スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳家小三冶「ま・く・ら」読了

落語家、柳家小三冶の噺の枕(落語の本題に入る前のイントロ)ばかりを集めた本です。
いや~、良かったです。ホント、良かった。
小三治はもともと大好きな落語家で、大好きといっても随分昔、NHKなんかで寄席中継もよくやっていた頃に「この人いいなあ~」と思って見ていたくらいなんですが、この本を読んでいまさらですが、「本当にいいな~」と思いました。
とある古本屋さんで200円で買った本ですが、この本は定価の667円出してもぜんっぜん惜しくないです。
もっとちゃんと蔵書用に立派なハードカバーの本があれば、高くても買います。
Amazonで探したら無かったですけども。
こんないい本を古本屋に売る人の気が知れない、と思っていたら、Amazonの書評で「古本屋に売ったり、
人にあげたりするがまた読みたくなって買ってしまう」という人がいて、なるほどと思いました。
どの話もいいんですが、特に最後の「マイプレジャーのススメ」っていうのが良かったですね。
「サンキュー」っていわれたら「ユアウェルカム」って言ってたのが、最近では「マイプレジャー」というらしい、「ありがとう」っていわれて「いえ、私の楽しみですから」こういう気持ちが素晴らしい…と。
まあ、ここで私なんかがヘタクソにまとめると説教くさく聞こえるんですけど、全然そんなことないんです。
もうアハアハ笑いながら読んじゃう本です。
大笑いしたいとき、あったかい気持ちになりたいとき、肩の力を抜きたいとき、ぜひおススメの一冊です。


スポンサーサイト

歯医者さん

今日は歯医者さんに行ってきました。
前回、「この歯は抜くしかないけど、どーする?」状態で終わったので、一週間考えに考えたあげくようやく抜く決心をして予約日の本日行ってまいりました。
今回は「抜きます」って決意表明して終わるのか、そのまま抜歯されてしまうのかどちらかわからなかったので、一応覚悟だけは決めて行きました。
ともすれば塞ぎがちになる気持ちを引き立てようと、i-podで「Golden Eggs」のBGMを聞きながら、「We are GoldenEggs!」とか「ジャージャージャー、事件じゃー!!」とか口ずさみながら向かった訳ですが、いつのまにか曲が変わってフォーククルセイダースの「悲しくてやりきれない」が…。
いや~、ヘコみました。
どよ~ん、と暗い気持ちで診察台に上がると、前回とは違う先生が「○○先生は急患で今日来られないんで今日は前のところの様子だけ見ますね~」だと。
む~ん、良かったような、蛇の生殺しのような…。
とりあえず、助かった歯で週末は焼肉でも食べに行きたいです。

人生は遠浅の海

私には「人生は遠浅の海である」という持論があります。
まあ、自分の人生しか生きてないんで他の人には当てはまらないかもしれないんですけどね。
人間はまあ、テキトーに二十歳なら二十歳を頂点として、あとは体力、記憶力その他もろもろなモノが衰えていくわけです。
それがゆるゆる~、と同じ勾配で下降していくようなイメージでいたら大間違い。
遠浅の海を歩いて沖に向かっていくときのように、全然大丈夫じゃん、な気でいたら
突然ズボッと深みにはまってしまうわけです。
長い人生のうちには何度かこの「ズボッ」を経験いたしますので、厳密には遠浅の海とはちょっと違うのですが、この「ズボッ」加減が非常に似ているというか…。

で、わたくしこの度人生何度目かの「ズボッ」経験中なのでございます。

冬になると皮膚が乾いて、カユカユになる。
毛質が変わっていくら手入れしてもゴワゴワする。
老眼になった。

…そして、この度重度歯周病により抜歯しなければならないことになりました。

もうね、なんていうか、遠浅の海もそうだけど、あれですよ。
あの~、家電製品がね、一つダメになると、どんどん他にも壊れていくという、あの現象にも似ていますね。
もうすぐ、オットの会社からメタボ検診の赤紙が届くらしいのですが、どうなるのでしょうか。
健康診断にはもう丸二年も行っていません。
コワイな~、コワイ。

伊坂幸太郎「魔王」読了

今までの伊坂作品とは違ったメッセージ色の強い作品。どういう評価を受けているのか気になってネットなどで書評を見ると、やはり意見が分かれているようです。
私は本作品は今ひとつ、と思いました。
伊坂作品に共通する、ある種の「軽さ」、透明感、などはあるにはあるが、他の作品のように「圧倒的」には感じられません。
「ゴールデンスランバー」はまだ読んでいませんが、期待したいです。

