosi1.jpg



お年寄りが一杯!みんなそこかしこで将棋盤とにらめっこ。
sumiyosi2.jpg



こちらは住吉大社。
チビの七五三はこちらにお参りしようと晴れ着レンタル&撮影プランを申し込んでいましたが、衣装合わせで「イヤじゃあ~!!」と大暴れ。仕方なくキャンセルして、化繊の着物を購入。毎日着せて着物に慣れさせ、近所の天満宮にお参りしたという因縁あり。
sumiyosi3.jpg



帰りは住吉公園駅から少し歩いて神ノ木駅から電車に乗って帰りましたが、途中3人の「鉄ちゃん」に遭遇!!皆、首から高級そうな一眼レフを下げてニコニコと歩いていらっしゃいました。いい写真撮れたかな? お疲れ様です~。



第674回「占いは信じますか?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当本田です!今日のテーマは「占いは信じますか?」です。明日はバレンタインデー!恋占いをしている乙女も多いのでは?^-^女の子は占い好きな人が多いですね!本田は占いをすごく信じているというわけではないのですが、雑誌などに載っていたりすると、ついつい読んでしまいます!某有名...
FC2 トラックバックテーマ:「占いは信じますか?」




昔は一生懸命雑誌の占い欄や、テレビの占いコーナーを見たこともありましたが、最近は「LOVE運急上昇!ステキな出会いがあるかも!?」とか言われても、「あるわけないじゃん!」…って感じで、全然関心が無くなりました(笑)。

我が家では毎朝フジTVの「めざましテレビ」を見ているのですが、オットが占いが大嫌いなもので、「今日の占いカウントダウン」のジングルを聴いた途端にリモコンをはっしと握り締め、占いが発表になる前にチャンネルを変えなければなりません。前もって変えておけばいいのですが、占いの直前の「MOTTOいまドキ!」が好きなのでついぎりぎりまで見てしまいます。

占いを信じるか信じないか?と聞かれれば、どちらかというと信じないほうですが、言われたことはやはり気になります。
なので、オットのように聞かないほうがいいんでしょうね~。
いいことより、悪いことで気をつければ回避できるようなこと(「忘れ物に気をつけて」とか、「口は災いの元」とか)を参考にするのはいいんじゃないかな~、と思います。



第673回「逆チョコ、どう思う?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当のほうじょうです! 今日のテーマは、「逆チョコ、どう思う?」です。まもなくバレンタインデー!周囲の女子が浮き足立ってまいりました。私もそろそろチョコレートの用意をせねばなりません。遅いかな?今年は「逆チョコ」なるものがあるそうですね。日本には、ホワイトデーはあってもそれはバレンタπ..
FC2 トラックバックテーマ:「逆チョコ、どう思う?」




バレンタインデーじゃなくても、普段から美味しいチョコレートを知ってて、ちょっとプレゼントしてくれる、っていうほうが嬉しいですねえ~。
投資としては効果大だと思うんですが。



古本愛



雑誌「大阪人」の3月号をオットが買ってきました。
題して「続々・古本愛」。
「古本ファンに愛を込めて。2年半ぶりの古本特集第3弾!」とのことで、第1、2弾を知らなかった私としてはちょっと悔しいのですが、とてもいい特集なのでご紹介したいと思います。

まずこの雑誌は『「大阪人も知らない大阪」発見マガジン』がキャッチフレーズの、大阪市を紹介する雑誌です。大阪に対する愛に満ち溢れ、斬新な切り口と、深~く掘り下げまくりな取材による「ごっつ偏ってるけどオモロイ本」です。
毎号「おっ!」と言わせる特集を組んでくるこの雑誌ですが、今回は「古本」をテーマに取り上げ、様々な古書店を紹介してくれています。

「天満天神・古本愛ツアー」「古書店ヌーヴェルヴァーグ」…と、魅力的な見出しにココロ躍らせながらページをめくると「天五古書」「天牛書店」「駄楽屋書房」など、私が普段立ち寄る古書店から、店主の自室なのか、店なのか?限りなく謎めいた古書店、京橋の「メガネヤ」など、未踏の古書店、古本市まで、様々な古本情報が紹介されています。
「大阪の古書店めぐり…面白そうやな~」と思う方は、ぜひ今回の「大阪人」をGETしてください。
古書店めぐりのナビに良し、読み物として良し、おススメでっせ~♪



oosakajinn.jpg

↑右が「大阪人」。左は最近古書店にて購入の本。上から「チャルカの東欧雑貨買い付け旅日記」(定価¥1500→¥750)、「ナンシー関のすっとこ人名事典」(定価¥1143→¥500)、「20世紀BOX/PakageDesignHistory」(定価¥4300→¥1380)。全部美本です。


JUST FOR YOU !