 ☆伊坂さんといえば、「アヒルと鴨のコインロッカー」の映画がとても良いらしいですね。
あの内容をどう映像化するのかとても興味があるので、近いうちに観てみたいです。

キムタク 「CHANGE」

今クールのドラマもそろそろ終わりですが、私が唯一ほとんど観ていたがキムタクのCHANGEです。
いや~、ひどいですね、毎回。
最初のうちはネットでも評判になってるみたいに、「スミス都へ行く」に似てるなあ~、と思いながら観ていましたが、いやいやいや…全然違うって!!
キャプラに「すまんかった!」と言いたいくらいです。

ちょっとコメディタッチにしているにしても、政治を扱ってるにしては甘すぎなストーリー。
海千山千の政治家達がすぐに「私の若い頃を思いだすよ」とか言っちゃって簡単にキムタクの味方になってしまうのって、どうよ!?
キムタク演じる主人公にそれほど周りを動かすほどの熱意や魅力が感じられないのが致命傷。総理が寝ないで頑張ってる、とかそんなことで周りが変わるのかな~。

まあ、せっかくここまで頑張って観てきたので(いや、頑張ってないけど)最後どう落とし前をつけるのかちゃんと見守りたいと思っていますが。
まさか「スミス~」のラストと同じじゃないよね…。

「豚キムチにジンクスはあるのか」 絲山 秋子 読了

絲山 秋子のエッセイは初めて読みましたが、小説ほど好きじゃなかったです。
小説のほうがものすごく好きなんで、「小説ほどじゃない」っていうのは比較するとそれほどでもない、ってことで、良くないって意味ではないんですが。
まあ、このエッセイはhanakoに連載されていた、筆者が料理にトライしながらそのことを書くというものなので、ちょっと特殊なのかもしれません。

天気晴朗なれど風強し

最近落語関係のものを見たり読んだりすることが多いです。
天六の「住まいの今昔館」に落語を観に行き、その途中で寄った天五古書店で子供用にCD付き落語絵本を購入。また別の日に天牛書店にて小三冶のエッセイを購入。
図書館では気になっていた「しゃべれども、しゃべれども」を借り、
週末にはオットが録画していた志の輔の「歓喜の歌」を観ました。
マイブーム落語!!…というわけでは無くて、なんとなくたまたまなんですが。
志の輔、良かったです。
チケットがなかなか取れないらしいですが、関西に来たら観に行きたいなあ~♪
その前に浴衣を仕立てて、天満宮の繁盛亭デビューだ!


ウィークエンドおうちシアター「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」

TSYTAYAで「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」を借りてきました。
久々のニコラス・ケイジでしたが、あ~、やっぱりなんかオーラが無くなってきてる気が…。
もともとハゲだし、顔長いし、二枚目ってわけじゃないから、オーラなくなるとツライ。
こんなこと言ってますが、ニコちゃん決して嫌いなわけじゃないワタクシといたしましては
「もっとピッとせい!ピッと!!」とカツの一つもいれたくなるのです。
映画自体はまあ、細かいこと言わなきゃ十分楽しめました。
お母さん役のヘレン・ミレンとか、敵役のエド・ハリスなんかごっつ良かったです。
ストーリーとか全体に前作とあまり変わらないところも、見かたによっちゃ「安心感がある」とすら言えるのかもしれない。
しかし~、やはり~、あまりに無理無理な設定が多すぎやしませんでしたか?
ま、そういう小さいところが気にならないくらい主役にオーラがあれば、ってことでいっちゃん最初に戻ってしまうわけなんですが…。

岩手・宮城内陸地震

お隣の国が大変だ、などと言っているうちにわが国でもまた大きな地震が起きてしまいました。
私も阪神大震災にあっていながら、なかなか地震に対する備えが出来ない一人です。
地震もそうですが、巷で騒がれているパンデミックも気になるところ。
一週間くらいはなんとか生活できるくらいの備蓄はしておかないといけないですね…。

失敗した~!!

歯医者に行ったついでに本屋さんに寄って、新刊チェック。
「おおっ、大好きなジェフリー・ディーバーの短編集が出てる!!」
即買いでワクワクしながら一篇読んだらな~んか違う。
「おかしいな~」と思いながら、解説を読んでやっと気がつきました…。

ジェフリー・ディーバーや無くて、ジェフリー・アーチャーやんか~!!

…まあ、アーチャーも読まないことはないんでいいんですけど…。

やっぱりちゃんとした老眼鏡買おうかなー。

ブログ始めます!

fuusen.jpg
ブログ始めたいなあ~、と思いつつ生まれついての不精モノゆえ、なかなか重い腰が上がりませんでしたが、この度いよいよ始めてみることにしました。

つれづれなるままに趣味の読書、映画、その他日々の雑感について書いていきたいと思います。

読んでくださる方がいらっしゃるかどうかわかりませんが、とりあえずヨロシク!!
CalendArchive
プロフィール

ママチャライダー

Author:ママチャライダー
映画と読書をこよなく愛する一児の母です。
日々思うことをダラダラと書き綴っていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。