久々にiTunesStoreに行ってみました。
グラミーも発表になって、「お、ロバート・プラントかあ~」とか思って。

iTunesには「JUST FOR YOU」というコーナーがあって、これまで購入した曲などから、「こういうの、いかがですか~?」みたいにおススメしてくれます。
いつも「なるほど~」とか「え~?」とか思いながら見たり、たまにはおススメ曲を買ったりしているのですが、今日は紹介されていたアルバムを見てぶっ飛びました。

そのアルバムとは…









abayo.jpg
ええ~、なんで私に柳沢慎吾を勧めるのお~!?

どんな曲からこのアルバムがおススメだと判断されたのか見てみたら、斉藤和義の「歩いて帰ろう」でした。前に嘉門達夫とか検索したことがあったので、そのせいかと思っちゃったわ。ふう~。

しかし、このアルバム、曲の値段の付け方がメチャクチャ!
チェッカーズ「ジュリアに傷心」とか研ナオコ「あばよ」とか、おススメ曲の間に、柳沢慎吾がいろんなシチュエーションで「…いい夢見させてもらったよ…あばよ!!」って決めセリフを言う超ショートコントが入っているのですが、長いものでも1分、短いものだとたった5秒のこのコントが一つ200円もするんです~。
何考えてるんだろう…っていうか、何にも考えてないだろっ!って感じですね。


あばよっ!!





第672回「眠れない夜にすること」

こんにちは!トラックバック担当本田です!今日のテーマは「眠れない夜にすること」です。心配事があったりすると、眠れないということはありませんか?本田は寝つきがよくない方なので、よく困らされます。そんな時、本田は起きて暖かい牛乳をゆっくり時間をかけて飲みます。そうすると、体がほっこりして心も落ち着き、眠れるんです∃..
FC2 トラックバックテーマ:「眠れない夜にすること」




眠れないことはほとんど無いんですが、どうしても眠れない時は開き直って、本を読むとか、ネットをするとかですね。
専業主婦なので、眠れなくても明日昼寝すればいいや、てなもんでヒジョーに気楽です。
お勤めの皆様ごめんなさい。
勤めていた頃、どうしても寝ないといけない!って時には、難しい本やつまらない本を読むと結構眠気がしてきて良かったように思います。
この「寝ないといけない」っていう気分が曲者で、こいつがなかなか寝させてくれないんで、やはり開き直るのが一番なんじゃないかな~、と思います。






子犬、飼いました



nennne.jpg


…な~んちゃってね♪
うっそでーす。

日曜日にゲーセンでGETしてきた「いねむりダックスくん」です。
「キディランドで見た本当に寝てるみたいに動くぬいぐるみだーっ!!」っと思って、かなり投資して、やっと取ったのですが、
家に帰って電池を入れてみると… 


「動きゃーしねーよっ!!」


がーん…バッタモンつかまされた~…。
結局この縫いぐるみはスイッチを押すと子犬のいびきが聴こえる…というだけのものだったのですが、このいびきがありえない~!!


グゴゴゴゴゴゴゴゴゴーーーーーッ…
…ガガガガガガッ!!


…おっさんかよ!!


なんだかな~、トホホホホ…。


第671回「大人になったなぁ...と思う時」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当加瀬です。本日は「大人になったなぁ...と思う時」です。気づかないうちに、少しずつ丸くなっていく自分に、昔の自分とを比べる事って、ありませんか?ふとした振る舞いや、言動に、今までとは違う自分を見出したりする事もあるかと思います。私は、最近、数が人数分もないケーキ...
FC2 トラックバックテーマ:「大人になったなぁ...と思う時」








そうですねえ~、普段自分のことを「大人だ」などとは思わないのですが、若い人の言動を「おぬし、まだまだ青いのぅ~」と思うことは多くなりました。
もともと若い頃からとんがったところがあまり無かったので、丸くなったな、ということは無いです。
映画を観たり、本を読んだりすると、やはり今の自分の年齢に近い人物に感情移入することが多いので、同じ映画を観ても若い頃とはまた違った感想を持ったりしますね。

あとアレですね、ウチは祖母が「いくつになっても孫は孫」といって、結構な年までお年玉をもらっていたので、お年玉を上げるばかりの立場になってからはお正月が来るたびに「あ~あ、大人になっちゃったなあ~」と思いますねー。




姫野カオルコ「空に住む飛行機」読了


「けろだくさん」でおなじみ、たまりかさんのおススメの姫野カオルコを読んでみるべ~、と図書館に行ってきました。たまさまのおススメの2冊は無かったので、とりあえずこの「空に住む飛行機」を借りてきました。

まず、各章のタイトルを読んでビックリ!
全部ミッシェル・ポルナレフの「愛の休日」の歌詞なんです。
この曲は多分私が今までの人生で一番繰り返し聴いたであろうと思われる曲で、歌詞も歌詞カードに穴が開くくらい読んだので、すっかり覚えてしまっているのです。
途中にやはりポルナレフの「囚われのプリンス」という曲の歌詞も出てきて、「うわ~この人ってポルナレフのファンなのかなー」と思ったあたりから、もうすっかり親近感が湧いてしまい、ちょっと贔屓目に読んでしまったかもしれません。

物語は病的なまでに自分を支配し続ける両親の元に育ち、29歳になるまで恋もしたことのない理加子が、両親の入院中に同僚の美枝とその恋人小林から、小林の友人江木を紹介されて……というもの。
恋愛小説というよりは、主人公が恋愛を通して自分が囚われていたものから自由になる戦いを決心するまでを描いた物語、という感じで、あまり恋愛に重きを置いているようには感じませんでした。
主人公の囚われている状況というのは非常にヘビーなものがあるのですが、「愛の休日」「囚われのプリンス」というの曲の持つ、哀愁、不安、浮遊感、みたいなものが行間に漂っていて、サラリと読めます。

主人公の気持ちに深く入り込みながら、客観的とも思えるつきはなした書き方をしたこの本は、地味ながら読むものに強い印象を残してくれる佳作だと思います。
後でネットで調べてみたら、なんとたまさまおススメの「ドールハウス」の改題前のタイトルがこの「空に住む飛行機」だったということで、それとは知らずにおススメを読んでいたのでした。
でも、「ドールハウス」より「空に住む飛行機」の方が断然いいタイトルだと思うんだけどなあ~。
ポルナレフのファンだからそう思うのかしら?


きりたんぽ鍋



先月奈良の叔母のところに行った時のことです。

叔母はウチのチビをとても可愛がってくれていて時々遊びに行くのですが、この時は親戚の子供も一緒で、デパートで待ち合わせてランチを食べたあと家に行く前に何かおやつを買って行こう、ということになりました。叔母が子供達に「買ってあげるから、何でも好きなものを持っておいで」と言い、子供達は欲しいものを探しに売り場に散っていきました。
それぞれ欲しいお菓子を持って来た中、ウチのチビが持ってきたのがこれです。




kiritannpo.jpg


お菓子と勘違いしてるのかと思って叔母が「これ、お菓子じゃないよ」と言うと、「わかってる。お鍋に入れるヤツ」と答えるチビ。
チビに甘い叔母は「この子はやっぱり、大物だ」と訳のわからないことをいいながら結局買ってくれました。

…というわけで、昨夜の我が家の夕食は「きりたんぽ鍋」だったのです。
実は私はきりたんぽ鍋を食べるのは初めてで、具とかもどうしていいのかわからないので、ネットで検索して作ったのですが、なかなか美味しかったです。(ダシは付いていました)
中でもたっぷり入れたマイタケがウマウマー!!で、主役のきりたんぽや鶏肉より美味しいと思いました。〆にうどんを入れた上からまたもやマイタケをどば~っと入れて食べて大満足でした。
たまには普段と違うお鍋に挑戦するのもいいですね♪


ああ~っ!!



ついに昨日はブログ更新できませんでした。
ダイエットと共に今年の目標が早くも総崩れな事態に…。
本当は9割書きかけた記事があったのですが、
オットがツタヤで借りてきた「20世紀少年」を見ているうちに
爆睡してしまったのです。

堤監督の名誉の為に言っておくと、「20世紀少年」だけではなく、最近はどんな映画を観ていても眠くなってしまうことが多いです。
更年期障害か、はたまた睡眠時無呼吸症候群か、どちらにしても通常レベルではない眠さです。オットは催眠術にかかったかのように一瞬にして眠りに落ちる私に恐怖すら感じるようです。

ま、それにしても面白い映画なら、ほっぺたつねってでも最後まで観終えるので、昨日の映画はやっぱりちょっと失敗だったかもしれませんね~。
番宣見た時には意外と面白いのかな、と思ったんですけど。






第670回「この冬は暖かい?寒い?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「この冬は暖かい?寒い?」です。立春も過ぎまして、暦の上ではこれから少しずつ春のはず!この冬、ほうじょうはかなり暖かかったように感じています。もちろんほうじょうが住んでいる地区が特別そうなのかもしれませんが前の冬に比べては槻..
FC2 トラックバックテーマ:「この冬は暖かい?寒い?」




今回のテーマはちょうど「どーなんだろう」と考えていたことです。
冷静に俯瞰して見ると暖かいのでしょうが、
徐々に寒くなって…というのではなく、
暖かかったり、寒かったり、バラバラなので、その落差が結構応えたりします。
オットが寒がりなので、朝起きてまずすることは、床暖房、エアコンのスイッチを入れる事、それだけでは足りないので小さな電気ストーブも使っています。
冬の間の光熱費はオソロシイことになっていますが、
仕方ありません。
以前はそんなに暑さ寒さは応えなかったのですが、やはり寄る年波というやつでしょうか。
早く春が来て欲しいな~、と願う日々です。




第669回「恋人にするなら、年上?年下?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です! 今日のテーマは、「恋人にするなら、年上?年下?」です。 みなさん、そろそろバレンタインデーですね。ドキドキしているのは、男性、女性、どちらもかも知れませんね。そういうわけで、今日は恋愛に関するテーマです。水谷は恋人にするなら、年上がいいですね。あんまり、自分から引・..
FC2 トラックバックテーマ:「恋人にするなら、年上?年下?」





やっぱり恋愛に年上も年下も関係ないんじゃないかと。
まあ、現実的な恋愛にはもうあんまり興味もないんですが。

ジェーン・バーキンが娘の同級生と恋に落ちる…というストーリーの「カンフー・マスター」という映画があるんですが、この映画を観た時に「人はどれくらい年の差があっても愛し合えるのだろうか…」と考えたとこがあります。ま、ちょっと考えただけですぐに忘れてしまったのですが、恋愛指数がかな~り低い私にそんな事を考えさせるフランス映画というのはオソロシイですね。


今日のお昼


なんだかリトルターンさんの記事みたいなタイトルになってしまいましたが、
「今日のお昼」はこれ↓を食べました。



waka.jpg

「Chanko Dining 若」監修のちゃんこうどん、地鶏だし味噌味。
「白味噌をベースにじっくりと地鶏を炊きだした“だし”と鰹・昆布を合わせた素朴でありながら味わい深いつゆ」(←販売元HPより)に白菜・大根・人参・鶏つくね・豚肉・油揚げの6種類の具が入っています。
フタのいかにもゴージャスな写真とは違って、中身の具はしょぼ~ん、としていますが、
味は結構いけます。
アルミの容器ごと火に掛けて、熱々で食べられるのも手軽でGOOD。
これでお値段が¥300ですので、まあまあなのではないでしょうか。
しかし、美味しい中にも何故かうさんくささを感じてしまうのは、「若」本人の写真のせいでしょうか。
なにやらフクザツな気持ちで食べたお昼ごはんでした。




仁義なき戦い



今日もヤツらはやってきた。

我が家に何の恨みがあるというのか。

玄関前で好き放題して去っていく。

そんなことがもう一ヶ月ほども続いている…。



くそう~!

許せーーーん!!

あの憎ったらしいめ!!


毎朝8時に子供を送りに玄関に出た時に、ポーチ横の手すりの下をチェックするのだが、
ここのところ必ずといっていいほど、鳩の糞がある。
多分手すりにとまって糞をするのであろう。
私はそれを見てため息を一つついて部屋に戻り、水を入れたジョウロと使い古しの歯ブラシを持って出る。
暖かい日などは少しの間放って置くと、程よく乾いてちょっと触っただけで「ポロッ」と取れることもあるのだが、冬の間は放っておくとこびりついて取れにくくなるため、放置は厳禁である。
水をチョロチョロと掛けながら歯ブラシでこすって洗い落とすのだが、これが意外に大変。
鳩の糞は本当に端っこの方にしてあるので、下手に水を掛けると、下の階に滴ってしまうのだ。
少しずつ、少しずつ、内側に流れるように汚れを落とし、溝に流してやっと朝のお勤めが終わる。
「ふううう~っ…」
なんだかめっきり疲れてしまって、洗濯も掃除も後回しにして、コーヒーを入れると
おもむろにPCの電源を入れ、お気に入りブログを訪問して回る。
ちょっとだけ気持ちが軽くなる。
ついでにちょっと鳩対策のHPなども覗いてみる。
やはりネットやテグスなどを張るしか確実な方法はないようだ。
しかし、ポーチは勝手に個人がいじることは出来ない。
せめて鳩が嫌いだというバラの鉢を、もう少し暖かくなったら置いてみようと思う。
それまで、この仁義無き戦い(しかも一方的にやられっぱなし)は続くのであろうか。
ああ…。



CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。